テニス 雨

メンタル

テニスの試合では、「やらないといけないこと」よりも「やらないで良いこと」をハッキリさせておけば勝てる!

事前の準備、の大切さは何度も書いてお伝えしてきました。

ですが、頭の中がパンクするくらいやること、やるべきことを詰め込んでも、もしかしたらプレーの邪魔になってしまう可能性もある。

出来なかったときには落ち込むし、逆に試合で結果が出辛くなってしまっている人も、もしかしたら多いんじゃないでしょうか。

そんなときは発想を変えて、「やらなくて良いこと」を決めて、徹底的に排除する。

やらないこと、を決めておくと結構試合中でも精神的にも楽になれますよ。

 

テニスの試合では、「やらないといけないこと」よりも「やらないで良いこと」をハッキリさせておけば勝てる!

 


 

■やらなくて良いこと、はテニスの試合の中でたくさんある!

まず多いのが、ダブルスでペアに「謝る」。

当たり前ですが、謝ってもポイントは元に戻りませんし、どうにもならない。

だったら次頑張ろうよ、というだけの話ですから謝ることに私は意味は無いと思っています。

他には、失ったポイントを悔しがること。

表情や声に出したりしても、相手を「乗せて」しまうだけ。

むしろ堂々として、「今のはミスじゃない、いつもは入るんだ・・・」という感じで見せていたほうが相手は嫌ですよね。

 

■前日の準備として、ゲームはしない、夜更かしもしない

早く寝る、ことは試合の準備として最低限必要。

だからこそ、やらないことを決めましょう。

ゲーム、友達との長いLINE、こういったものを排除するだけで、早く就寝出来るだけでなく、気持ちも試合に向けて整理出来る。

不安を取り除こうとしてゲームや友達に逃げても、それは良い結果を導かないでしょう。

 

■技術的な確認も、「やらないこと」をベースに考えておく

例えばセカンドサーブ。

「入れにいくことをしない」と決めておけば、しっかりラケットを振り切れる。

事前に決めた作戦だから、もしそれでダブルフォルトしても、後悔はしないですよね。

テニスの試合に勝てないときって、迷いながら揺れながら、自信が無いままに進んでいるとき。

そんな感じにならないためには、「やらないこと」を整理して決めておくと良いでしょう!

 

やらないことをハッキリさせると、結構得るものがあります。

練習から、もしかしたらアナタにとって「当たり前」にあるものが「やらないほうが良いこと」になっているかも・・・。

一度先入観を取っ払って、考えてみましょう。

試合の中で本当に必要なもの、を残してあとはやらない。

シンプルが一番、です。

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス 雨

    メンタル

    大事な試合の後は、一人で帰ろう

    みなさんの中にも、「忘れられない試合」ってあると思います。勝つ…

  2. テニス 部活

    メンタル

    テニスの練習や試合では、「その場で強く頭に刷り込む」意識の方が大事

    以前に、合同での練習会、講習会をしたときのことです。練習の合間…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「声を出してうるさい相手」ほど、黙らせれば楽に勝てる

    テニスの試合、どの会場にいてもうるさい選手はいる。声を出して試…

  4. メンタル

    即効!試合前に5分で出来る、メンタル整理術

    試合前に、毎回私がやっていること。今回は、すごくシンプルですが…

  5. メンタル

    勝つか負けるか、ばかり考えてない?

    試合に勝ちたい人の為に、ヒントを。これがT-PRESSのメイン…

  6. テニス ミス

    メンタル

    「自分はミスをする人間である」と考えておけば、自然にメンタルは強くなる

    皆さんは試合中、「ミスは多い方」だと思いますか?試合以外の場所…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    手のサイズが大きい、指が長い男子選手は・・・?
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ペアで実力差があるときは、逆に活かす道を
  3. フットワーク

    「足を動かせ!」と怒られない為にテニスのフットワークに意識改革を!
  4. ストローク

    「侮るなスライス」テニスの試合で、相手にプレッシャーをかけ続ける粘りを取り入れよ…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「振り抜いた後に、最後は惰性」が切れ味鋭いストローク
PAGE TOP