テニス 打点

シングルス

テニスのシングルスの試合で、「我慢が必要な場面」を理解しておこう

テニスの試合、特にシングルスの試合は「我慢」が必要な場面がある。

競った試合、実力が拮抗している試合では、その我慢をいかに出来るのか・・・が、勝敗を分ける。

でも、我慢だけだと厳しい。

それをしっかり理解しておけば、きっと試合の中で実践出来るはずです。

 

テニスのシングルスの試合で、「我慢が必要な場面」を理解しておこう

 


 

1.我慢が必要なのは、実は「試合の序盤」である

皆さんのイメージ、どうでしょう。

シングルスの試合、試合の終盤には耐えて、耐えて・・・。

でも、それって実は非効率的。

試合の序盤こそ、実は我慢が必要。

「我慢って、要は粘ること?シコること?」と思う方も、多いでしょう。

そういうのは、我慢のようでちょっと違う。

我慢とは、「なるべく失点する確率を減らす」ことだと私は思うんです。

 

3.失点を減らす方法、いくつあるだろう?

まずは、失点の代表格「ダブルフォルト」。

これを減らすには、当然ですがファーストサーブを入れていくことが大事。

そしてリターンミス、を減らすには・・・何が出来ますか?

しっかりコースを観察して、少しでも踏み込んで打てればネットミスが減る。

相手のフォアハンドの回り込みで失点が多い、ならどうでしょう?

バックハンド狙いを変えてフォアハンドのオープンスペースにあえて配球する、ことも大事ですよね。

つまり、主役を自分ではなく相手におく。

これが、意外と出来ないのがテニスなんです。

 

3.「我慢のテニス」とは、つまり「相手ありき」のテニス

私はこう考えるようにしています。

我慢のテニスとは、相手に合わせたテニス。

相手に合わせて、自分の失点を減らす。

ダブルフォルトが多いのは自分の責任?

いや、きっと相手のリターンを警戒し過ぎて、力が入っているときじゃないですか?

そんな自分勝手なテニス、ではなくて相手ありきのテニスを考えてみる。

自分の失点を、相手に応じた作戦で減らしていく。

それが我慢のテニス、と言えるでしょう。

 

もちろん、我慢だけがテニスじゃない。

思い切って、相手関係なく打っていく、得意のプレーを実施していく場面も必要でしょう。

ですが試合の序盤にコケてしまうと、そんな終盤も迎えられない。

このことだけは覚えておいて下さい。

それに、我慢のテニス・・・そんなに辛くは無いですよ。

自分本位のテニスをして負けていく方が、私は辛いです。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術

    シングルスの試合で勝ち進みたいけど、ダブルスよりも何処に打って良いか分…

  2. シングルス

    シングルスの試合で、全くネットに出てこない相手ほど楽な相手はいない

    シングルスの試合で戦っていて、みなさん感じることはありませんか?…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で浅いボールは、一貫して相手の逆を突こう

    プロ選手の試合を見ていると、シングルスの試合での攻撃にリズムがある。…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?

    人は、誰でも恥をかくことが怖い。テニスの試合でも、格下相手の選…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    「バウンド後に外に逃げていくストローク」を打っていこう

    シングルスの試合で、求められるストローク。それは、外に逃げてい…

  6. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、遅いボールで相手を動かすことが大事

    良いショットを打っていても、なぜか試合で決まらない。自分の攻め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    ストロークラリーの中で、「相手が当たり損ないでミス」をしたときには、更にボールを…
  2. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手の得意コースを見抜く方法」を教えます
  3. ボレー

    相手が態勢を崩したら、前衛は動くのがダブルスの基本
  4. テニス メンタル

    メンタル

    勝ちたいという想いが周りに伝わらない選手は、最期まで勝てない選手で終わる
  5. 食事

    シングルス

    シングルスで結果を出してこそ、アナタは本物の自信を入れ得るとこが出来る
PAGE TOP