テニス ダブルス

ボレー

ネットプレイヤーを目指すなら、「軌道を見始めてウォッチ」する力は不可欠

ネットプレイヤーを目指す人、が意識して欲しいこと。

あくまで、自分のネットプレーで「決める」こと、ラケットで触ることだけをゴールにしないで欲しい。

そこをゴールにすると・・・結果的にポイントが獲れないですよ。

 

ネットプレイヤーを目指すなら、「軌道を見始めてウォッチ」する力は不可欠

 


 

1.ボレーで触って終わる、と考え過ぎない!

ネットに出る、前に出ると「触らないと!」という意識が強くなる。

そうなると、無理やり手を伸ばしてどんなボールでも触ってしまう、ことが増えます。

これって、すごく危険。

なぜなら、ネットに出ている時点でアナタが守るべき守備範囲は、狭くて良い、ということになっている。

相手との距離を縮めるということは、より「打ち出すポイント」に近付くことになるので、守りに集中出来る範囲は狭くて良い。

その代わり、到達時間が短くなるのでより素早い反応が求められますね。

 

2.相手が打ち出した軌道を見て、ウォッチ!の判断を

このボールはアウトかどうか。

それは、相手が打ち出した軌道のまさにその瞬間、を見て判断しないといけない。

よく、自分の近くに飛んできてから判断する人、いますよね。

それだと遅い。

相手が打ち出した瞬間に、基本的には触るつもりで反応しますが、ラケットだけは引く。

この気持ちの準備、ぜひ意識してみて下さい。

 

3.ボレーは「アウトを誘う技術」が求められる

「何だかこの相手だと、アウトが増える・・・」のには、理由がある。

まず相手のポジショニングが上手い。

守るべきテリトリーの真ん中、に立たれると、どうしても少しリスクを冒さないといけないシチュエーションになるのです。

上手いネットプレイヤーは、ミスを誘える選手。

ポジショニングと、自分の周りに来たボールを安定して処理する。

バチーンというボレーなんて、1試合に1回あるか無いか、ですよ。

 

ネットプレーは、ウォッチする力、でだいぶ差が出ます。

アウトと思ったけどインになる、ということも最初はあるでしょう。

でも、「自分がミスを誘っている」という感覚があれば・・・どうですか?

何となく、「相手がミスしそうな時」が分かってくるんですよね。

そうなればもう、アナタは立派なネットプレイヤーです!

 

今回のまとめ

ネットプレーの真骨頂は、相手のミスを誘ってポイントを取ること

 

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. ボレー

    テニスの試合で、「ネットに詰めてのフラットボレーは、肘を伸ばして前に押し出して打つ」ことが大事!

    ネットに詰めての決定力のあるボレー、はつなぐボレーとどこが違うのか。…

  2. ボレー

    シングルスの試合でのネットプレーは、逆を突かれて全然OK

    シングルスの試合で、ネットに出る。これはもう、大変ですよね。…

  3. ボレー

    ありがちなフェイントは、見抜けるように

    対戦相手の前衛が、どんどん動いて来る。こういう相手は、きっと…

  4. テニス 粘り

    ボレー

    クロスボレーを磨けば、試合でのボレーのネットミスは減るはず

    試合で、「ボレーのネットミス」が多い方。ちょっと、思い出してみ…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    片手バックハンドボレーで、パンチ力が欲しいなら?

    ボレーの中で、バックハンドボレーが「なかなか飛ばない」と感じている人。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「速いボールが怖い!」人は、辛いですがこういう練習が一番効果的です

    テニスのボールスピード、他の競技と比べてどうでしょうか。学生や…

特集記事

  1. その他

    アナタの成長をサポートできる、「優秀なテニスコーチ」を見極める方法5つ
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習
  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「試合前に決めておく大事なこと」を5つピックアップしてみた
  4. 戦術

    完璧じゃないから、大丈夫なのよ
  5. テニス 錦織圭

    ストローク

    ライジングショットは、ボールのバウンド前からラケットを打点に到達させること
PAGE TOP