テニス ボレー

ダブルス

Iフォーメーションが難しいと感じるなら、「ただポジションを戻すだけ」でも、充分効果はある!

ダブルスのフォーメーションプレー、やってみたいけど難しい・・・と感じている方。

特に前衛が難しい、のがIフォーメーションですよね。

この難しさを解消する発想は無いか、私もずっと考えてきました。

そして出た結論が、コレです。

 

Iフォーメーションが難しいと感じるなら、「ただポジションを戻すだけ」でも、充分効果はある!

 


 

■フォーメーションプレーの前衛は、確かに難しい

フォーメーションプレーの前衛の難しさ、はどこにあるのでしょうか。

私が考えるに、それは応用力。

例えばサーバーはセンターに打って、前衛は右に動く、と決めていたとします。

でも実際にはセンターに入るかどうかも微妙だし、相手が回り込んでくるかも知れない。

その時に、当然決められた通りに動くんですが、少しの応用力、は現場で求められるのが前衛。

これが上手くいかないと、なかなかポイントが獲れない。

獲れないと、止めようか・・・という話になってしまうんですよね。

 

■難しいなら・・・しゃがんだ状態から、いつものポジションに戻ろう!

だったらこういう考えはどうでしょうか。

Iフォーメーションのように、サーバーからリターンに結んだ一直線の中に前衛がいて、しゃがんだ状態でサーブを待つ。

サーブが打たれたと同時に・・・何をするかと言えば、元々のいつものポジションに「戻る」だけ。

そう、いつもの場所に戻るだけですので、飛んできたボールにも落ち着いて対処できるはず。

目の前の風景も変わらないですしね。

でも、それって結局効果あるの・・・?と思いますよね。

 

■効果は、抜群にあります

結論、効果は抜群。

相手は戻っただけでも、「前衛が動いている、フォーメーションをやってくる」だけで、本当に嫌なもの。

ミスを誘う、ダブルスの試合慣れしていないペアはひとたまりもないでしょう。

アナタ自身は、何をやっている訳でも無く、ただ普通に出だしの恰好を変えているだけ。

これだけで、大事なポイントを獲れる可能性もある。

流れを変えたいとき、手詰まりになったときに、ぜひ試してみて下さい。

 

これをやるうえで、一番の障害は何か。

それは、「アイツら、何かやってるよ・・・」という目線に耐える勇気、です。

大して上手く無いのにフォーメーション、なんて・・・という風潮が、残念ですがテニス界にはあります。

気にしないで、やってみましょう。

少なくとも、そんな陰口をたたいている相手は、大したことありませんから。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    失点した時こそ、ペアでコミュニケーションを

    ダブルスの試合で、真価が問われる場面。それは、失点した後のコミ…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで相手を騙す、長い打ち合わせの後に正攻法作戦

    ダブルスの試合、相手がちょっと長い打ち合わせをしている・・・。…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    「ひたすらストロークで粘るダブルス」に負けない為に、前衛がトライしたい作戦とは?

    ダブルスの雁行陣で、ひたすらストロークをつないで粘るペア、戦った経験が…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣とは、つまりロブを引き出す陣形です

    ダブルスの試合、並行陣で挑んでいるけど「どうやってポイントを取るのか、…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの並行陣でのファーストボレー、「出来る範囲でセンター寄り」で後衛に触らせましょう

    ダブルスの並行陣の戦術を実行していくときに、何となくで最初のファースト…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ポイント間の数秒で意志を確認し、決断し、伝える

    ダブルスの試合、皆さんはしっかりペアとコミュニケーション取れていますか…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    どうしても、「ボレーの独特の癖が抜けない」と感じている人に、試して欲しい7つのこ…
  2. テニス 人脈

    メンタル

    試合で緊張する場面で、「いつも通りのプレーに戻す」具体的な方法5つ
  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本「前方向にスプリットステップ」で、必ず攻撃的なリターンが可能にな…
  4. テニス ストローク

    戦術

    カウンターパンチャーの選手に対しては、「あえて自分からは攻撃していかない」という…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「ビビッて置きに行くストローク」は、試合中に変えないと後悔だけが残る
PAGE TOP