フットワーク

センターからセンター、だけじゃ勝てない

ダブルスの試合は、センターセオリー。

真ん中を攻め、その返球はまた相手の真ん中、センターを攻撃していくのが通例ですよね。

でも、当然相手だってそれは分かっている。

お互いにずっと2人の間、センターを狙っていては、らちがあかない。

どこかで、踏み込んでいかないと試合で強い相手には勝てないでしょう。

無謀ではなく、計算出来る「アングル」は試合で必要ですよ。

 
 

センターからアングルへ、打てる?

アングルからアングル、なら簡単

テニスの試合では、これは難しくない。

アングルに来たボールを、アングルに切り返す。

みなさんも、レッスンで習った経験が多いはずです。

ですが、実際に試合ではどうでしょう?

いかに、「センターに来たボールを、どう処理するのか?」が大事じゃないですか?

強い相手は、ジワジワ来る

決して強打しないで、ジワジワとセンターを突いて来る。

ローリスクでアナタを追い込んで来るでしょう。

ここで普通にセンターに返すだけだと、どうですか?

ボールの威力の勝負になって、苦しくなるような場面があるはずです。

無理しないアングル狙い、が大事

センターからアングルへ、みなさんは試合で打てますか?

これ、試合で使うにはコツがあります。

無理しないでアングルを狙う、その展開から得点出来るというイメージが大事。

つい、サイドラインを狙うときには強打してしまいがち、じゃないですか。

ここのイメージを変えていけると、ダブルスの試合は一気に強くなります。



キーワードは、2つだけ

強打しない、前に詰める

相手からセンターに打たれて、それをアングルに切り返す。

大事にしたいキーワードは2つだけ、です。

まずは強打しない。

アングルを狙いますが、大事なのは相手の「センター守備」を外すこと。

だから強打しなくても大丈夫、なんです。

それからもう一つ、前に詰めるということ。

前に詰めることで、よりアングルにも角度を付けることが出来て、強打しないでも相手の脅威になる。

相手の「無難な攻め」を許さない

こういう姿勢、が大事なんです。

センターに、何となく攻めておくか、という相手を許さない。

その為に、こちらからアングルに展開していく。

これ、特に女子ダブルスのみなさんに大事な意識だと私は思います。

ズルズルと下がりたくなる気持ちは分かりますが、それでは未来が無い、ですよ。

サーブと同じ考えで良い

サーブがセンターに入れば、センターに詰める。

サーブの動きに合わせる前衛も、前に詰めればアングルを狙える。

センターに打てばセンター、にまた来るのがテニス。

4人でネットプレー、になっても考え方は一緒です。

相手のセンターに打ったら、次もセンターに来るから前に詰めてアングルボレーを狙う。

この意識、で常にダブルスはプレーしてみて下さい。

   

強打でないテニス、で充分戦える

ポジショニング、が大事

強打しないテニス、で相手を動かす。

動かして、ポイントを取っていくテニス。

これは、私たちが目指していくところ、です。

その為に必要なのは、ポジショニングの変化。

センター同士の打ち合い、を打破していく為には、アナタ自身が立つポジションをどこかで思い切って変える必要があるでしょう。

縦に長いテニスコート、を恐れるな

でも、必ず「ロブ」という問題が付いて回ります。

テニスコートは縦に長いですから、前に詰めるにもつい後ろが気になりますよね。

でも、ここを恐れてはいけない。

ダブルスなら2人いますから、どちらかの選手が残っても良い。

それに、抜かれたら走って下がる、ことで追い付ける可能性だってある。

センターの打ち合いでズルズル下がる方が、問題でしょう。

セオリーだけ、じゃ勝てないということ

この覚悟、大事ですね。

しっかり、自分の中で考えておきましょう。

セオリーを学んで実践すれば勝てる、そんな相手は限られている。

「ここは思い切って、良いんじゃないのかな」と思えたら、動く。

動いたことで、踏み出した経験が積める。

そういう実戦の中での経験こそ、みなさんの財産になるはずです。



強い相手こそ、先に動きたい。

前に詰めて、センターからアングルへ、を増やしていく。

これだけでも、アナタ自身のテニスは変わりますよ。

行動、プレーが変わればメンタルも変わります。

踏み出すきっかけとして、脱センターセオリー、どうでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手によって守備位置を変える、のはテニスにも必要なスポーツの基本

    今回のWBCの試合を観ていると、「守備のときのポジショニング」の重要性…

  2. テニス ポジショニング

    フットワーク

    「ココに打たれたら仕方ない」という場所は、あえて作っておこう

    相手のナイスショット。それには、2種類あります。アナタ…

  3. テニス ポジショニング

    フットワーク

    鋭いフットワークの出足を支える、「走る方向と逆の足のキック」の基本を覚えよう

    フットワークは最初の反応が勝負。途中いくら速く走れても、最初の…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    前に走ってボールを処理するときは、その後のポジションを考えよう

    浅いボールを処理して、さぁ次!と思ったら・・・簡単に抜かれてし…

  5. フットワーク

    速いボールをボレー、スプリットステップのコツ

    相手の速い攻撃に、押されてしまう。反応出来ないし、いつも後手後…

  6. フットワーク

    滑りやすいコートで使える「スライドフットワーク」は、コレがポイント!

    砂が多く滑りやすいテニスコート、オムニコートやクレーコートで多いですよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーのコースが安定しない人は、「自分の肩が回転していないか」をチェックしてみよ…
  2. テニス 練習

    テニス知識

    自己流テニスで上達して来た人は、どこかで技術を削ぎ落とす作業を
  3. テニス メンタル

    ストローク

    フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ
  4. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合でのストロークのスピン回転、フォアハンドとバックハンドの差ってどんな…
  5. ストローク

    ストロークの軸足は、「体重移動のときに変わる?」の疑問について
PAGE TOP