ダブルス

ダブルスでのストレートケアとは、前衛が前に詰めることです

ここの部分、もう一度ハッキリさせておきましょう。

ダブルスの試合で、ストレートケア、つまりは相手のストレートへのリターンやストロークを、守るという時。

この基本は、前衛のポジショニングになります。

ロブが来ないような相手に下がっていても・・・良いこと、は無いですよね。

 

ダブルスでのストレートケアとは、前衛が前に詰めることです

 


 

1.前衛は、前に詰めるのが仕事

もちろん、ロブがたくさん来るようなら、考えます。

ですが、前衛の基本は前に詰めること。

これは、相手がストレート、つまり前衛を狙って来るときも一緒です。

「ワイドに打つから、ストレートケアで」という作戦を立てたなら、前衛はどうするべきか。

ケアする=後ろで守る、という発想になってはいませんか?

前衛は前に詰めること、で良い守備も出来る。

このあたり、勘違いしていると結果的に打たれた時にミス、してしまうんです。

 

2.前に詰めるからこそ、相手が打てるコースが狭くなる

ネットから離れていては、相手の脅威にならない。

相手がストレートに打って来る、のを待ち構えるなら、やっぱり前に詰めないと。

ネットを触れるくらい、の場所に立つ。

前に詰めて、ストレートに来るリターンをしっかり攻撃していく。

ブロックしてボレーするだけで、ネットから近いので相手の脅威になりますよね。

この部分、特に女子ダブルスでプレーする方は、もっと意識を強く持った方が良いでしょう。

 

3.ネットから遠い位置なら、それだけリスクは高まる

まず、ネットを越えないといけない、というプレッシャーがある。

それから、当然低いボールは少し山なりに返球しないといけないので、力んでアウトしてしまう可能性も高いですよね。

これって、ボレーの技術不足の問題じゃないと思います。

ポジションが、悪いだけ。

それも、ほんの1メートルくらいの差なんですけどね。

この差が、相手がストレートアタックしてきたとき、にどっちにポイントが転ぶかの大事な分かれ目、になるはず。

しっかり前に詰めて、相手のストレートをケアする。

これがダブルスの基本です。

 

4.ストレートに誘う、罠を仕掛ける意識が大事

でも、最初から前に詰めていたら・・・どうでしょう?

そりゃ、相手も打たないですよね。

だからこそ、相手が打つ前に前に詰める、ステップを入れていくことが大事なんです。

味方のサーブの時にも、最初からネット近くに立つよりも、サーブに合わせて前に詰める方が効果的。

相手がテイクバック、に入ってから前に出ても充分良いポジションは取れるはず。

相手からすると、「え?そんな前にいたの?」となりますからね。

強いダブルス、前衛って、そんな感じじゃないですか?

 

ちょっとしたポイントですが、ダブルスの試合では大事です。

ストレートケア、と聞いて下がってしまわないように。

しっかり前に詰めて、攻撃的にケアしていきましょう。

繰り返しますが、ほんの1メートル、50cmが、テニスは勝負を分ける。

ボレーの技術、なんて大差は無い訳ですからね。

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう

    試合でのロブの重要性について、何度か書いてきました。しかし実際…

  2. ダブルス

    並行陣の逆陣形、を理解すればダブルスに強くなる

    並行陣で、後衛がどんどん前に詰める形。男子ダブルスでは、これが…

  3. テニス センス

    ダブルス

    自分の担当範囲を知らない前衛は、後衛を困らせてばかり

    ダブルスの試合で、前衛が触れない。こうなると、後衛は苦しいです…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合では、相手が自信を持っているボールを前衛が潰せば勝てる

    ダブルスの試合で、強い相手を倒したい。だったら、この作戦は欠か…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣でロブが抜けたときには・・・前衛にビッグチャンスが舞い込んで来る

    ダブルスの試合で、学生の皆さんは雁行陣で戦うケースが多いと思います。…

  6. ダブルス

    横軸で見ると、ダブルスの穴は3か所ある

    ダブルスの試合で、相手のどこを狙うのか。基本的には、穴は3つあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ストローク

    特にダブルスのテニスの試合で求められる「どんなボールでも、相手の足元にコントロー…
  2. テニス サーブ

    ボレー

    ハイボレーは下に叩き付ける、のではなくまっすぐ打って重力でコートに入れるくらいの…
  3. テニス データ

    戦術

    テニスの試合の中で、「感覚とデータを迷える」ようになったら一人前
  4. テニス Q&A

    メンタル

    ノータッチエースだけ欲しい人は、バッティングセンターにでも行きましょう
  5. テニス ミス

    ボレー

    「ダブルスの前衛として良いプレーが出来ているかどうか」、それは対戦相手が決めるこ…
PAGE TOP