ダブルス

ダブルスの試合、ペアとの話し合いは「事実確認、背景予測、対応提案」の順で考えると試合に勝てる!

何だか難しそうなタイトル・・・と思った方、すみません。

私の書き方が堅過ぎてそう感じられたかも知れませんが、実際にやることはシンプル。

ダブルスの試合では、ポイント間にペアで話し合いが出来るので、ここをしっかり有効活用していきましょうというお話。

きっと、ポイントさえおさえれば10秒以内で試合に勝てる、勝利を呼び込めるコミュニケーションが確立出来るはずです!

 

ダブルスの試合、ペアとの話し合いは「事実確認、背景予測、対応提案」の順で考えると試合に勝てる!

 


 

■シンプルに、順番に考えていきましょう

 

1.まずは「事実確認」

相手の情報を、ペアでしっかり共有する。

「デュースサイドの選手は左利き」

「アドサイドの選手はバックハンドは全部スライス」

「ネットプレーは、ほとんど仕掛けてこない」

「セカンドサーブは、自分たちから攻撃出来そう」

という情報を、お互いでしっかり確認しておきましょう。

あくまで、強そう、弱そうではなくて「客観的な事実」を確認しておくことが大事です。

 

2.「背景予測」をしてみよう

1.で得た情報を元に、仮説を立ててみる。

「バックハンドがスライスだけ、ということはきっと苦手意識が強い」

「このペアは、デュースサイドの選手がリーダーシップを取ってそう」

という感じで、相手ペアの背景について考えてみる。

あくまで予測なので、多少の勘違いは全然OK。

まずはしっかり、得た事実を整理して過去の自分の経験等にあてはめてみて、予測してみましょう。

 

3.「対応提案」はお互いで

2.までの予測が立てられたら、あとは対応策を考える。

自分たちのペアの出来ることから、有効な手段を考えてみて提案してみましょう。

苦手なところを攻撃していくことはもちろん、作戦は相手にばれても良いので思い切ってやること。

ここに迷いがある、ペアで温度感が違うと試合の流れを引き寄せられない。

しっかり決断して、あとは行動あるのみ、です!

 

作戦勝ちが出来るダブルスペアは、しっかりポイント間でこういう話し合いが出来ている。

何も、1ポイントの間で全部話そうとしなくてOK。

チェンジコートの時間もありますしね。

少しずつ小出し小出しで、まずは相談していきましょう。

こういうのも、一つの慣れです。

しっかり意識して、ダブルスペアで話し合う習慣を付けていきましょう!

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. ダブルス

    サーバーを褒める、だけでもダブルスの結果は変わる

    ダブルスの試合で、みなさんが感じていること。その一つは、「サ…

  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスにおいて前衛は、「攻撃の優先権がある」ことをまず認識しましょう

    ダブルスにも、色々な作戦があります。雁行陣に並行陣、後ろで2人…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    試合前に自分のダブルスペアと、どんな会話してる?

    皆さん、実際の試合前、どうでしょう?初めて組むペア、というより…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    「テニスのダブルスの試合で、雁行陣から並行陣に移行する」ときに有効なクロスのアプローチショットのポイ…

    テニスのダブルスの試合、初中級から中級レベルになると、一般の大人の方は…

  5. ダブルス

    サービスゲームをキープに導く、前衛の基本ステップ

    ダブルスの前衛、みなさんの動きはどうか。ちょっとしたステップで…

  6. ダブルス

    ミックスダブルスで、「また組みたい!」と女性に感じてもらうコツ7つ

    ミックスダブルス、で女性ペアを探している男性のみなさんへ。私が…

特集記事

  1. ボレー

    「コンパクトボレー」テニスの試合で必要な連動性について
  2. テニス 名著

    メンタル

    試合でパニックにならない為にも、「自分にとって分かりやすい数値」で作戦を覚えてお…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    V字型の動きが出来れば、ネットプレーは劇的に上手くなる
  4. テニス 練習

    その他

    出来るようになるを待つのではなく、出来ない技術こそ試合の表舞台に立たせてみること…
  5. テニス ポジショニング

    ダブルス

    試合で勝てるダブルス選手の、サーブ&ボレーの考え方5つ
PAGE TOP