テニス リターン

リターン

ダブルスの試合でのリターン、勝負どころでは「相手の前衛は、いない」ものと考えよう

これは私が普段、試合で使っているちょっとしたアイデア、です。

ダブルスの試合、リターンで強気に行きたい場面。

試合では、4-4で30-40、のブレイクポイント、のような場面ですね。

こういうときに、使って欲しい意識。

誰でも出来る、思い切ればリターンの精度は上がる。

きっと、迷いが消えてスッキリして、良い精神状態で入っていけるでしょう。

 

ダブルスの試合でのリターン、勝負どころでは「相手の前衛は、いない」ものと考えよう

 

1.相手の前衛を意識するのが、普通です

私もダブルスの試合、普通は相手の前衛を意識します。

なるべく裏をかいて、ロブやストレートアタック、も早めに入れていく。

でも、それはあくまで試合の序盤から中盤、ですかね。

試合の後半、本当に勝負どころのような場面では、あえて相手を気にしない。

前衛は、「いない」ものだと考えて、自分のリターンに集中する。

それくらいの意識、で良いと思いますよ。

 

2.怖いのは、プレッシャーに負けてネットミス、アウトミスになること

リターンで、これだけは避けない。

何より、相手を乗せてしまいますからね。

相手前衛に、ノリノリになられるのが一番辛いんですよ。

プレッシャーに屈して、リターン側が押されてしまうと試合の後半では挽回出来ない。

だから、ミスするにしても自分からしっかり打って、自分のリターンを打っていく。

相手は「いない」と思って、打ち抜いて良い。

自分が良いボールを打つことに集中すれば、結果はおのずとついて来ますよ。

 

3.力のあるリターンは、相手前衛のポーチを弾いていく

例えクロスにリターン、相手がポーチに動いて来ても、良いんです。

しっかり気持ちがこもった、体重を乗せたリターン、に集中すれば、相手前衛もそう簡単には決められない。

ボレーのラケット、を弾いてくれると思いますよ。

迷いがあるリターンは軽い、ですけどね。

相手前衛がいない、と思ってしっかり打っていくリターン、ダブルスでは大事です。

そこで切り返されても、慌てない。

まずは自分の一球、に集中しましょう。

 

4.ブレイクポイントは、自分から獲りにいこう!

この意識、みんさん持ててますか?

どこかで、相手がダブったり、崩れたりすること、期待してないですか?

ブレイクポイント、は作るだけじゃダメ。

当たり前ですが、そのポイントを取らないと意味が無い、試合には勝てないんです。

だったら、相手の前衛に屈しない、無視してやるくらいの強気なメンタル、準備しておきましょう。

こういう感覚、が持てるようになると、試合に勝てる勝負師っぽくなってくる。

試合の雰囲気、を作っていくのは自分自身ですよ。

 

実際、相手の前衛は気にしても仕方ない。

良いリターン、を打つのを惑わそうとして相手も必死な訳ですから。

ここに屈しない、無視して良い。

試合の後半、相手の前衛はいない。

そうイメージして、ぜひ挑んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス ロブ

    リターン

    下がってリターンすれば、大きく打てるメリットもある

    リターンの基本は、前に踏み込むこと。でも、全仏オープンの試合を…

  2. リターン

    リターンでのストレートアタックは、「コート後方に自分だけの的」を作って狙えば効果的

    リターンでストレートを狙うこと、ダブルスではよくありますよね。…

  3. テニス 練習

    リターン

    ストレートアタック、をリターンで成功させる5つのコツ

    ダブルスの試合で、リターンをストレートに打つ。これが精度高く…

  4. テニス 戦術

    リターン

    大事なポイントこそ、「ファーストサーブ、入ってこい!」のスタンスでリターンを

    テニスはメンタルより技術、ということを何度も書いて来ました。気…

  5. テニス メンタル

    リターン

    ノーアド形式でゲームを取れないのは、運が悪い?

    「いやー、運が無かった。ノーアド全部、取られちゃったよー」と、…

  6. テニス スマッシュ

    リターン

    セカンドリターン、という発想がすごく楽にさせてくれる

    試合の中で、リターンが入らないと落ち込んでしまう。まず返したい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 戦術

    戦術

    アナタが打ってくるのを、相手は待っている
  2. テニス シングルス

    日々の雑記

    テニスだけを教える仕事、ならテニスコーチなんて楽しく無い
  3. リターン

    リターンロブから相手を崩して、シンプルに決める方法
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    「強打しないボレー」こそ、アナタ自身が生き残る道である
  5. テニス スライス

    フットワーク

    テニスにおける「ネットプレーで広い守備範囲」を身に付ける為に必要なフットワークの…
PAGE TOP