テニス ボレー

ボレー

ミドルボレーの安定感アップには、フォロースルーの高さと短さが必要

自分の腰から胸の高さで打つ、ミドルボレー。

簡単そうに見えて、意外と難しいですよね・・・。

今回は、あくまでシンプルに考えて安定感をアップしていく。

その為の手法について、考えてみましょう。

 

ミドルボレーの安定感アップには、フォロースルーの高さと短さが必要

 

1.ラケットはシンプルに、動かし過ぎない

これはミドルボレーだけ、ではない基本ですね。

動かすのは、大体30cmくらいで良いでしょう。

ボールをどういう角度で飛ばすのか、をイメージしながらラケット面を準備する。

ミドルボレーでも、ネットから距離があるなら少し上向きの発射角度、にしたいですね。

少し山なりな軌道を作る、コンパクトに動かして、フォロースルーは短めに。

フェデラー選手の動画を見ても、ほとんどラケットを動かしていないのにしっかりコントロールされているのが分かりますね。

 

 

意識して欲しいのは、打ち終わった後のラケットの高さ、ですね。

下がり過ぎず、高い位置をキープ出来ていますよね。

この状態で打ち終われば、次への構え直しも早いのでお勧めです。

 

2.打ち終わったら最短距離で、また胸の下へセット!

この流れ、を打ち終わったフォロースルーから作りましょう。

打ったら構える、の流れが自然に出来るように、動画を見ながらイメージトレーニングしてみて下さい。

力んで打ち終わると、ラケットがすごく低い位置、自分の身体から離れた位置で終わるはずです。

これでは、次の返球に対応出来ない。

しっかりボレーの連続攻撃、が出来るフォームに変えていかないと試合では勝てないですよ。

 

3.ラケット面を上向きにして、ネットを越えて深く打つ

ミドルボレー、まずはこれが基本です。

しっかりネットを越えること。

ということは、ラケット面を上に向けてボールの少し下を触る、ことが大事。

山なりな軌道でスライス回転をかけて、しっかり深く打つ。

余裕があれば足の踏み込み、を加えていく。

でも売ったらしっかり足を戻して構える、のが基本ですね。

しっかり呼吸を合わせて、ずっと同じテンポでラリー出来るように練習してみましょう。

 

4.フォロースルーに高さがあるから、ネットミスが減る

高い位置でラケットが終わる、しかもラケット面が上を向いている。

この時点で、何だかネットはしないような雰囲気、ありませんか?

つい私たちは強く打とうとすると、ラケット面を下に向けてボールを飛ばそうとする。

これでは、確率も悪いし安定しない。

フォロースルーの高さ、短さを意識するだけで安定感はアップするはずです。

 

ネットから遠い位置でのミドルボレー、しっかりコントロールしていく。

そうすれば、試合はきっとアナタのペースで進むでしょう。

もっともっと、意識して練習していけばサーブ&ボレー、並行陣、何でも出来るようになると思います。

ミドルボレーの安定感、試合の鍵ですよ!

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、左手の形をキープして安定感アップ!

    バックハンドボレー、しっかり打てるとカッコいいですよね。試合で…

  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    やっと届いたボレーは、実はドロップボレーにしやすい

    今回も、少し裏技的なお話を。実際に、やっている人も多いと思いま…

  3. ボレー

    テニスのネットプレーで、「ハイボレーで横回転をかける」ことが上級者への大事なステップです

    部活やテニススクールで頑張っている皆さんの中で、ハイボレーに自信がある…

  4. ボレー

    相手が打って来るスライスストロークは、格好のドロップボレーチャンス!

    アナタ自身が前にいて、相手がストローク。この時、スライスでのス…

  5. ボレー

    バックボレーで前に踏み込む、ことが出来れば試合でも勝てる

    ボレーの上達に悩んでいる方の、ほとんどがこれを克服できていません。…

  6. テニス 練習

    ボレー

    足下のボレーは難しい?本当に?

    テニスの技術の中で、難しいとされるもの。その典型例が、ローボ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 練習メニュー

    「ミスばっかだと、練習になんねぇよっ!」と、テニスの練習でアナタは言えますか?
  2. テニス ポジショニング

    サーブ

    サーブを打つ前に、「冷静に相手のポジションを確認する」ことで、精神的に楽になれる…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「パッと見、凄いサーブだけど実は試合で使えない」残念なサーブの特徴5つ
  4. テニス 走力

    フットワーク

    コートカバーが上手い選手は、歩幅が大きい
  5. ボレー

    テニスの試合で、ネットプレー対ネットプレーになったときに求められる、「足元のボー…
PAGE TOP