テニス 雨

メンタル

テニスの試合では、「やらないといけないこと」よりも「やらないで良いこと」をハッキリさせておけば勝てる!

事前の準備、の大切さは何度も書いてお伝えしてきました。

ですが、頭の中がパンクするくらいやること、やるべきことを詰め込んでも、もしかしたらプレーの邪魔になってしまう可能性もある。

出来なかったときには落ち込むし、逆に試合で結果が出辛くなってしまっている人も、もしかしたら多いんじゃないでしょうか。

そんなときは発想を変えて、「やらなくて良いこと」を決めて、徹底的に排除する。

やらないこと、を決めておくと結構試合中でも精神的にも楽になれますよ。

 

テニスの試合では、「やらないといけないこと」よりも「やらないで良いこと」をハッキリさせておけば勝てる!

 


 

■やらなくて良いこと、はテニスの試合の中でたくさんある!

まず多いのが、ダブルスでペアに「謝る」。

当たり前ですが、謝ってもポイントは元に戻りませんし、どうにもならない。

だったら次頑張ろうよ、というだけの話ですから謝ることに私は意味は無いと思っています。

他には、失ったポイントを悔しがること。

表情や声に出したりしても、相手を「乗せて」しまうだけ。

むしろ堂々として、「今のはミスじゃない、いつもは入るんだ・・・」という感じで見せていたほうが相手は嫌ですよね。

 

■前日の準備として、ゲームはしない、夜更かしもしない

早く寝る、ことは試合の準備として最低限必要。

だからこそ、やらないことを決めましょう。

ゲーム、友達との長いLINE、こういったものを排除するだけで、早く就寝出来るだけでなく、気持ちも試合に向けて整理出来る。

不安を取り除こうとしてゲームや友達に逃げても、それは良い結果を導かないでしょう。

 

■技術的な確認も、「やらないこと」をベースに考えておく

例えばセカンドサーブ。

「入れにいくことをしない」と決めておけば、しっかりラケットを振り切れる。

事前に決めた作戦だから、もしそれでダブルフォルトしても、後悔はしないですよね。

テニスの試合に勝てないときって、迷いながら揺れながら、自信が無いままに進んでいるとき。

そんな感じにならないためには、「やらないこと」を整理して決めておくと良いでしょう!

 

やらないことをハッキリさせると、結構得るものがあります。

練習から、もしかしたらアナタにとって「当たり前」にあるものが「やらないほうが良いこと」になっているかも・・・。

一度先入観を取っ払って、考えてみましょう。

試合の中で本当に必要なもの、を残してあとはやらない。

シンプルが一番、です。

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 【終了しました】佐藤博康プロと4時間みっちり男子シングルス練習会
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「練習では色々出来るのに、試合になると何も出来ない」人は、どんな意識で試合に臨めば良い?

    練習と試合では、やっていることが違い過ぎる人。練習では得意なシ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    試合で失敗出来ない雰囲気は、自分で勝手に作り出している

    試合で緊張しない人、いないと思います。でも、その雰囲気って・・…

  3. メンタル

    「このポイントは欲しい!」という場面で、私が考えていること

    試合は競ったまま終盤に、4-4で、デュースに入って…。正直、…

  4. メンタル

    負けること以上に、勝つことから逃げてはいけない

    テニスの試合は、必ず勝敗が付く。当然勝ちたいし、その為に頑張…

  5. メンタル

    テニスの試合、「自分が苦しいときは、相手も苦しい」のだから、乗り越えた選手が勝つのは当たり前

    テニスの試合、弱い人は思考に特徴がある。「苦しいのは、自分だけ…

  6. テニス トレーニング

    メンタル

    どんなに良いテニスをしていても、「試合に勝利」という結果が出ないと自信もプライドも身に付かない

    「勝てなかったけど、良い試合」という経験、皆さんもあると思います。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩を支点にしたスライスを覚えよう!
  2. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本的な前衛の動き、「チェンジ」がしっかりできる人は意外と少ない
  4. 戦術

    基本をしっかり見せておくことが、後半の奇策に効いてくる
  5. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合は、残酷ですが「勝敗を分けるのは、ほんの僅かだけど大きい差」であるこ…
PAGE TOP