テニス ポーチ

スマッシュ

スマッシュを打つときに、「後ろに下がるのを、とにかく速くしたい」人は、クロスステップの習得を!

テニスにおいて、難しいフットワークと言えば?

ほとんどの人が、「後ろに下がる」フットワークと答えるんじゃないでしょうか。

スマッシュが上手い人、縦の守備範囲が広い人は、とにかく後ろに下がるのが速くて上手い。

スマッシュの技量は技術やパワーももちろんありますが、一番大事なのはその守備範囲。

強いダブルスペアは、ほとんどロブを下に落としません。

そんなネットプレー、まずはフットワークの改善から目指してみませんか?

 

スマッシュを打つときに、「後ろに下がるのを、とにかく速くしたい」人は、クロスステップの習得を!

 


 

1.サイドステップに慣れて、クロスステップが出来ない!?

クロスステップとは、文字通り足がクロスする、交わるようにして動くフットワーク。

スマッシュで下がるときには、前足、つまりは横を向いたときに相手コートの側にある足が、後ろ足を追い越していくのがクロスステップ。

これが出来る人、実際に本当に少ないのが現状です。

横を向いてから、サイドステップのようになってしまっている方が多く、これだと初速で小刻みなステップになってロブのスピードに付いていけません。

 

2.前足から「大胆に後ろへ動かす」という意識で

「ロブだ!スマッシュだ!」と思ったら、まず最初は大きな歩幅でしっかり前足を後ろへ。

そしてその足で身体を持ってくるように、コートをしっかり足で掴むような感覚が大事です。

次は反対の足を、これまた大きく後ろ方向へ。

この2歩の動きの精度で、ほぼスマッシュの精度が決まると思っても良いでしょう。

しっかり2~3メートルは、この2歩の動きで稼ぎたい。

ボールから目線を切ってしまうのも、有りです。

そこからは細かい調整のステップも大事ですが、まずは最初の動きを大きく、大胆にを意識してみて下さい。

 

3.腰が高い、スタンスが狭いとクロスステップは難しい

大きな歩幅にするには、ある程度重心を低くしなければ、当然難しいですよね。

相手がロブを上げてきそうな雰囲気になったら、しっかり重心を落として構えるようにしてみて下さい。

この準備だけで、左右だけでなく前後の動きも守備範囲を広げることが出来ます。

膝が柔らかく使えることが、こういったクロスステップを行う上での最低条件になります。

 

上手い選手のスマッシュ、ぜひ足元を見てみましょう。

足元に注目すれば、きっとその強さの秘密が見えてくる。

強い選手は、とにかく後ろに強い。

だからこそこのクロスステップ、学生の皆さんにも身に付けて欲しい。

上が強くなると、本当にテニスは楽しいし迫力が出てきます。

さぁ、まずは練習です!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス 客観視

    スマッシュ

    なぜ私は深い位置からのスマッシュ、にこだわり続けるのか?の理由について

    基本的に、安定志向で粘り重視。こういう視点で、このサイトをご覧…

  3. テニス ボレー
  4. テニス 楽天

    スマッシュ

    スマッシュは2回で1セット、くらいのつもりで楽に打とう

    スマッシュは、結果的にポイントを獲れるかどうか。速さや威力、も…

  5. テニス 客観視

    スマッシュ

    「チャンスと思っても難しい!」テニスでネット際でのグランドスマッシュを打ち切る技術

    テニスにおける最大のチャンス・・・。色々ありますが、高いバウン…

  6. スマッシュ

    試合で使える「回り込みスマッシュ」を成功させるコツ4つ

    ロブが上がって、スマッシュか、バックボレーか・・・。これ、大き…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で対戦相手の特徴を掴むなら、「最初の対応の癖」をしっかり把握して覚え…
  2. リターン

    リターンの時のグリップチェンジは有り?無し?
  3. その他

    「気を付けろ!スポーツドリンク!」試合に出るテニス選手に必要な意識改革
  4. テニス メンタル

    ストローク

    ボレーヤーの足下に沈めるストローク、ラケットを低い位置でフィニッシュ!
  5. テニス ダブルス

    その他

    「試合から経験して、必要性を感じる」から上達が早くなる
PAGE TOP