テニス ダブルス

シングルス

シングルスでのネットプレーは、「ドロップボレーで終わる」で良い

全豪オープンが地上波で放送され、皆さんも観る機会が多いと思います。

シングルスの試合を観ていて、気付いた点はありませんか?

そう、今年はネットプレーを積極的に入れていく選手が多い。

その中で、こういう意識は持っておいて損は無い、です!

 

シングルスでのネットプレーは、「ドロップボレーで終わる」で良い

 


 

1.走らせてからのパッシングショット、は落ち着いて返球すれば怖くない

相手を走らせるボレー、がシングルスでは基本。

よほどのゆっくりしたネット際のチャンス、で無い限りは、ボレーのスピードで相手を凌駕する必要は無い。

むしろ、絶対にミスが増える。

相手をしっかり走らせた後のパッシングショットであれば、しっかり「ふさぐ」ことが大事。

ふさいで「前」に落とすイメージで終わる、ドロップボレーがフィニッシュになる。

それも、厳しいネット際に落とす必要なんてない。

シングルスの試合なら、相手と反対側の前に落とすことが出来れば、走っても間に合わないのですから。

 

2.右に走らせたら左前、左に走らせたら右前、に落とす準備を

コツとしては、相手が打つ前にコースを決める。

相手が打った瞬間に、そのコースにドロップボレーを打つラケット面を作る。

この速さが、成功の秘訣です。

相手が打ってからではなく、打つ前にイメージと準備、が出来ているから安定して落ち着いてドロップボレーで前に落とせる。

相手を走らせて、反対側の前、という意識は強く持っておきましょう。

パッシングショットをしっかり打たれても、低い軌道でも、フワッとゆっくりで良い。

ドロップボレーのような短いボレーで終わる、のがシングルスのネットプレーの新しい基本です。

 

3.意識はゴールキーパー!

アナタのイメージとしては、サッカーのゴールキーパー!

とにかく死んでも、自分の後ろにボールを送らせない、ことが大事。

つまり、相手が走って打つショットに対して、まずはしっかり触る、そして相手がいない場所に運ぶ。

相手が打てるコースの、しっかり真ん中に立てるようにしたいですよね。

ネットに出る、そのポジションも大事です。

追い込んでいるのに横を抜かれたのであれば、それはポジショニングミスかも知れない。

練習から相手に感触を聞いて、「嫌な位置から、嫌なボレー」が打てるように練習しましょう!

 

ドロップ系のボレーは、難しくない。

低い軌道のボレーを、深く返球する方が力加減が難しい。

シングルスの試合なら、相手も一人。

しっかり走らせて、前で決める。

これで勝ち上がれる試合、もっと増えると思います。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は「攻撃をしかけるタイミングが大事!」攻め急いでも自滅するだけ

    ジョコビッチ選手、またマレー選手に代表されるように、テニスのシングルス…

  2. テニス 部活

    シングルス

    シングルスの試合の中で、「技術はあるのに、先にミスして自滅していく人」に共通すること5つ

    シングルスの試合で、「この人テニスの技術は上手いのに、何で勝てないんだ…

  3. テニス シングルス
  4. テニス サーブ

    シングルス

    「シングルスでのサーブ&ボレー」は、戦略的に使えば試合を優位に進められる!

    自分はストローク主体のプレースタイルだし、サーブもそんなに強くないから…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?

    人は、誰でも恥をかくことが怖い。テニスの試合でも、格下相手の選…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ストローク

    アウトミスならOK、でいこう!
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「最先端のビッグサーバー対抗術」錦織選手の戦い方に観る、テニスの試合での攻略法4…
  3. テニス 客観視

    メンタル

    自然と結果が付いて来る人、いつまでも他人と比べたがる人
  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの壁は、前足で作る!
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスにおいて延長戦は、他種目以上に日常茶飯事です
PAGE TOP