テニス ストローク

戦術

作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう

緊張感高まる試合、の中での決断。

勇気が要りますよね。

それに、決断してからも、終わりじゃない。

実は、実行するまでに・・・またそこに、大きな障害がある。

ダブルスの前衛のとき、をイメージしてみて下さいよ。

試合の現場で、これが難しいんです。

 

作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう

 


 

1.「ポーチに出る!」と決めてから・・・が大変なんです

実際に試合では、どうでしょう?

ペアとの打ち合わせで、「ポーチに出るね!」と決めたのに、いざポジションにつくと不安になる。

「次は、ストレートなんじゃないか・・・」と。

でも、ペアと打ち合わせはもう終えたし・・・どうしよう・・・と。

こう考えること、実際に有りますよね試合で。

人間ですから、仕方ない。

でも、私は基本的にこの考える、という行為自体を停止してしまう。

そういう強い意志、が大事だと思いますよ。

 

2.作戦を決めたら、基本は変えないのが一番

特に、ダブルスのポーチ、ネットプレーはそうでしょう。

ちょっとした迷いがあると、それがプレーの精度に如実に現れる。

出足が遅くなったり、ボレーで腰が引けてしまう。

作戦を決めたのに、ちょっとした迷いが障害になるんですよね。

作戦を決めたら、迷いを断つ。

このイメージ、持って試合に入ることが大事です。

 

3.「考えない」ことが、武器になる

試合では、シンプルに考えた方が良い場面も多い。

思い切ったプレーが必要なとき、勝負どころの場面では、私もあえて思考を停止します。

考えていると、相手からも読まれやすい。

もちろん、試合は思慮深く進めていくのが基本、ですよ。

でも、あえて「考えない」という意識も大事。

ポーチのような作戦、ネットダッシュは、迷いが一番の敵になる。

みなさんも、ぜひ試合の中で意識して欲しいポイントなんです。

 



 

4.作戦を決めること、に目一杯頭を使おう

頭を使う、考えるなら、作戦を決めることに使うこと。

これが一番でしょう。

決めたら、もうそれを信じ切る。

そこで失敗するということは、実は「中途半端」に終わるということ。

やり切っての失点、は失敗ではないですからね。

中途半端に終わること、はアナタ自身の弱さでしかない。

「決めたけど・・・うーん、、どうしよう。。」と思う癖、止めましょう。

それだけで、試合で思い切ったプレーが出来るようになるはずです。

 

テニスって、ダブルスで打ち合わせした後もポジションにつくまで間がありますよね。

間があるから、考える。

不安になる。

そう、人間らしい怖い部分を、しっかり覚悟して知っておく。

さぁ、後は思い切って動くだけ、ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス 準備

    戦術

    勝負球を絞ったうえでの失点は、大歓迎のスタンスでいこう!

    皆さん、よく考えて欲しいポイント。やっぱり、失敗は怖い・・・で…

  2. テニス 試合

    戦術

    態勢を崩されても返球出来るテニス選手は、何が違うのか?

    試合の中で、必死でボールを返そうとする。これは当たり前・・・の…

  3. テニス メンタル

    戦術

    内角を攻めれない選手に、未来は無い

    今日は、久しぶりに野球観戦。オープン戦ですが、東京ドームに行っ…

  4. テニス メンタル

    戦術

    いつでもどこでも、「反撃コース」を想定しておこう

    テニスの試合で、大事な要素となるカウンターショット。これが上手…

  5. 戦術

    打った方向に自分自身で、プレッシャーをかける方法

    良いショットを打って、すぐに安心してしまう人。これ、結構多いで…

  6. テニス 居場所

    戦術

    調子が良いときほど、負けやすい理由

    「今日は、いける!」こう思った試合ほど、意外と負けること多く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    「ボレーがどうしても安定しない!」という人が身に付けるべき試合で使えるボレーのコ…
  2. テニス ダブルス

    リターン

    リターンは踏み込みながら、壁を作ってストレートへ
  3. テニス テニスボール

    メンタル

    テニスの試合、ポイントは「取り返そう」と思うのではなく、「自分の印象を活かす」方…
  4. テニス メンタル

    フットワーク

    サーブを打つ前の静寂、「キュ、キュ、キュ、キュ!」
  5. テニス 指導

    戦術

    テニスの試合前にエネルギーを溜めて挑む、ために必要な準備7つ
PAGE TOP