テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合は「攻撃をしかけるタイミングが大事!」攻め急いでも自滅するだけ

ジョコビッチ選手、またマレー選手に代表されるように、テニスのシングルスでは「攻撃に慎重な選手」が、現代では強い。

相手から攻撃されても、いつの間にか主導権を奪い返してコートの中に入って立場が逆転。

アナタのシングルスでも、この「攻撃のタイミング」に関してはたくさんのヒントがあるはず。

一緒に考えていきましょう。

 

シングルスの試合は「攻撃をしかけるタイミングが大事!」攻め急いでも自滅するだけ

 


 

■現代テニスのシングルスは、「アグレッシブディフェンス」が主流

相手の攻撃を、受け止めて少しずすペースをつかんで反撃していく。

正直、格下相手にはこれだけで充分勝てます。

ジョコビッチ選手、マレー選手が、格下相手に負ける機会ってすごく少ないですよね。

リスクを冒さず、相手にリスクを冒させる。

そう、冒させるものは、「攻め急がせる」というリスクになります。

 

■自分の攻撃パターン、ポジションの約束事を決めておく

アナタ自身、攻撃していくのはどんなタイミングですか?

チャンスだ!浅い!と思って前に行っても、それはもう遅いのかも知れません。

相手を崩したと感じたら、少しでもアナタのポジションを相手が打つ前に前にしておく。

ベースライン後ろ、からライン上、そしてデッドゾーンと、ポジションで攻撃できる球種も異なってきます。

どんな場所から、どんなプレーができるかを、アナタ自身で考えてみて下さい。

 

■格下相手には、ネットプレーは必要無い!?

相手を少しずつ追い込めば、デッドゾーンの少し前、サービスラインあたりではもうフィニッシュできるでしょう。

それより前でのネットプレーには、かなりリスクが伴い守備力が低下します。

時にはそういった思い切った攻めも必要ですが、基本的に「じっくり攻めて勝てる」相手であれば、サービスライン付近で終わらせる。

理想では、それまでに相手が無理をしてミスしてくれる、そんな流れを作れるとベストです。

 

テニスのシングルスの試合では、勝つのはもちろん、できるだけ消耗したくない。

そう考えるのであれば、こういった攻め急がずに相手を追い込む考え方は必須です。

スコアをもつれさせない為には、アナタのテニスを少しディフェンシブにすることで、解決するかも知れません。

トーナメントを勝ち抜く術として、普段の練習から「攻撃のタイミング」について考えて実践してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は、テニスにおける健康診断

    シングルスの試合よりも、ダブルスの試合中心。そんな方も、実際多…

  2. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスに強い選手が、ネットプレーで考えていること

    シングルスに強い選手が、ネットプレーで考えていること。これは、…

  3. シングルス

    ジョコビッチ選手に見る「シングルスでのコートカバーリング」の技術4つ

    今年のグランドスラム、男子シングルスはまさにジョコビッチ選手の独壇場で…

  4. テニス スライス

    シングルス

    シングルスの試合の基本、「ドロップショットはドロップショット返し」が出来ないと試合で辛い

    今日からデビスカップの初戦、日本対イギリスの試合が始まりました。…

  5. シングルス

    シングルスのネットプレーに必要な、基本ポジショニングの意識

    シングルスの試合でも、ネットプレーが必要なのは分かった・・・けど・・・…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

    オムニコートでの試合、先日のインターハイをネットで観戦していたときに、…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、パッシングショットの使い方の大原則とは?
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    対並行陣の武器、はどう使っていけば良い?
  3. リターン

    センターへのサーブこそ、前に踏み込んでリターンしていこう!
  4. テニス テイクバック

    ストローク

    「片手バックから両手バックへ」テニスの技術は終わり無き模索の連続です
  5. メンタル

    自分の壁を感じる力、でしか成長出来ない
PAGE TOP