テニス ボレー

ボレー

ミドルボレーの安定感アップには、フォロースルーの高さと短さが必要

自分の腰から胸の高さで打つ、ミドルボレー。

簡単そうに見えて、意外と難しいですよね・・・。

今回は、あくまでシンプルに考えて安定感をアップしていく。

その為の手法について、考えてみましょう。

 

ミドルボレーの安定感アップには、フォロースルーの高さと短さが必要

 

1.ラケットはシンプルに、動かし過ぎない

これはミドルボレーだけ、ではない基本ですね。

動かすのは、大体30cmくらいで良いでしょう。

ボールをどういう角度で飛ばすのか、をイメージしながらラケット面を準備する。

ミドルボレーでも、ネットから距離があるなら少し上向きの発射角度、にしたいですね。

少し山なりな軌道を作る、コンパクトに動かして、フォロースルーは短めに。

フェデラー選手の動画を見ても、ほとんどラケットを動かしていないのにしっかりコントロールされているのが分かりますね。

 

 

意識して欲しいのは、打ち終わった後のラケットの高さ、ですね。

下がり過ぎず、高い位置をキープ出来ていますよね。

この状態で打ち終われば、次への構え直しも早いのでお勧めです。

 

2.打ち終わったら最短距離で、また胸の下へセット!

この流れ、を打ち終わったフォロースルーから作りましょう。

打ったら構える、の流れが自然に出来るように、動画を見ながらイメージトレーニングしてみて下さい。

力んで打ち終わると、ラケットがすごく低い位置、自分の身体から離れた位置で終わるはずです。

これでは、次の返球に対応出来ない。

しっかりボレーの連続攻撃、が出来るフォームに変えていかないと試合では勝てないですよ。

 

3.ラケット面を上向きにして、ネットを越えて深く打つ

ミドルボレー、まずはこれが基本です。

しっかりネットを越えること。

ということは、ラケット面を上に向けてボールの少し下を触る、ことが大事。

山なりな軌道でスライス回転をかけて、しっかり深く打つ。

余裕があれば足の踏み込み、を加えていく。

でも売ったらしっかり足を戻して構える、のが基本ですね。

しっかり呼吸を合わせて、ずっと同じテンポでラリー出来るように練習してみましょう。

 

4.フォロースルーに高さがあるから、ネットミスが減る

高い位置でラケットが終わる、しかもラケット面が上を向いている。

この時点で、何だかネットはしないような雰囲気、ありませんか?

つい私たちは強く打とうとすると、ラケット面を下に向けてボールを飛ばそうとする。

これでは、確率も悪いし安定しない。

フォロースルーの高さ、短さを意識するだけで安定感はアップするはずです。

 

ネットから遠い位置でのミドルボレー、しっかりコントロールしていく。

そうすれば、試合はきっとアナタのペースで進むでしょう。

もっともっと、意識して練習していけばサーブ&ボレー、並行陣、何でも出来るようになると思います。

ミドルボレーの安定感、試合の鍵ですよ!

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス 準備

    ボレー

    オープンスタンスでのボレーの時に、しっかり「ドロップボレーの準備」も頭にイメージしておくこと

    自分がネットに出ていて、相手のパッシングショットが厳しいコースに飛んで…

  2. ボレー

    ネットに詰めた時こそ、正面向きでは何も出来ない

    ボレーでの決定力を上げていきたい、と考えているみなさん。ネット…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに近付けば近付くだけ、動作がシンプルでコンパクトになる

    テニスコートって、結構広い。広いコートの中で、自分が求められる…

  4. ボレー

    バックハンドハイボレー、パンチ力を出して決めるコツは?

    試合の中で、バックハンドハイボレーを打つ時。ゆっくりした相手の…

  5. ボレー

    ありがちなフェイントは、見抜けるように

    対戦相手の前衛が、どんどん動いて来る。こういう相手は、きっと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    なかなか練習内容を決められない人は、「判断基準を絞る」ことが出来ていない
  2. テニス マナー

    その他

    試合後に相手に感想を聞いてみるなら、「ある言葉」を使うと効果的に引き出せます
  3. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で主導権を握りたければ、「自分がどう打つのか、を相手が打った瞬間に判…
  4. テニス メンタル

    戦術

    飛びつきながらも、頭は冷めた感じがベスト
  5. テニス メンタル

    メンタル

    何故テニス選手は試合の中で、「いつも通りにやろう…」と考えると、より緊張してしま…
PAGE TOP