テニス ダブルス

シングルス

シングルスでのネットプレーは、「ドロップボレーで終わる」で良い

全豪オープンが地上波で放送され、皆さんも観る機会が多いと思います。

シングルスの試合を観ていて、気付いた点はありませんか?

そう、今年はネットプレーを積極的に入れていく選手が多い。

その中で、こういう意識は持っておいて損は無い、です!

 

シングルスでのネットプレーは、「ドロップボレーで終わる」で良い

 


 

1.走らせてからのパッシングショット、は落ち着いて返球すれば怖くない

相手を走らせるボレー、がシングルスでは基本。

よほどのゆっくりしたネット際のチャンス、で無い限りは、ボレーのスピードで相手を凌駕する必要は無い。

むしろ、絶対にミスが増える。

相手をしっかり走らせた後のパッシングショットであれば、しっかり「ふさぐ」ことが大事。

ふさいで「前」に落とすイメージで終わる、ドロップボレーがフィニッシュになる。

それも、厳しいネット際に落とす必要なんてない。

シングルスの試合なら、相手と反対側の前に落とすことが出来れば、走っても間に合わないのですから。

 

2.右に走らせたら左前、左に走らせたら右前、に落とす準備を

コツとしては、相手が打つ前にコースを決める。

相手が打った瞬間に、そのコースにドロップボレーを打つラケット面を作る。

この速さが、成功の秘訣です。

相手が打ってからではなく、打つ前にイメージと準備、が出来ているから安定して落ち着いてドロップボレーで前に落とせる。

相手を走らせて、反対側の前、という意識は強く持っておきましょう。

パッシングショットをしっかり打たれても、低い軌道でも、フワッとゆっくりで良い。

ドロップボレーのような短いボレーで終わる、のがシングルスのネットプレーの新しい基本です。

 

3.意識はゴールキーパー!

アナタのイメージとしては、サッカーのゴールキーパー!

とにかく死んでも、自分の後ろにボールを送らせない、ことが大事。

つまり、相手が走って打つショットに対して、まずはしっかり触る、そして相手がいない場所に運ぶ。

相手が打てるコースの、しっかり真ん中に立てるようにしたいですよね。

ネットに出る、そのポジションも大事です。

追い込んでいるのに横を抜かれたのであれば、それはポジショニングミスかも知れない。

練習から相手に感触を聞いて、「嫌な位置から、嫌なボレー」が打てるように練習しましょう!

 

ドロップ系のボレーは、難しくない。

低い軌道のボレーを、深く返球する方が力加減が難しい。

シングルスの試合なら、相手も一人。

しっかり走らせて、前で決める。

これで勝ち上がれる試合、もっと増えると思います。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる

    シングルスの試合と、ダブルスの試合。特に学生の皆さんの試合だと…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合を「1日3試合勝ち抜く」為に必要な考え方5つ

    テニスの大会、トーナメントは過酷です。1日に何試合もこなさなけ…

  3. テニス 準備

    シングルス

    浅いボールで崩されていること、に気付けない人に上達は無い

    「いやー、チャンスを決められなかったな・・・」と、自分では思っているの…

  4. シングルス

    相手を恐れていては、シングルスは勝負出来ない

    戦う前から、相手が怖い。すごく、分かります。試合では…

  5. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に見る、フェデラー選手の変化できる凄みとは?

    今年の全米オープンは、男子はジョコビッチ選手の優勝で幕を閉じました。…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦える

    シングルスの試合で、やはり鬼門となるのはバックハンド。当然、相…

特集記事

  1. 戦術

    対戦相手は、亀かウサギか
  2. その他

    「気を付けろ!スポーツドリンク!」試合に出るテニス選手に必要な意識改革
  3. 戦術

    ラリーが続くと力んでくる、のはまだまだ試合中級者
  4. スマッシュ

    コートに叩きつけるスマッシュやハイボレーは、「インパクトと同時にラケットを引く」…
  5. テニス 練習

    ボレー

    なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?
PAGE TOP