テニス メンタル

シングルス

シングルスのラリー戦では、「チャンスを引き出すボール」を自分の武器として磨いていこう!

シングルスの試合で、アナタの武器は何ですか?

フォアハンド?ネットプレー?

色々あると思いますが、それってエースを獲るようなボールを打てるショット、ではないでしょうか。

でも本当に大事なのは、そのショット打てるようなボールを引き出す、一つ前のショット。

この「チャンスを作れるショット」こそ、アナタ自身の武器として磨いていくことが試合で勝つうえで大事です。

 

シングルスのラリー戦では、「チャンスを引き出すボール」を自分の武器として磨いていこう!

 


 

■相手のバックハンドを深くえぐる、そんなショットが欲しい

シングルスの試合、やはり基本は相手のバックハンド狙い。

ストロークのラリー戦の中から、相手のバックハンドを深くえぐるようなショットをしっかり磨きましょう。

まずは回り込みフォアハンドで、相手のバック側を狙うのが基本スタンスです。

バックハンドでもフォアハンドでも、ある程度コントロールが出来るボールは相手のバック側に深く伸びのあるボールを打てるように。

チャンスを引き出す為に、ミスしない程度、7割くらいの力で打つのがちょうど良い。

女性の選手の方も、普段の練習からしっかり練習しておきましょう。

 

■深いボールとセットで磨きたい、短いボール

深くえぐるボールを相手に印象付けたら、今度は前を使う。

同じようなボールを繰り返していても、相手は慣れてなかなかチャンスをくれなくなります。

であれば前、ショートクロス気味のボールをバック側に打ってみるのも有効です。

両手バックハンドストロークが得意な相手には、特に大事な作戦ですね。

ただバック側を狙うのではなく、中盤から後半には前後のバリエーションを加えましょう。

それだけできっと相手は、かなりやり辛いはずです。

 

■ファーストサーブからは確実にチャンスを引き出したい、拡げたい

ファーストサーブからも、しっかりチャンスを引き出したい。

相手のリターンからの3球目のボールは、自分が得意な「チャンスを引き出すボール」を打って展開していけるようにしましょう。

リターンが甘くなれば、もちろん決めてもOK。

ファーストサーブが入っているのに、ダラダララリーをしているのも、もったいない話。

試合にはメリハリ、が必要ですのでしっかり意識していきましょう。

 

テニスのようなラリースポーツでは、チャンスは作る、拡げる、決める。

この「拡げる」という過程が抜け落ちてしまっている選手が、何と多いことか・・・。

学生の皆さんで、技術はあるのに勝てないという選手はまさにこのタイプ。

どんなに強力なショットを持っていても、それが充分に打てる態勢に入らなければ、ただの無謀な冒険です。

シングルスの試合では特に、この3段階のステップを意識して試合を進めていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. シングルス

    「シングルスの戦い方」はテニスの試合ではシンプルに考えて実践!

    シングルスの時、どういう作戦でプレーする?相手によって変わって…

  2. シングルス

    「シングルスの相手が格上過ぎて、手立てが無い…」ときに粘る為に、必要なセンター返球セオリー

    シングルスで格上シード選手と対戦。粘りたいけど、どんどん打ち込…

  3. テニス シングルス

    シングルス

    アナタのシングルスの試合を勝利に導く、30のポイント

    シングルスの試合、自分一人の孤独の戦い。だからこそ、勝っても負…

  4. シングルス

    「速い球よりも、コートの端にゆっくりしたボールを打つ」方が試合では勝てる

    シングルスの試合、皆さんはコントロールをどの程度意識出来ていますか?…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    スライスで遠くのボールを凌ぐ、シングルスのストローク術5つ

    シングルスの試合、これが出来ないとなかなか上に勝ち上がれない。…

  6. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合、苦しければとにかくセンター深くに返球を

    シングルスの試合で、相手から押される苦しい場面。なぜか、こうい…

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    逆クロスのストロークは、腕先よりも身体の向きでコントロール
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    1点をチーム全員で争う野球、ほどの怖さはテニスには無いはず
  3. テニス 準備

    その他

    テニスオタクな彼と付き合うと気付く(はず)、な10のメリット
  4. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合で序盤のゲームでは、「セオリーの逆」を早めに相手に見せておくと精神的…
  5. テニス ロブ

    ストローク

    ストロークでリラックスして打てない人は、「重力だけでラケットダウン」を実践してみ…
PAGE TOP