ダブルス

ダブルスの試合では、相手が自信を持っているボールを前衛が潰せば勝てる

ダブルスの試合で、強い相手を倒したい。

だったら、この作戦は欠かせません。

作戦、というよりもスタンスですね。

相手の心理を悟って、自分たちで動いていければ、勝てる。

少なくとも、競った試合には持ち込めると思いますよ。

 

ダブルスの試合では、相手が自信を持っているボールを前衛が潰せば勝てる

 

1.相手は何を考えているだろう?

ちょっと、イメージしてみて下さい。

相手が、何を考えて試合に入るのか・・・。

格下相手なら、まず「自分たちのテニスをすれば、大丈夫だろう」と考えていることが多いはず。

つまり、普通に自信のあるショットを打って入りたい、と考えているでしょう。

サーブ、リターン、ストローク、普通に振り切っていけば大丈夫、だと。

だったら、アナタはこれをやらせてはいけないですよね。

ダブルスなら、上手く前衛がこれを塞いでいかないとダメ、です。

 

2.ポーチは相手の自信ショット、にぶつけていこう

私自身、リターンが得意。

だからこそ、リターンでポーチに出られるとすごく嫌なんですよ。

相手がどんなレベルであれ、ネット近くで触られたら失点の可能性も高い。

それに、恐れない姿勢を見せられることが嫌じゃないですか。

リターンはもちろん、ストロークラリーになっても、早く前衛が出て来る相手、は実際嫌です。

だって、「普通に出来ない」ですからね。

こういう相手には。

まずはどんどん、相手の自信ショットに絡んでいくこと、が大事。

格上相手なら尚更、ですね。

 

3.相手はきっと、同じことをやり返してくる

テニス選手は、基本プライドが高い。

きっと、相手は「うざいな・・・やり返してやる!」と思うはず。

そうなると、今度はそこに隙が出来る。

ストレートに流したり、逆を突くことも出来るでしょう。

相手が何を考えているのか、を真剣に考えてみる。

そうすれば、きっと自分の決断にも自信が持てると思いますよ。

 

4.現実的には、リターンとストロークをまず塞ごう

ここが大事、だと思います。

相手がしっかり打って来る、それを許してはいけない。

リターン、それからストローク、出来るだけ後衛同士の打ち合いにさせないことが大事でしょう。

ダブルスなら、前衛がいる。

きっと、アナタはまだまだ損していると私は思いますよ。

現実的に、ここからまずしっかり準備してみると、試合は戦いやすくなると思いますよ。

そう、格上相手に戦いやすい、と思えたら勝ちです。

 

気持ち良く打たせない、気持ち悪くなってもらう。

その為に、前衛がいるんです。

これは、前衛が攻撃に動いているようで、実は守備の動きでもある。

相手の攻撃を塞ぐ、という大事な守備。

こういう発想、持っていれば格上相手に強いですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合、「雁行陣で行き詰ったとき」には、前衛が守備を捨てるのも有りだと思う

    ダブルスの試合、前衛の選手は動きが激しい。ボールを打っていなく…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスの前衛で、責任感の無い人」は絶対に成長しないその理由

    ダブルスが上手い人、ソフトテニスの経験者でもすごく多い印象です。…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ペアでのメンタルの切り替え方」はトレーニングで養えます!

    ダブルスの試合、勝っているときは全く問題無いけど・・・。試合の…

  4. ダブルス

    雁行陣の前衛に必要な、洞察力について

    雁行陣での戦いで、しっかり攻撃的にプレーしたい。でも、しっかり…

  5. ダブルス

    「意外とこれがポーチチャンス!」パートナーのセカンドサーブがテニスの試合では勝負の分かれ目に

    ダブルスの試合の中でポーチボレーをちゃんと仕掛けている?せっか…

  6. ダブルス

    テニス部としてダブルス強化を狙うなら、「ペア練ローテーション」を!

    テニスの団体戦、で今年は結果を出したい!と思っているチームの皆…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 準備

    シングルス

    シングルスでのパッシングショット、クロスが基本
  2. テニス ステップ

    リターン

    テニス選手なら身に付けたい、「リターンのときのスプリットステップのタイミング」と…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「自分のテニスについて、悩んでいる」人は、テニスを始めた頃の仲間に会いに行こう
  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で相手の意表を付く「クイックサーブ」を練習して身に付けると、意外なメ…
  5. テニス 上達

    その他

    「あ、俺テニス上手くなってきたかも・・・」と感じる瞬間は、こんなときかも知れない…
PAGE TOP