ボレー

低い打点でのボレーは、フラット気味でも良いと思う

ローボレー、難しいですよね。

何が難しいって、まず低い位置からボールを持ち上げて、しかもアウトしないようにコートに入れないといけない。

苦手意識を持っている人は、もしかしたら「スライスをかけようとし過ぎ」ているかも知れません。

私の感覚では、ローボレーは少しフラット気味に合わせる、くらいの方が打ちやすいケースも多いのです。

 

低い打点でのボレーは、フラット気味でも良いと思う

 


 

■ローボレーを深く返球、はそもそも難しい

ネットより低い位置では、なかなかボレーをコントロールするのは難しい。

ネットを超えてコートに入れる、には力加減を調整しないといけないですし、フラット気味だと怖い気もするでしょう。

ですが、無理にスライス回転をかけようとして、ボールの下を触り過ぎるのはオススメ出来ない。

理由は2つあります。

1つは、ボールが伸び過ぎてアウトする可能性が高くなる点。

もう1つは、ハーフボレーになったときにスライスだと浮いてしまう可能性が高い点、です。

あくまで私の感覚ですが、フラット気味のボレーで準備していた方が融通が利く。

一度、リラックスして試してみて下さい。

 

■ラケットヘッドを少し落として、真ん中で捕らえるボレーを意識する

まず、しっかりラケットの真ん中でボールを捕らえたい。

ラケットの先を少し下に向けても、ラケットの真ん中で捕らえることが出来れば、意外と腕に負担が少ないはずです。

腰を落として、ラケットヘッドを落ちないように・・・が確かに基本ですが、態勢を作れないときはサッとラケットを下に出して、フラット気味に返球してみる。

この意識があると、気持ち的に楽です。

相手が沈めて攻撃してきても、それをいなすような武器、が自分にあれば自信にもなるはずです。

 

■沈められて慌てる選手は、ネットプレーのレベルを上げられない

相手が足元に沈めて来る、のはテニスでは当たり前。

しっかり打って来られる、その上での勝負なんです。

だからこそ、沈められても慌てずフラット気味に合わせて深く柔らかく返球する。

無理やりスライスで挽回しようとしない、まずはしっかりつないでいく、のがローボレーの基本。

もちろん、スライスをかけられるときはかける、意識は大事です。

ですが相手が特に攻撃して来そうなとき、にはしっかり守備的な反応も出来るようにしておきましょう。

 

フラット気味のボレー、もしかしたら難しいかも知れません。

ですが、慣れると合わせるだけで良いので簡単。

ラケット面で、ボールを飛ばす、返球するので力は要りません。

まずはローボレー、しっかり自信を持ちたいですよね。

打つ回数、練習から増やしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーは両手で反応する、から安定感が増す

    ボレーの反応が遅い、という自覚のある人。ぜひ意識して欲しいのは…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合、相手ネットプレイヤーに足元を攻撃されても、「面だけ作るロブボレー」が打てれば反撃できる…

    ダブルスでの試合、前衛にいるときには相手の前衛に攻撃されるケースも多い…

  3. ボレー

    意表を突いたボレー、が効果的な場面は?

    相手に、「やられた!」と思う瞬間。みなさんは、試合でどんな時に…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    試合の中で熱いボレー戦になっても、冷静に上を狙う意識を持とう

    ダブルスの試合、いやシングルスでもそうですね。ボレー対ボレーの…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレー、「ラケットが加速した状態」で打っていこう

    私が皆さんに、今すぐ身に付けて欲しい技術。それは、「ドライブボ…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    チャンスを決めるパンチの効いたボレー、ラケットヘッドの使い方に秘密有り

    バシッとボレーで、しっかり決めたい。パンチ力のあるボレーでミス…

特集記事

  1. テニス 格上相手

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、「自分がミスショットしたときに、声を出さない」相手がア…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドのテイクバックは、基本並行でOK
  3. テニス メンタル

    戦術

    他人の土俵で戦わないことは、逃げでは決して無い
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスでは、「ショットの呼び名」が出ると意識し過ぎる人が多い
  5. テニス メンタル

    メンタル

    人から盛り上げてもらえないと動けない、そんなテニス選手は強くなれない
PAGE TOP