ボレー

ローボレーは、ボールを飛ばす角度を覚えればすごく楽

低い位置でのボレー、それでも返球は甘くならないようにしたい。

コントロールが難しそうなボレーですが、このコツは「発射角度」にあります。

これを覚えれば、すごく楽。

ネットの上のどの辺りを通せば良いのか、狙いも定めやすいですからね。

 

ローボレーは、ボールを飛ばす角度を覚えればすごく楽

 


 

1.どんな角度で、ボールを飛ばそう?

ローボレー、ネットより低い位置でのボレーを飛ばす角度。

これ、みなさんイメージ出来るでしょうか?

ポイントは、ネットとの距離。

ネットから自分の立っている位置が遠ければ、山なりでしっかり深く。

ネットに近ければ、私なら少し直線的に打ちます。

山なりでネットを越えようとすると、アウトになる可能性も高いですからね。

ネットから遠いのに直線的なボレーは、なかなか入らない。

自分の立っている位置で、しっかり「良い角度」を探しておきましょう。

 

2.相手を見ないで、自分の近くを見る

よくボレーが安定しない人にありがちなのが、「相手を見ながら打つ」ということ。

これは一見正しいようで、実は安定しない。

まずはしっかりボールを見ながら、自分の近くに目標を作る。

良い角度で飛ばしたいなら、自分の身体から1メートル前くらいに目標を作る感じで良いでしょう。

そこを通過出来れば、自然と相手コートの狙った場所に飛んでいく。

この感覚を、練習から養っていきましょう。

 

3.角度はラケット面で作ることが出来る

ボレーを飛ばす角度、それは自分自身で確実に作ることが出来る。

どんなに相手のボールが速くても、自分でラケット面を作ることが大事。

ボレーの素振り、ぜひイメージしてやってみて下さい。

私はいつも、ボレーの時の手首の角度、を確認しながらボレーの素振りをします。

こういうラケット面なら、きっとこの角度が付くな、というのを確認しておくんです。

軌道をイメージして、ラケット面作りに試合では徹する。

難しいことをしようとしなくてOK。

飛んでいく角度、発射角度に慣れていくこと、が大事です。

 

4.打つ側に慣れたら、今度は受ける側にも効果が!

不思議と、これも相乗効果で身に付いていきます。

ボレーの発射角度に自信が持てるようになると、相手のボールへの反応も良くなる。

相手のボレーの打ち出しの角度、打つ前のラケット面を見て、「どのあたりにボールが来るのか?」が、予測出来るようになるんです。

自分が打つ側の感覚を養えれば、受ける側の感覚も身に付いていく。

素早い判断が出来るので、出足が鋭くなる。

ボレー戦では、この1歩の速さが大事になるんです。

 

ボレーの発射角度、これでコースは決まります。

自分の立っている位置と、角度を覚える。

並行陣の後衛なら・・・これが出来れば、もうバッチリでしょう。

角度に神経質になれば、間違いなくテニスのコントロール力はアップします。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. ボレー

    浮いた!と思っても、諦めないことで何かが起きる

    ダブルスの試合、「浮いた!まずい!」と思うこと、ありますよね。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    スライスボレーを流してストレートに打ちたいなら、ラケットヘッドを下げて良い

    スライスボレーをしっかり打ちたい・・・けど、実戦だとどうでしょう。…

  3. テニス 言葉

    ボレー

    相手にバックボレーを打たせる戦術、は基本中の基本

    私たちの試合の中で、どうポイントを取っていくのか。相手のレベル…

  4. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの並行陣、「ファーストボレーは、深ければ良い・・・」だけだと、相手前衛に捕まりやすい

    サーブ&ボレー、シングルスよりもダブルスで使う機会が多いんじゃないでし…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーで足が動かない・・・」人には理由がある!意識したいテニスのネットプレーの基本

    ボレーする時に「足をもっと動かせよ!!」と怒られている人いない…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    「速いボールがボレー出来ない、怖い」のは、ただアナタの目線が高いから

    レベルが高い試合になってくると、ストロークのスピードも上がる。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. シングルス

    テニスのシングルスの試合の中で、「苦しいときほど、相手とラリーをしよう」と考えら…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    中級者から上級者への壁、そこには必ず「サービス力」がある
  3. ダブルス

    ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイン…
  4. テニス サーブ

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない
  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのトスアップは、「身体全体で勢いを付けて上げない」ように
PAGE TOP