テニス メンタル

フットワーク

テニスにおける予測とは、「相手がどこに打つか?」だけだと足りない

「この選手、やり辛いな・・・」という相手は、予測が鋭い。

足がそんなに速い訳ではないのに、とにかく粘るし反応が速い、自分のコースが読まれているように感じると、アナタ自身ミスが増えて負けてしまうこと、多くないですか?

予測が鋭い選手は、一歩先を常に意識している。

さぁ、アナタ自身はどうですか?

 

テニスにおける予測とは、「相手がどこに打つか?」だけだと足りない

 


 

■相手がどこに打ってくるか?だけで、予測完了?

テニスの予測って、「相手がどこに打って来るのかを、予測すること」でしょ?

と思っている方、間違いではありません。

ですが、そこまでしか「予測」出来ていないと、アナタ自身かなり試合に勝つのは厳しいでしょう。

なぜなら、打って来る場所が分かっているだけでは、テニスでは不十分だから。

サッカーのPKのキーパー、ならボールを止めればそれで終わり。

でもテニスの試合は・・・違いますよね。

そこから先、があるのです。

 

■テニスのラリーでは、「どこに自分が打ち返すか」までが予測である

相手が打って来る場所を予測する、その先の一手が大事。

相手が打って来る場所が分かったら、その場所に来たらどう自分が返球するのか、そのコースまで予測しておきたい。

予測、というよりは決断ですね。

しっかり相手のコースに応じて、「ココに来たら、こう返球する」というのを決めておく。

ここまで実践出来て、初めてテニスにおける予測と言えるのです。

 

■予測は「外れても良いし、上手くいかなくて良い」くらいに考えておこう

あくまで、予測ですから。

外れることだって、あります。

でも、予測自体をしない、無関心な人は、「予測に外れる」という経験が出来ない。

怖がって予測しないでいると、自分の経験値も積まれないから強くなれない。

予測って、外れるくらいで良いんですよ。

外れたら、何とか手を伸ばしてしのぐ、くらいの意識で良い。

100発100中で当てよう、と思ってたら予測なんて出来ないですからね。

予測しない、出来ない相手って試合で戦いやすいですよ。

だってどこに打っても、反応が一歩遅いしカウンターを喰らう心配も無い。

アナタも、そんな風に相手に思われてはいないですか・・・?

 

自分が打つコースまで決めておく、それも相手のコースに応じて。

「難しい・・・」と感じた人は、一度やってみて下さい。

間違っても良いからやってみれば、意外と先に「決めておく」方が楽だと気付くはず。

テニスの試合に勝てる選手、には積み重ねです。

たくさん予測を外す経験をして、精度を上げていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. テニス 打点

    フットワーク

    攻撃的なボレー、あのフットワークが肝

    ボレーが弱い!と、お悩みのみなさん。なぜ、アナタのボレーが試合…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合で不安になればなるほど、〇〇なことに気付こう

    緊張したときに、自分はどうなるのか。特にテニスでは、足元から緊…

  3. テニス ストローク

    フットワーク

    「遅れてないか?軸足の使い分け判断」テニスの試合、フットワークは判断のスピードが大事!

    ストロークやボレー、スマッシュを打つ時に軸足が重要となる。例え…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスで守備力が高い選手は、「キャッチ力が高い」だけでは無い

    守備力が高い選手は、何が上手いのか?ラケットでのキャッチ力?…

  5. テニス 打点

    フットワーク

    テニスで必須のテクニック、「スプリットステップで大事なポイント」をアナタは実践できてますか?

    テニスの技術の中で、毎回ラリーの中で必要な技術「スプリットステップ」。…

  6. フットワーク

    サーブを打った後、0.5秒の動作でテニスは変わる

    サービスゲームで、なぜかキープ率が上がらない。良いサーブは入…

特集記事

  1. テニス メンタル

    テニス知識

    「今さら聞けない・・・」テニスの試合で必要な用語をまとめてみました
  2. テニス メンタル

    メンタル

    気持ちが昂るのは良いが、焦っても良いことは無い
  3. 戦術

    「相手の動きを止める3つの方法」テニスの試合で有効な攻撃パターンを考えてみる
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    なかなか練習内容を決められない人は、「判断基準を絞る」ことが出来ていない
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーは両手で反応する、から安定感が増す
PAGE TOP