ダブルス

自信満々、な相手の方がポーチが効く

ダブルスの試合で、何だか相手が自信満々。

ストローク、リターンも凄いし、どうしよう・・・と感じた時。

安心して下さい。

こういう相手の方が、実はポーチやチェンジプレー、のような作戦が効きやすい。

そして、自信のあるショットを押さえ込めば、楽に勝てる相手なはずです。

 

自信満々、な相手の方がポーチが効く

 


 

1.自信が無い相手、の方が色々やって来る

テニスの試合、相手の「自信」を探りましょう。

何だか自信が無い、不安そうな相手、それから逆に自信満々な相手。

みなさんは、どっちがやりやすいですか?

私は意外と、自信満々の選手相手の方が、やりやすいです。

なぜなら、ショットが単調で淡泊なプレーが期待出来るから。

自信が無い選手の方が、最初から色々工夫する、ロブも使うし粘りもある、ような手段を用意してそうじゃないですか。

実際、色々やって来ると思うんですよね。

自信が無い選手、用心深そうな選手の方が、試合はやり辛いです。

 

2.早めに動いて、クロスショットを消そう

自信のある選手って、ストロークやリターンが大好き。

クロスに打つ、強打してプレッシャーをかけてくる感じ、が多いでしょう。

ですので、早めにポーチに出て、触っておく。

ボール速いかもしれないですが、ネット近くで触ればテニスは当たり損ないでも相手コートに入る可能性が高い。

後ろでプレーしている方が、しんどいですよ。

自信満々な相手は、こっちが引かないで強気に出ると「お、何だコイツら・・・」とムキになってくれますしね。

ダブルスなら前衛の腕の見せ所です。

 

3.自分のショットを打ちたがり、なだけです

こういう相手って、ただ単に自分のショットを打ちたいだけ。

サーブ、リターン、ストローク・・・自分の打ちたいショットを打つ、それがテニスだと思っている。

あまり勝ち執着していない感じ、ありますよね。

遠慮なく、こちらは勝ちにいきましょう。

そのためには、まずは相手の自信のあるショットを潰すこと。

それも、試合の序盤に。

ショット自体には威力があるので、中途半端に動くとやられますからね。

あくまで作戦を揃えて、2人で対応していきましょう。

 



 

4.強力なリターン、クロスへのストロークをポーチするには?

とにかく、早めにポジションを変えること。

相手がテイクバックしたら、もうセンターストラップ近くまで動く、ことですね。

それをかわしてくるような相手、ではないはず。

前衛はストレーㇳを後衛に任せて、クロスのパワーショットを全力で潰しましょう。

ブロックボレーで、相手の力を利用することで楽に返せるはず。

返すだけで、こういう相手は「何だよ!邪魔だな!」と嫌がってくれますから。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

5.お勧めの練習法

例えば試合形式で、ミックスダブルスを行う。

その時に、男性のサーブ、男性のリターンのポイントで、女性の前衛が動く練習をしましょう。

男性のクロスのボールに飛び込んでいくのは、結構勇気要りますよね。

これに慣れておくと、女子ダブルスの試合はすごく楽に感じます。

練習メンバーに男性がいない方は、男性コーチのボールをポーチするのも良い練習になる。

とにかく、「強いリターン、ストロークをしっかり前に出てポーチで潰す」という形でいきましょう。

目と身体が慣れてくれば、きっと試合で自然に決まるようになりますよ。

 

相手のストロングポイントを潰す。

これは、前衛の仕事です。

後衛があえて、相手に攻めさせて前衛が潰す、なんてのも良い作戦。

自信満々な相手が崩れていく、ことに快感を覚えてこそテニス選手。

ぜひ、試合の中で意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    4人全員がネットについた4アップの状態では、「シンプルにセンター狙い」を徹底していこう

    人は、慣れていない視界が広がると慌ててしまう。ダブルス慣れして…

  2. ダブルス

    サービスゲームをキープに導く、前衛の基本ステップ

    ダブルスの前衛、みなさんの動きはどうか。ちょっとしたステップで…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    Iフォーメーションが難しいと感じるなら、「ただポジションを戻すだけ」でも、充分効果はある!

    ダブルスのフォーメーションプレー、やってみたいけど難しい・・・と感じて…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルス脳を持っているテニス選手は、「何事にも自分が全て影響している」ことを理解している

    「ダブルスが上手い」と呼ばれる選手は、他の選手と何が違うのか。…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手のリターンを崩していくには?

    ダブルスの試合、前衛の仕事って・・・何でしょう?ボレーでポイン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 攻撃

    フットワーク

    ライジングショットで攻撃してくる相手には、「速いタイミングのスプリットステップ」…
  2. テニス サーブ

    シングルス

    「シングルスでのサーブ&ボレー」は、戦略的に使えば試合を優位に進められる…
  3. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドリターン、ラケット面は上向きで打ち終わろう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「スライスの山なりなボール」は、意外とストロークの返球で苦戦する
  5. テニス 練習

    戦術

    相手のミスがこのまま続く、とは思わないこと
PAGE TOP