テニス フットワーク

フットワーク

テニスのフットワークの大原則「かかとから踏み込むこと」がなぜ大事なのか、は明白です

テニスのフットワーク、の特徴って何でしょう。

他スポーツとの違いを考えてみると、まず急停止・急発進、急停止してからの正確な動作=スウィングが求められる。

非常にボディバランスが求められる、激しいスポーツですよね。

広いテニスコートをしっかりカバーする、バランス良く打ち続ける、にはあるコツがある。

そう、大原則である「かかとから踏み込んでいく」ということ。

出来ている人も多いでしょうが、改めて自分でチェックしてみましょう!

 

テニスのフットワークの大原則「かかとから踏み込むこと」がなぜ大事なのか、は明白です

 


 

■つま先から踏み込むと、必ず前傾姿勢になってしまう

かかとではなくつま先、から着地してしまうとどうなるか。

ストロークでもボレーでも、頭から突っ込んだような姿勢になっているはずです。

力が入った感じで走っていると、人はつま先からブレーキをかけて止まりがち。

ちょっとその場で、走る素振りをしてみて下さい。

無意識にやると、ついつま先から地面について・・・しまっていませんか?

 

■テニスが上手い人は、頭の位置がぶれない

頭の位置が動くと、目線がぶれる。

目線がぶれると、テニスはショットが安定しません。

人間は「頭」が一番上にある、しかも重量はすごく重たいものが乗っている、非常にバランスが悪い状態と思った方が良いのです。

だからこそ、かかとから着地して、その後につま先が地面に着く流れを意識したい。

ゆっくりその場でやってみて下さい。

頭がしっかり残る、バランスの良い「急停止」が出来るようになるはずです。

 

■練習時から、ゆっくりで良いのでかかとから止まる癖を付けよう!

強く意識すれば、フットワークは変わります。

かかとで少し滑る、くらいの意識で良いので絶対に「速く」走ろうとしない。

速く走るのは、しっかりかかとからの着地に慣れてから。

まずはしっかり止まった時に、頭の位置がしっかりお尻の上、骨盤の上に乗って目線がぶれない。

低い態勢との相性もバッチリ、な状態になってから、徐々にスピードアップしていきましょう。

 

フットワークは「速ければ良い」の考えだと危険。

コートを速く走れても、しっかり良い態勢で止まって打てないと、テニスの試合では使えない。

だからこそ、かかとからのフットワークは基本になります。

ストローク、ボレーしかり、まずは練習から意識してみましょう。

きっと小さなミス、減って安定感がアップするはずです!

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    フットワーク

    「足元に沈められるストローク」を返球する、現代テニスには必須のボレーに必要なフットワークとは?

    現代テニスでは、特にトップスピンのストローク力が一般レベルでも急激に上…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる

    テニスをしていて、皆さんが「やり辛い・・・」と感じる相手、どんなタイプ…

  3. テニス 練習

    フットワーク

    遅いボールを見た時に、普通の人は自分の動作までゆっくりになる

    球出しの練習なんて、典型的だと思うんですよね。遅いボール、飛ん…

  4. フットワーク

    一番試合が多いオムニコート、の戦い方ってどうですか?

    恐らく、一番試合が多いサーフェスでしょう。草トー大会では、オム…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    「片足スプリットステップはテニスプレイヤーなら誰でも使える!」試合での反応を良くする5つの理由

    漫画「ベイビーステップ」でも紹介され、最新のテニス業界の技術の一つ「片…

  6. テニス メンタル

    フットワーク

    「スライス慣れ」していない選手は、完全にバレている

    試合の中で、「この相手、スライス苦手だな・・・」と分かるとき。…

特集記事

  1. ボレー

    ネットプレーで特に難しい、「バックハンドボレーを逆クロス方向に打つ」為に必要な身…
  2. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバッ…
  3. サーブ

    「ダブルスでのサーブ&ボレーはステップで決まる!」試合で意識したい4つのポイント…
  4. テニス リターン

    ストローク

    深いストロークを打たれるとミスが多い人が、意識したいテイクバックの速さについて
  5. サーブ

    「野球のピッチング練習」を見て感じた、テニスのサーブ練習にも必要な声掛けについて…
PAGE TOP