ダブルス

ダブルスでのストレートケアとは、前衛が前に詰めることです

ここの部分、もう一度ハッキリさせておきましょう。

ダブルスの試合で、ストレートケア、つまりは相手のストレートへのリターンやストロークを、守るという時。

この基本は、前衛のポジショニングになります。

ロブが来ないような相手に下がっていても・・・良いこと、は無いですよね。

 

ダブルスでのストレートケアとは、前衛が前に詰めることです

 


 

1.前衛は、前に詰めるのが仕事

もちろん、ロブがたくさん来るようなら、考えます。

ですが、前衛の基本は前に詰めること。

これは、相手がストレート、つまり前衛を狙って来るときも一緒です。

「ワイドに打つから、ストレートケアで」という作戦を立てたなら、前衛はどうするべきか。

ケアする=後ろで守る、という発想になってはいませんか?

前衛は前に詰めること、で良い守備も出来る。

このあたり、勘違いしていると結果的に打たれた時にミス、してしまうんです。

 

2.前に詰めるからこそ、相手が打てるコースが狭くなる

ネットから離れていては、相手の脅威にならない。

相手がストレートに打って来る、のを待ち構えるなら、やっぱり前に詰めないと。

ネットを触れるくらい、の場所に立つ。

前に詰めて、ストレートに来るリターンをしっかり攻撃していく。

ブロックしてボレーするだけで、ネットから近いので相手の脅威になりますよね。

この部分、特に女子ダブルスでプレーする方は、もっと意識を強く持った方が良いでしょう。

 

3.ネットから遠い位置なら、それだけリスクは高まる

まず、ネットを越えないといけない、というプレッシャーがある。

それから、当然低いボールは少し山なりに返球しないといけないので、力んでアウトしてしまう可能性も高いですよね。

これって、ボレーの技術不足の問題じゃないと思います。

ポジションが、悪いだけ。

それも、ほんの1メートルくらいの差なんですけどね。

この差が、相手がストレートアタックしてきたとき、にどっちにポイントが転ぶかの大事な分かれ目、になるはず。

しっかり前に詰めて、相手のストレートをケアする。

これがダブルスの基本です。

 

4.ストレートに誘う、罠を仕掛ける意識が大事

でも、最初から前に詰めていたら・・・どうでしょう?

そりゃ、相手も打たないですよね。

だからこそ、相手が打つ前に前に詰める、ステップを入れていくことが大事なんです。

味方のサーブの時にも、最初からネット近くに立つよりも、サーブに合わせて前に詰める方が効果的。

相手がテイクバック、に入ってから前に出ても充分良いポジションは取れるはず。

相手からすると、「え?そんな前にいたの?」となりますからね。

強いダブルス、前衛って、そんな感じじゃないですか?

 

ちょっとしたポイントですが、ダブルスの試合では大事です。

ストレートケア、と聞いて下がってしまわないように。

しっかり前に詰めて、攻撃的にケアしていきましょう。

繰り返しますが、ほんの1メートル、50cmが、テニスは勝負を分ける。

ボレーの技術、なんて大差は無い訳ですからね。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手のリターンを崩していくには?

    ダブルスの試合、前衛の仕事って・・・何でしょう?ボレーでポイン…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「アレーを捨ててでもセンターを守る」並行陣が強い

    2人でネットに出る並行陣。ここには、実は大きな秘密が隠されてい…

  3. ダブルス

    ダブルス改革、パートナーと一緒にやる?やらない?

    そろそろ、本気でダブルスを改革したい!と、考えているみなさん。…

  4. ダブルス

    相手の前衛をマークする、のも前衛の大事な仕事

    相手の前衛がポーチに出られて、決められてしまう。これを、ただの…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ストレートアタック、にこそスライスを使おう

    ダブルスの試合で、相手の前衛を狙う。この必要性は何度も書いてき…

  6. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスで、前衛が「ポーチに動いたけど、触れなかった」ときに、後衛はまず時間を稼ごう

    これは、実は基本中の基本、ですね。ダブルスの試合で、前衛が動い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    その他

    思考に身体が付いていかないときは、一旦思考を止めてみる勇気も大事
  2. テニス 確率

    メンタル

    「メンタルが強くなりたい?」だったら、スリルを楽しめるようになろう
  3. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、主導権を握る方法5つ
  4. テニス ストローク

    ストローク

    チャンスボールを叩き込んで、拾われてふかしてしまう人は、「チャンス」という言葉と…
  5. テニス 準備

    その他

    「一般のテニスの試合に出て恥をかかない」為に、学生の皆さんに身に付けておいて欲し…
PAGE TOP