テニス ストローク

リターン

シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を!

具体的なシチュエーションを、試合前に想像しておく。

そのポイントシチュエーションとして、一番に想定しておきたいのは、この場面。

競ったゲーム、の中でのブレイクポイント。

ここの場面でどういうプレーが出来るか、かアナタの強さを現しているのです。

 

シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を!

 


 

1.30-40の場面を作り、仕留めるのがテニスの試合の醍醐味

ブレイクポイントの重要性、アナタ自身理解出来ているでしょうか。

まぁ、毎回ブレイク合戦のような感じになっていたら、さほど気になることも無いかも知れません。

ですが、アナタがテニス選手として上を目指していくなら、基本的にブレイクポイントはそう多くない。

30-40、の場面で、いかに戦略的に準備出来るのか。

何も考えないで試合に入って、30-40の場面になるのか、それとも事前に準備出来るのか。

この差は、大きくなり結果となって現れていくでしょう。

 

2.自分が得意な鉄板パターン、を作っておこう

分かっていることはあります。

30-40なら、アドバンテージサイド、でのリターンになる。

であれば、アナタ自身やるべきことは見えて来る。

ダブルスなら、シングルスなら、どんなリターンがイメージ出来るでしょうか?

オススメは、回り込んでの逆クロスのフォアハンド。

右利きの方であれば特に広い範囲に打てる。

左利きの方でも、とにかく回り込んでショットを打つこと、が大事です。

回り込もうと決めておけば、プレーも思い切って出来る。

一度ぜひ、試してみて下さい。

 

3.思い切るには、ハッキリしたプレーが大事

ここを絶対に獲りたい!と思ったら、何かハッキリしたプレーを心がけること。

回り込む、と決めておけば、そこにもう迷いは無いですよね。

細かい戦術の準備も大事ですが、まずは自分の身体を動かして、ハッキリさせていくこと。

それこそが、勝利への第一歩です。

30-40の場面、もう今からしっかり準備しておきましょう。

どんなプレーでブレイク、出来る場面が浮かびますか?

 

ポイントごとに、自分が得意なパターンを決めておく。

といっても全シチュエーションは大変ですから、まずは30-40、で自分がリターンの場面から。

プロ選手の試合を観ていても、この場面がいかに大事かが分かりますよね。

ガッツリ攻撃して、相手にダメージを与えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. + POWER CUP について
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    回り込みの攻撃的なリターンを、いかに試合で活かせるか

    テニスの試合、工夫してすぐに勝てる技術があるなら・・・それはリターン。…

  2. リターン

    2ブレイクで、普通の人は気が緩む

    試合でリードしていたのに、逆転されてしまう。こういう試合の時に…

  3. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合、「スライスでのリターン」で絶対に試合での勝率は上がる

    シングルスの試合、勝てない選手はリターンが荒い。もったいないと…

  4. テニス テイクバック

    リターン

    「重たいサーブでバックハンドが振り負ける」ときには、グリップを持つ両手の間を少し空けるのも有り

    重たいファーストサーブ、試合でなかなかリターン出来ないときありますよね…

  5. テニス ロブ

    リターン

    強烈なサーブも無効化に出来る、「ブロックリターン」はしっかり身体を寄せて打とう

    相手サーブが強力で、自分のサーブが入らない。そこで策が無いと、…

  6. テニス ストローク

    リターン

    並行陣を崩すには、ファーストボレーをさせるところから

    前に詰めて来る相手に、プレッシャーを感じてしまう方へ。サーブ&…

特集記事

  1. テニス 戦術

    ボレー

    硬式テニスのボレーは、「ラケット面をしっかり作る」からコントロールできる!
  2. テニス スマッシュ

    ダブルス

    相手が深いボールをストロークで凌ぐときには、「基本はクロス」と決めてポーチに出よ…
  3. テニス トレーニング

    ストローク

    フォアが振れない、もしそれが深刻なら
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスでハイレベルな戦いになると、「ファーストボレーに前でプレッシャー」をかけ…
  5. ストローク

    フォアハンドストロークのパワーアップ、左手使えてる?
PAGE TOP