テニス メンタル

フットワーク

テニスにおける予測とは、「相手がどこに打つか?」だけだと足りない

「この選手、やり辛いな・・・」という相手は、予測が鋭い。

足がそんなに速い訳ではないのに、とにかく粘るし反応が速い、自分のコースが読まれているように感じると、アナタ自身ミスが増えて負けてしまうこと、多くないですか?

予測が鋭い選手は、一歩先を常に意識している。

さぁ、アナタ自身はどうですか?

 

テニスにおける予測とは、「相手がどこに打つか?」だけだと足りない

 


 

■相手がどこに打ってくるか?だけで、予測完了?

テニスの予測って、「相手がどこに打って来るのかを、予測すること」でしょ?

と思っている方、間違いではありません。

ですが、そこまでしか「予測」出来ていないと、アナタ自身かなり試合に勝つのは厳しいでしょう。

なぜなら、打って来る場所が分かっているだけでは、テニスでは不十分だから。

サッカーのPKのキーパー、ならボールを止めればそれで終わり。

でもテニスの試合は・・・違いますよね。

そこから先、があるのです。

 

■テニスのラリーでは、「どこに自分が打ち返すか」までが予測である

相手が打って来る場所を予測する、その先の一手が大事。

相手が打って来る場所が分かったら、その場所に来たらどう自分が返球するのか、そのコースまで予測しておきたい。

予測、というよりは決断ですね。

しっかり相手のコースに応じて、「ココに来たら、こう返球する」というのを決めておく。

ここまで実践出来て、初めてテニスにおける予測と言えるのです。

 

■予測は「外れても良いし、上手くいかなくて良い」くらいに考えておこう

あくまで、予測ですから。

外れることだって、あります。

でも、予測自体をしない、無関心な人は、「予測に外れる」という経験が出来ない。

怖がって予測しないでいると、自分の経験値も積まれないから強くなれない。

予測って、外れるくらいで良いんですよ。

外れたら、何とか手を伸ばしてしのぐ、くらいの意識で良い。

100発100中で当てよう、と思ってたら予測なんて出来ないですからね。

予測しない、出来ない相手って試合で戦いやすいですよ。

だってどこに打っても、反応が一歩遅いしカウンターを喰らう心配も無い。

アナタも、そんな風に相手に思われてはいないですか・・・?

 

自分が打つコースまで決めておく、それも相手のコースに応じて。

「難しい・・・」と感じた人は、一度やってみて下さい。

間違っても良いからやってみれば、意外と先に「決めておく」方が楽だと気付くはず。

テニスの試合に勝てる選手、には積み重ねです。

たくさん予測を外す経験をして、精度を上げていきましょう!

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの試合では、「打点に入るフットワークの速さ」で勝負が決まる

    フットワークが鋭い、そう、速いのではなく鋭い選手がいる。それは…

  2. フットワーク

    身体の向きだけで、相手を翻弄出来るのが強いテニス選手

    ボールも打たずに、相手にプレッシャーをかけて得点する。これが出…

  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手によって守備位置を変える、のはテニスにも必要なスポーツの基本

    今回のWBCの試合を観ていると、「守備のときのポジショニング」の重要性…

  4. テニス 守備

    フットワーク

    テニスのフットワークは、「左右よりもまず前後から」が基本です

    テニスの試合、フットワークで差が出る部分。それは間違いなく、「…

  5. テニス ボレー

    フットワーク

    ボールが浮いたら、「すぐに態勢を低くする」だけ守備力は上がる

    ストロークにネットプレー、皆さんは自分の守備力は高いと思いますか?…

  6. テニス ダブルス

    フットワーク

    イレギュラーバウンドに弱い人は、試合で勝てない

    テニスは常に、コートにボールをバウンドさせる競技。ボレーはあり…

特集記事

  1. リターン

    ブレイク意欲、を相手に見せつけよう
  2. テニス ボレー

    メンタル

    テニスでチャンスを活かせる人は、日頃から準備が出来ている
  3. サーブ

    シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について
  4. テニス 気付き

    水分補給

    「今年も夏本番!」部活のときに、みんなで実践したい熱中症対策4つ
  5. テニス リターン

    リターン

    リターンミスが多い人は、〇〇だけ意識しよう
PAGE TOP