テニス 攻撃

ダブルス

浅いストロークこそ、実はポーチのチャンス

ダブルスの試合で、雁行陣同士の戦い。

後衛がストロークで打ち合っている中で、相手のボールが浅い!と感じたら。

普通は、ストレートを警戒して前衛は守りを固めますよね。

浅いボール=相手のチャンス・・・本当に、そうですか?

 

浅いストロークこそ、実はポーチのチャンス

1.浅いボールは、相手のチャンス?

確かに、普通はそうです。

テニスは、ネットに近い位置から打てる方が、強打出来るし決まりやすい。

相手コートまで距離が短いですから、相手は構えて守備を意識します。

でも・・・私はここで、あえて前衛として動きたい。

クロスへのボールを予測して、思い切って動く。

これが、ダブルスの試合なら有効だと思うんです。

 

2.そのままストレートに打たせて、良いの?

もし守備を固めても、どうでしょう。

ストロークが得意な相手なら、守ると言ってもかなり厳しいと思うんですよね。

浅いボールにピンチ、になって守る、のは当たり前。

だから相手も慣れているし、強い相手なら粘ることも難しい。

だったら、攻めましょうよ。

もし仮にストレートを守るにしても、ネットに詰めて逆襲を狙う。

ケアじゃなくて、こっちもポーチ。

この意識、が試合では大事です。

 

3.浅いボールは、相手が良く見える

なぜこの作戦が出来るかと言えば、相手が良く見えるから。

浅いボールはネットに近いですから、相手のストロークのラケット面がすごく良く見える。

だから、前衛としては動きやすいんです。

もちろん、速いボールは怖いですよ。

でも、例えば打点が低かったりすれば、その軌道は上方向。

打ち込まれる、という感じではないでしょうから、大丈夫。

近い方が反応しやすい、と思っておくと試合でも楽です。

 



 

4.一番まずいのは・・・?

2人で、ズルズルと引いてしまうこと。

相手のチャンスに、ポジションを下げてしまうことなんです。

一見これは守備で有効そうに見えますが、守れる範囲は狭くなる。

ただ、怖いだけなんです、相手のボールが。

相手はすごく、打ちやすいですよ。

浅いボールで相手がストローク、くらいだったら思い切って前に入るのもあり。

スマッシュなら、さすがに危ないので下がりますけどね。

相手が嫌な作戦、戦術、意識して実践していきましょう!

 

守備は下がる、という意識は危ない。

それって、自分が逃げたいだけですから。

本当にポイントを取りたい、諦めないなら、実はポーチに出る作戦もダブルスでは有り。

こういう形でポイントが取れると、ペアとしても乗っていけますからね。

ぜひ、意識して準備してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手のリターンを崩していくには?

    ダブルスの試合、前衛の仕事って・・・何でしょう?ボレーでポイン…

  2. ダブルス

    ダブルスの前衛、ポジションはもっと〇〇で!

    ダブルスの前衛、でしっかりと決める仕事をしたい。私も、これは…

  3. ダブルス

    ダブルスで相手を驚かす、サーブ&逆陣形戦術

    ダブルスの試合、どうしても手が無いような時。試合で勝ちたい、だ…

  4. ダブルス

    ダブルスの前衛で「ポーチをしっかり決めきる!」為の、大前提となる4つの基本意識

    ダブルスの前衛にいて、ポーチでサーバーを助けたいけど自信が無い・・・。…

  5. ダブルス

    強い並行陣は、後衛のポジショニングに秘密有り!

    並行陣で、手堅くプレーしていく。安定感のあるダブルスは、ミスが…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでの法則、「男性サーブ、女性リターンのときは7割がロブ」という頭で対応しよう

    ミックスダブルスの試合は、男子・女子のダブルスとは異なる。大き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ポーチ

    フットワーク

    テニスにおいてダブルスが上手い前衛の選手は、「ポーチの後の動き」を観ればすぐに分…
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    片脚が少しだけ浮いている状態、の方がボレーは打ちやすい
  3. サーブ

    サービスゲームの40-30でポーチに出ておく、ことがその先にもつながっていく
  4. リターン

    リターンに最適な、テイクバックの高さについて
  5. ストローク

    今一度考えて欲しい、「速くて低いストロークと、山なりで深いストローク」は、どちら…
PAGE TOP