テニス フットワーク

フットワーク

テニスのフットワークの大原則「かかとから踏み込むこと」がなぜ大事なのか、は明白です

テニスのフットワーク、の特徴って何でしょう。

他スポーツとの違いを考えてみると、まず急停止・急発進、急停止してからの正確な動作=スウィングが求められる。

非常にボディバランスが求められる、激しいスポーツですよね。

広いテニスコートをしっかりカバーする、バランス良く打ち続ける、にはあるコツがある。

そう、大原則である「かかとから踏み込んでいく」ということ。

出来ている人も多いでしょうが、改めて自分でチェックしてみましょう!

 

テニスのフットワークの大原則「かかとから踏み込むこと」がなぜ大事なのか、は明白です

 


 

■つま先から踏み込むと、必ず前傾姿勢になってしまう

かかとではなくつま先、から着地してしまうとどうなるか。

ストロークでもボレーでも、頭から突っ込んだような姿勢になっているはずです。

力が入った感じで走っていると、人はつま先からブレーキをかけて止まりがち。

ちょっとその場で、走る素振りをしてみて下さい。

無意識にやると、ついつま先から地面について・・・しまっていませんか?

 

■テニスが上手い人は、頭の位置がぶれない

頭の位置が動くと、目線がぶれる。

目線がぶれると、テニスはショットが安定しません。

人間は「頭」が一番上にある、しかも重量はすごく重たいものが乗っている、非常にバランスが悪い状態と思った方が良いのです。

だからこそ、かかとから着地して、その後につま先が地面に着く流れを意識したい。

ゆっくりその場でやってみて下さい。

頭がしっかり残る、バランスの良い「急停止」が出来るようになるはずです。

 

■練習時から、ゆっくりで良いのでかかとから止まる癖を付けよう!

強く意識すれば、フットワークは変わります。

かかとで少し滑る、くらいの意識で良いので絶対に「速く」走ろうとしない。

速く走るのは、しっかりかかとからの着地に慣れてから。

まずはしっかり止まった時に、頭の位置がしっかりお尻の上、骨盤の上に乗って目線がぶれない。

低い態勢との相性もバッチリ、な状態になってから、徐々にスピードアップしていきましょう。

 

フットワークは「速ければ良い」の考えだと危険。

コートを速く走れても、しっかり良い態勢で止まって打てないと、テニスの試合では使えない。

だからこそ、かかとからのフットワークは基本になります。

ストローク、ボレーしかり、まずは練習から意識してみましょう。

きっと小さなミス、減って安定感がアップするはずです!

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス 走力

    フットワーク

    足が速い人は、「ラリーの中でボールに追いつき過ぎてしまう」のでテニスでは注意が必要

    フットワークが良い人は、「足が速い人?」。もちろん、それも大事…

  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの基本、「自分が打ったボールがコードボールになったら、迷わず前!」に全力で走ろう

    コードボール、つまりラリー中にボールがネットの白い部分に当たって、自分…

  3. フットワーク

    試合でミスを減らすには、動き出しを早くするのが一番効果的

    ミスが多い、と試合で感じたら。まず、何をどう変えるべきかを準備…

  4. フットワーク

    ワイドに来たら、斜め前に入る!

    強い相手との試合では、アナタは間違いなく走らされる。これを、…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    錦織選手のストロークウォーミングアップ、で改めて気付くこと

    今年も始まりましたんね、全仏オープン。錦織選手の試合、楽しみに…

  6. テニス ダブルス

    フットワーク

    アナタがチャンスを決められないのは、ポジショニングの問題です

    どうして、自分はチャンスを決められないんだろう。打っているボー…

特集記事

  1. スマッシュ

    スマッシュは腕全体を振るのではなく、「手首を折る形で、上で打ち終わる」と試合でミ…
  2. テニス フットワーク

    メンタル

    「ムキになって相手のラリーに付き合う」のは本当に危険
  3. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルが弱いんじゃなくて、考え方が狭いだけ
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    ボレー対ストロークで浅いボールが取れないで2バウンドになるのは、「完全にストロー…
  5. ロブ

    前に入りながらロブ、が攻撃的なテニスの基本
PAGE TOP