ダブルス

ダブルスの試合では、相手が自信を持っているボールを前衛が潰せば勝てる

ダブルスの試合で、強い相手を倒したい。

だったら、この作戦は欠かせません。

作戦、というよりもスタンスですね。

相手の心理を悟って、自分たちで動いていければ、勝てる。

少なくとも、競った試合には持ち込めると思いますよ。

 

ダブルスの試合では、相手が自信を持っているボールを前衛が潰せば勝てる

 

1.相手は何を考えているだろう?

ちょっと、イメージしてみて下さい。

相手が、何を考えて試合に入るのか・・・。

格下相手なら、まず「自分たちのテニスをすれば、大丈夫だろう」と考えていることが多いはず。

つまり、普通に自信のあるショットを打って入りたい、と考えているでしょう。

サーブ、リターン、ストローク、普通に振り切っていけば大丈夫、だと。

だったら、アナタはこれをやらせてはいけないですよね。

ダブルスなら、上手く前衛がこれを塞いでいかないとダメ、です。

 

2.ポーチは相手の自信ショット、にぶつけていこう

私自身、リターンが得意。

だからこそ、リターンでポーチに出られるとすごく嫌なんですよ。

相手がどんなレベルであれ、ネット近くで触られたら失点の可能性も高い。

それに、恐れない姿勢を見せられることが嫌じゃないですか。

リターンはもちろん、ストロークラリーになっても、早く前衛が出て来る相手、は実際嫌です。

だって、「普通に出来ない」ですからね。

こういう相手には。

まずはどんどん、相手の自信ショットに絡んでいくこと、が大事。

格上相手なら尚更、ですね。

 

3.相手はきっと、同じことをやり返してくる

テニス選手は、基本プライドが高い。

きっと、相手は「うざいな・・・やり返してやる!」と思うはず。

そうなると、今度はそこに隙が出来る。

ストレートに流したり、逆を突くことも出来るでしょう。

相手が何を考えているのか、を真剣に考えてみる。

そうすれば、きっと自分の決断にも自信が持てると思いますよ。

 

4.現実的には、リターンとストロークをまず塞ごう

ここが大事、だと思います。

相手がしっかり打って来る、それを許してはいけない。

リターン、それからストローク、出来るだけ後衛同士の打ち合いにさせないことが大事でしょう。

ダブルスなら、前衛がいる。

きっと、アナタはまだまだ損していると私は思いますよ。

現実的に、ここからまずしっかり準備してみると、試合は戦いやすくなると思いますよ。

そう、格上相手に戦いやすい、と思えたら勝ちです。

 

気持ち良く打たせない、気持ち悪くなってもらう。

その為に、前衛がいるんです。

これは、前衛が攻撃に動いているようで、実は守備の動きでもある。

相手の攻撃を塞ぐ、という大事な守備。

こういう発想、持っていれば格上相手に強いですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの攻撃の型は、「どちらか1人を崩して決める」がほとんど

    ダブルスの試合、みなさんが得点する時。ほとんどが、こういう形だ…

  2. テニス シングルス
  3. テニス 名著

    ダブルス

    ダブルスペアで、「最近、マンネリ化してるな・・・」と感じたなら、絶対試して欲しいこと

    どうも最近、ダブルスペアで勝てない・・・。この際、ペアを変える…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    並行陣でサーブ&ボレー、早めにファーストボレーをストレートに流しておこう

    ダブルスの並行陣、レベルに限らず意識して欲しいこと。実は、並行…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスでこそ使える!ドライブボレーの活用法5つ

    ダブルスの試合でぜひ、使って欲しい技術。それは、「ドライブボレ…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ドロップボレーが上手い並行陣プレイヤーは、強引に4アップの陣形に持ち込めば良い

    サーブ&ボレー、の相手に足元に沈めても・・・「ポトッ」と前に落とされて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 練習

    フットワーク

    ダブルスの試合で有効な前衛の動きは、「本当にポーチ出る!」と思わせるフェイント
  2. テニス メンタル

    戦術

    試合で自分が不利になったときに、本気で頑張れる人は少ない
  3. その他

    「パワーとスピードを生み出す関節の使い分け」身体を理解してテニスの動きを身に付け…
  4. テニス メンタル

    その他

    「強い選手になりたければ、強い選手と一緒に過ごす時間を作る」ことがテニス選手にと…
  5. テニス リターン

    ボレー

    実はバックボレーは武器になる、ことを証明します
PAGE TOP