ダブルス

テニスのダブルスの試合で「リターンダッシュが得意」な相手への有効な対策5つ

ダブルスの試合でサーブ&ボレーをしていると、リターンの上手い相手にチャージされて押されてしまうケース、ありませんか?

一般のプレイヤーはもちろん、学生のプレイヤーの方もボレーが得意であればリターンからも前に前に入ってきます。

そこで今回は、リターンダッシュでネットに出てくる相手に対して有効な対策をご紹介します!

 

テニスのダブルスの試合で「リターンダッシュが得意」な相手への有効な対策5つ

 


 

1.ファーストサーブを高確率で入れて精神的優位を渡さない

サーブの調子次第ですが、あえてスピードを落としてでも、ファーストサーブを入れた方が良いです。

ファーストサーブが入っているだけで、相手リターンにはかなりプレッシャーに感じるはずです。

逆にセカンドサーブになると、きっとリターンのポジションも上げてタイミングを早めてきます。

とにかく確率を重視して、ファーストサーブを調整していきましょう。

 

2.センターへのサーブは絶対に必要!

スライスでも良い、スピードが速くなくても良い。

とにかくサーバーからの最短距離である、センターのサーブは絶対に必要です。

テニスの試合では、相手に「意識付け」をすることが大切。

センターを意識するだけで、相手のポジションを少し下げることができ、ワイドへのサーブにも振り遅れてくれるかも知れません。

 

3.ボディへの深いサーブも練習しておくとベスト

ボディへのサーブは、リターンダッシュ対策にはとても有効です。

深さもあると、なかなか沈めるリターンは難しいので、ボールが浮いてきやすくなります。

また精神的にも負荷をかけることができるので、必ずコントロールできるように練習しておきましょう。

フォアの回り込みを防ぐ為に、少しバック寄りを狙うとさらに有効です。

 

4.緩いサーブも混ぜてみることで、リターンのタイミングをずらす

野球で言うチェンジアップ、つまり少し遅いボールで相手のリターンのタイミングをずらすことも重要です。

リターンはリズムが非常に大切。

そのリズムを崩すのには、遅いボールを混ぜていくことが有効です。

上手くいけば前につんのめるような形で、相手のリターンミスを誘うことができるはず。

速度は意図的にコントロールできるように、普段のサーブ練習から意識しましょう。

 

5.パートナーの前衛は、リターナーのグリップとポジションをよくチェックすること

サーバーのパートナーである前衛は、リターン側の選手の確認係りです。

情報をしっかり集めて、サーバー側に提供してコースや球種を決めていきましょう。

グリップやポジションで、ある程度の狙いは初中級者でも分かるはずです。

「分からない」という人は、まず考えてみて下さい。

リターンの上手い選手ほどそれをばれないように行ってきますが、そこは駆け引きの勝負。

とにかくサーバーの選手を孤独にしないように、ポイント間でコミュニケーションを図りましょう。

 

リターンダッシュからの展開は、一般の社会人のダブルスの試合になると本当に多くなります。

学生の皆さんもしっかり対策を取っておかないと、雁行陣慣れしてしまっていては太刀打ちできません。

そしてビッグリターナーにこそ、この戦術が必要なときも必ずきます。

攻撃されているときこそ、反撃の手を常に持ちたいところ。

相手の武器には、自分も武器を持って対抗できるようにしましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. その練習を、疑おう
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    相手の前衛が消極的なら、雁行陣からでもどんどんセンター狙いでいこう!

    ダブルスの試合、実際は結構雁行陣での戦い、が多いですよね。学生…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「そんなに強そうに見えないのに、負けないダブルスペア」に共通する隠れた秘密4つ

    ダブルスペアは、実力が図り辛い。パッと見でそんなに強く無さそう…

  3. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスの前衛、「常に自分の1メートル前」には宝の山がある

    ダブルスの試合、前衛にいるときに何を考えて待つか。私はいつも、…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスを強くなりたければ、必ず「上」に強くなる必要がある

    今回は、かなり厳しいお話を少し。どうも皆さん、ちょっと勘違いし…

  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスにおいて前衛は、「攻撃の優先権がある」ことをまず認識しましょう

    ダブルスにも、色々な作戦があります。雁行陣に並行陣、後ろで2人…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ロブ

    ミックスダブルスの試合に勝てるペアの、ロブの使い方はココが違う!
  2. ストローク

    試合で相手に打ち損じさせる、ために必要な6つのストローク術
  3. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手の得意コースを見抜く方法」を教えます
  4. ロブ

    ロブを追いかける瞬間に、人は本性を現す
  5. テニス 準備

    その他

    アナタと一緒にテニスをプレーした人は、「外でアナタの宣伝マン」になってくれる
PAGE TOP