テニス リターン

リターン

ダブルスの試合でのリターン、勝負どころでは「相手の前衛は、いない」ものと考えよう

これは私が普段、試合で使っているちょっとしたアイデア、です。

ダブルスの試合、リターンで強気に行きたい場面。

試合では、4-4で30-40、のブレイクポイント、のような場面ですね。

こういうときに、使って欲しい意識。

誰でも出来る、思い切ればリターンの精度は上がる。

きっと、迷いが消えてスッキリして、良い精神状態で入っていけるでしょう。

 

ダブルスの試合でのリターン、勝負どころでは「相手の前衛は、いない」ものと考えよう

 

1.相手の前衛を意識するのが、普通です

私もダブルスの試合、普通は相手の前衛を意識します。

なるべく裏をかいて、ロブやストレートアタック、も早めに入れていく。

でも、それはあくまで試合の序盤から中盤、ですかね。

試合の後半、本当に勝負どころのような場面では、あえて相手を気にしない。

前衛は、「いない」ものだと考えて、自分のリターンに集中する。

それくらいの意識、で良いと思いますよ。

 

2.怖いのは、プレッシャーに負けてネットミス、アウトミスになること

リターンで、これだけは避けない。

何より、相手を乗せてしまいますからね。

相手前衛に、ノリノリになられるのが一番辛いんですよ。

プレッシャーに屈して、リターン側が押されてしまうと試合の後半では挽回出来ない。

だから、ミスするにしても自分からしっかり打って、自分のリターンを打っていく。

相手は「いない」と思って、打ち抜いて良い。

自分が良いボールを打つことに集中すれば、結果はおのずとついて来ますよ。

 

3.力のあるリターンは、相手前衛のポーチを弾いていく

例えクロスにリターン、相手がポーチに動いて来ても、良いんです。

しっかり気持ちがこもった、体重を乗せたリターン、に集中すれば、相手前衛もそう簡単には決められない。

ボレーのラケット、を弾いてくれると思いますよ。

迷いがあるリターンは軽い、ですけどね。

相手前衛がいない、と思ってしっかり打っていくリターン、ダブルスでは大事です。

そこで切り返されても、慌てない。

まずは自分の一球、に集中しましょう。

 

4.ブレイクポイントは、自分から獲りにいこう!

この意識、みんさん持ててますか?

どこかで、相手がダブったり、崩れたりすること、期待してないですか?

ブレイクポイント、は作るだけじゃダメ。

当たり前ですが、そのポイントを取らないと意味が無い、試合には勝てないんです。

だったら、相手の前衛に屈しない、無視してやるくらいの強気なメンタル、準備しておきましょう。

こういう感覚、が持てるようになると、試合に勝てる勝負師っぽくなってくる。

試合の雰囲気、を作っていくのは自分自身ですよ。

 

実際、相手の前衛は気にしても仕方ない。

良いリターン、を打つのを惑わそうとして相手も必死な訳ですから。

ここに屈しない、無視して良い。

試合の後半、相手の前衛はいない。

そうイメージして、ぜひ挑んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 【終了しました!4/16(土)レッスンイベント】佐藤博康プロと3時間 ダブルス練…
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    リターンはフォロースルーを短くするだけで、コントロールショットに早変わり出来る

    「リターンのコントロールが悪い」のは、特にダブルスで致命的。ク…

  2. リターン

    相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!

    アナタ自身が、リターンのときに。このチャンスタイムを使わない手…

  3. テニス ストローク
  4. テニス ストローク

    リターン

    勝ちたければ、アングルリターンを狙おう!

    リターンゲームで、何を武器に戦っていくのか。30-40、のよう…

  5. リターン

    ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える

    ダブルスの試合で、リターンからの攻撃パターン。簡単じゃないです…

  6. テニス メンタル

    リターン

    思い切りの良いリターンでは、「フォアかバックかを決めて待つ」くらいの気持ちが大事

    錦織選手の活躍のニュースが続く全仏オープン。何と言っても、リタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    「左利き vs 左利きの対戦で有効な、フォアハンドの回り込み」からの攻撃で意識し…
  2. ストローク

    シングルスの試合で必要な「ストロークのコースの打ち分け」は、打点2種類で準備して…
  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    マンネリ化しがちな「ボレーボレーの練習」の、最初の球出しを工夫すれば実戦的なメニ…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?
  5. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践…
PAGE TOP