テニス ストローク

戦術

「次やったら勝てないな」で、良い

目次

みなさんは、こんな経験無いですか?

強い相手との試合、なんとか、なんとか勝つことが出来て…試合後に、実感すること。

「もう、次やったら勝てないな」

これ、実はすごく大事な感覚なんです。

これを味わって勝てるようになれば、トーナメントでもシード選手に勝てるようになる。

まだまだ、実力不足?

いえ、今のアナタ自身の力と考え方で、必ず勝てるようになります!

相手の調子が上がらないまま、勝つ

このイメージで、試合に入ろう

とにかく、私はこれしか考えていません。

いかに、相手の調子を崩すのか。

その為に、自分のテニスを選んで、実行していく。

姑息な手段のように見えるかもしれませんが、これがテニスの試合では非常に大事。

アナタ自身のナイスショットを打ち切ること、それだけが試合の目的になってはいけない。

と言いますか、それだと勝てないんですよね。

相手の調子は、なぜ上がるのか?

これについて、真剣に考えたことはありますか?

相手の調子が上がるタイミング、それは試合の中で確実にあります。

例えば、プレッシャーが少なくなった時。

それから、アナタのボールが単調で、同じような軌道のボールばかりになっている時。

そうなれば、調子が上がる、調整が効いて来るのが当たり前。

出来るだけ、プレッシャーをかけて的を絞らせない。

そういうショットの選択、バリエーションが求められるんです。

1試合、1セットを乗り切れば良い

テニスの試合は、言ってもそう長くはありません。

私たちの試合は、ほとんどが1セットマッチか、8ゲームでしょう。

そうなれば、チャンスはある。

相手が調整している段階で、試合を終わらせることが出来れば、勝てる。

もう1回やったら負ける、と思えるくらい、ギリギリのところで相手をかわしていく。

それで勝てる試合、というのを癖付けていければ良い。

格上に勝てた試合って、結果的にそういう試合が多いと思いますよ。

求められる「遅さ」とは?

なぜ、強い選手は「遅いサーブ」を持っているのか

私が最近、感じていること。

佐藤プロ、土居コーチにしてもそうですが、相手のリターンを上手く外すんですよね。

遅いサーブを打って、相手を崩す。

それまでは速いサーブを打っているけど、フッと抜いたようなサーブを打って、タイミングをずらす。

こういうサーブが打てると、相手の調子は上がらない。

いや、上げさせない工夫と技術、勇気があるんです。

遅い=叩かれる、は偏見

強い相手に、遅いボールを打つ勇気。

これは、試合で本当に求められる大事な要素です。

速いボールが必要、ということは、それだけアナタ自身が追い込まれているということ。

相手は速いボールを待っているのに、それを打ってしまうから相手の調子も上がる。

遅く打つ勇気、これがあれば試合に勝てる。

いや、2試合目は分かりません、相手だってそれに合わせて来ますから。

でも、1試合前なら駆け引きで勝てる、崩せる。

これが大事、だと私は考えています。

相手の立場で、考えれば勝てる

全て、大事なのはこの発想です。

相手の立場になって、考えてみる。

相手が、何を考えているのかを、想像してみる。

これがしっかり出来れば、自然と遅いボールを打てるようになるはず。

試合って、相手を受け入れて、想像すること。

次にやったら負ける、と思えるのも、相手の考えを想像しているからこそ生まれる発想ですよね。

「実力では勝ってるのに…悔しい!」と、思ってもらえるかどうか。

どうでしょう、みなさんの試合でイメージ湧きますか??

身近な人から、真似てみよう

みなさんの周りでも、試合に強い人はいるはずです。

勝負強く、格上の選手にもチャンスを作って、勝ってしまう人。

こういう人は、自然とその強さを生み出す習慣が出来ている。

だからこそ、しっかり観察して真似てみましょう。

ちょっとした仕草、配球、観察。

メンタルの強さ、と言うと目に見えない抽象的なイメージですが、もっと具体的な「何か」があるはず。

ぜひ、意識してみて下さい。

2試合目は勝てないけど、1試合目は勝つ!!という、新年の元に。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせているか?」が大事なはず

    私自身、試合で意識していること。それは、自分が打っているボール…

  2. テニス サーブ

    戦術

    テニスコートの現場から離れて時間が経つと、みんな上から目線になっていく

    久しぶりに元テニス仲間、と会ったりして話すと感じること。「あ、…

  3. テニス ボレー

    戦術

    あえて言います、40-40の1本勝負では、強気でいきましょう!

    これは、最近の私のテーマでもあります。今までは、ダブルスの試合…

  4. 戦術

    「相手の動きを止める3つの方法」テニスの試合で有効な攻撃パターンを考えてみる

    対戦相手の足が速い・・・なんて言うのは面倒。がら空きの状態で「…

  5. 戦術

    組み立ての基本は、楽なショットを空きスペースに

    「今のは、良いポイントだったな・・・」と、思える瞬間。それは、…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「オムニコートが得意な選手」と、「ハードコートが得意な選手」

    テニスの試合、多くは2つのサーフェスで行われる。オムニコートと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ロブ

    練習メニュー

    テニスコートを効率良く使って行う、「2対1のボレー対ストローク」の練習メニュー
  2. テニス ボレー

    ボレー

    安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない…
  3. ダブルス

    ダブルスの前衛で粋な計らい、それは「ペアのサーバーが打ちやすいコース」を空けてあ…
  4. テニス ダブルス

    メンタル

    ミスの後始末を、自分で全て背負うからドロ沼にはまる
  5. メンタル

    テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているの…
PAGE TOP