テニス メンタル

シングルス

シングルスのラリー戦では、「チャンスを引き出すボール」を自分の武器として磨いていこう!

シングルスの試合で、アナタの武器は何ですか?

フォアハンド?ネットプレー?

色々あると思いますが、それってエースを獲るようなボールを打てるショット、ではないでしょうか。

でも本当に大事なのは、そのショット打てるようなボールを引き出す、一つ前のショット。

この「チャンスを作れるショット」こそ、アナタ自身の武器として磨いていくことが試合で勝つうえで大事です。

 

シングルスのラリー戦では、「チャンスを引き出すボール」を自分の武器として磨いていこう!

 


 

■相手のバックハンドを深くえぐる、そんなショットが欲しい

シングルスの試合、やはり基本は相手のバックハンド狙い。

ストロークのラリー戦の中から、相手のバックハンドを深くえぐるようなショットをしっかり磨きましょう。

まずは回り込みフォアハンドで、相手のバック側を狙うのが基本スタンスです。

バックハンドでもフォアハンドでも、ある程度コントロールが出来るボールは相手のバック側に深く伸びのあるボールを打てるように。

チャンスを引き出す為に、ミスしない程度、7割くらいの力で打つのがちょうど良い。

女性の選手の方も、普段の練習からしっかり練習しておきましょう。

 

■深いボールとセットで磨きたい、短いボール

深くえぐるボールを相手に印象付けたら、今度は前を使う。

同じようなボールを繰り返していても、相手は慣れてなかなかチャンスをくれなくなります。

であれば前、ショートクロス気味のボールをバック側に打ってみるのも有効です。

両手バックハンドストロークが得意な相手には、特に大事な作戦ですね。

ただバック側を狙うのではなく、中盤から後半には前後のバリエーションを加えましょう。

それだけできっと相手は、かなりやり辛いはずです。

 

■ファーストサーブからは確実にチャンスを引き出したい、拡げたい

ファーストサーブからも、しっかりチャンスを引き出したい。

相手のリターンからの3球目のボールは、自分が得意な「チャンスを引き出すボール」を打って展開していけるようにしましょう。

リターンが甘くなれば、もちろん決めてもOK。

ファーストサーブが入っているのに、ダラダララリーをしているのも、もったいない話。

試合にはメリハリ、が必要ですのでしっかり意識していきましょう。

 

テニスのようなラリースポーツでは、チャンスは作る、拡げる、決める。

この「拡げる」という過程が抜け落ちてしまっている選手が、何と多いことか・・・。

学生の皆さんで、技術はあるのに勝てないという選手はまさにこのタイプ。

どんなに強力なショットを持っていても、それが充分に打てる態勢に入らなければ、ただの無謀な冒険です。

シングルスの試合では特に、この3段階のステップを意識して試合を進めていきましょう。

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス 準備

    シングルス

    浅いボールで崩されていること、に気付けない人に上達は無い

    「いやー、チャンスを決められなかったな・・・」と、自分では思っているの…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?

    対戦相手には、色々なタイプがある。とにかくバンバン打ってきて、…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「長いラリーは自分のペース」と思えるように

    シングルスの試合に勝てない人には、ある共通の苦手意識がある。そ…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事

    テニスの試合、特にシングルスの試合で苦労すること。漠然と、相手…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが大事です

    シングルスの試合では、ストローク戦が多い。サーブ&ボレーヤーも…

  6. シングルス

    テニスの試合、我慢こそ運を呼ぶきっかけになる

    テニスの試合、最後に勝てる人は我慢が出来る。序盤にしっかり、…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    新しく習ったこと、覚えたことは、「どんどん後輩に伝えていくこと」で本物の理解につ…
  2. 戦術

    テニスの立体化改革、2020年
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ
  4. テニス 練習

    戦術

    自分の多い失点パターンを、もう一度考えてみよう
  5. テニス メンタル

    戦術

    アイツに任せておけば大丈夫!と頼られる選手は、どんな選手ですか?
PAGE TOP