リターン

相手がクイックサーブで、リターンに苦労するときには?

相手がクイックサーブで、リターンがやり辛い。

これ、結構多いと思います。

試合では、トスが低くて短いクイックサーブを使う方、ベテランプレイヤーでも多いですからね。

いつも通りのリターンでは、難しいでしょう。

どこを変えるのか、を明確にしておきましょう!

 

相手がクイックサーブで、リターンに苦労するときには?

 


 

1.クイックサーブの特徴は?

私が考えるクイックサーブって、ライジングショットみたいなもの。

トスアップが頂点にいく前に、打って来る感じですね。

トスは低く、タイミングが早い。

サーブ自体の速度はそこまで無いけど、体感速度が速いはず。

自分がイメージしているよりも、気が付いたら近くまで来て慌ててしまう。

これは、こちらのリターンのタイミングを変えてあげることで解消できます!

 

2.スプリットステップを低く、小さく

実は、これだけでかなり効果があります。

リターンする前に、みなさんもスプリットステップ、軽くジャンプ、着地してから反応しているはず。

このジャンプを、相手のクイックサーブに合わせて小さく、早くする。

トスが低いので、こちらのジャンプも低くする感じですね。

相手が打つタイミングと着地を合わせる、いつものサーブよりも低く、早く着地する。

これだけで、かなりリターンはしやすいはずですよ。

 

3.本当に速いクイックサーブなら、ジャンプしなくても良い

最初から前に入って、軽くかかとを上げるだけ。

これでも良いでしょう。

クイックサーブは、そんなに厳しいコーナーへのサーブではないはず。

ジャンプして遅れるくらいなら、ジャンプしないでかかとを上げて膝を曲げるくらいでも良い。

とにかく、まずは反応しないと話にならないですからね。

徐々に、慣れてきたら後ろから前、ステップ、という感じで合わせていきましょう。

 



 

4.試合の序盤は、ミスを気にしない

特徴のあるサーブは、やはりリターン難しいです。

試合の序盤は、多少のミスは仕方ないと割り切りましょう。

全部返そうと思うと、プレッシャーになるし自分が辛くなっていくだけ。

中盤に良いタイミングで返せるようになれば、充分です。

対応策さえしっかり出来ていれば、大丈夫。

無策だと危険、ということですね。

 

5.お勧めの練習法

クイックサーブ、を打ってもらうのが一番ですね。

これも、サーブ側の良い練習です。

コツとしては、サーブを打つ前、トスアップをしながらもうラケットを担いでしまう、ということ。

そしてトスを上げる頃には、もうラケット自体が上に上がり切っている状態、から打ってみましょう。

こういうサーブ、を打つ良い機会にもなるはずです。

それを、通常のサーブよりも前から打ってもらう。

よく、スクールでコーチがサーブの球出し、をする機会ありますよね。

これがそのまま、クイックサーブのようなもの。

ぜひ、みなさん同士でも打って、リターンして、という機会を作ってみて下さい。

もちろん、リターンのポジションは基本は前、です!

 

クイックサーブもテニスの立派な技術。

打てると便利ですし、返せないと試合には勝てない。

たまにしか見ないサーブですが、心の準備だけはしておきましょう。

対戦相手やサーブ、は自分で選べませんからね。

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ロブ

    リターン

    「セカンドになったら、攻めよう」と考える人が9割

    相手のサービスゲームで、何を考えるのか。私はいつも、「あっと驚…

  2. リターン

    相手のファーストサーブは、1種類じゃない

    強い相手ほど、変えて来ます。誰だって、ダブルフォルトは怖いで…

  3. リターン

    「レシーブ上手になりたいね」テニスの試合で最初に返球する技術の重要性

    サーブレシーブからテニスはスタートする。最初のこの部分で勝負が…

  4. リターン

    ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!

    レベルが高い試合になってくると、試合を決めるのは1回ぶブレイク。…

  5. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合でのリターン位置は、「ファーストとセカンドではっきり変える」のが大前提の基本

    今回は、「当たり前じゃないか・・・」と言われるような、基本的なことにつ…

  6. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」の2パターンで対抗し…

    シングルスの試合ではあまり見なくても、ダブルスの試合ではたくさん見る。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 感覚

    戦術

    今いるテニスのカテゴリーから、抜けることが出来ない方へ
  2. ダブルス

    「ダブルスの試合で相手前衛にポーチされまくり・・・」アナタのテニスを助ける技術と…
  3. ストローク

    深いボールは、「しっかり打ってからジャッジ」が基本です
  4. テニス 居場所

    メンタル

    「褒められても、その気になるな」テニスの試合で本当に必要な実力について考える
  5. テニス メンタル

    メンタル

    ショットが入るかどうか、は重要な要素じゃない
PAGE TOP