テニス メンタル

フットワーク

「スライス慣れ」していない選手は、完全にバレている

試合の中で、「この相手、スライス苦手だな・・・」と分かるとき。

それは、バウンドに上手く合わせられていないとき。

皆さんも、テニス始めたばかりのころは、きっとそうだったと思います。

スライスのストローク、スライス回転をバウンドさせて返球するって、すごく難しいのがテニスです。

 

「スライス慣れ」していない選手は、完全にバレている

 


 

1.スライスのバウンド、上手く返球出来る?

まず、皆さんどうでしょうか?

スライス回転がかかったボール、しっかり返球出来てますか?

試合に出て慣れている、普段からしっかり練習出来ている人は問題無いでしょうが、結構怪しい人も多い。

スライス回転の返球が怪しい人は、スピン回転のボールと同じ感じで待ってしまう。

結果的にボールが飛んで来ないので、最後に慌ててボールに自分から合わせにいく。

つんのめったような感じになって、しっかり打つことが出来ない・・・人って、実は多いですよね。

 

2.スライス回転のストロークは、バウンド地点に近付いていこう!

基本的に、この考え方が大事です。

スライスは、バウンド後に失速しますので、待っていてもダメ。

しっかり自分からバウンド地点に近付いていって、少しでも高い打点でストロークを打てるようにしないといけない。

細かく言えば、スライスにも横回転、縦回転があって、バウンド後の変化は微妙に違う。

でも、一番多いミスはバウンド後に距離が遠すぎて、しっかり打てないケースでしょう。

初心者の方、初中級の方は、まずここから見直してみて下さい。

 

3.スライスの返球フットワーク、誰も教えてくれない

テニススクールでも、ここの部分はあまり教えてくれない。

部活でも、サークルでもそうでしょう。

スライス回転のボールにどう入っていくのか、をしっかり考えて動くことは、自分で研究するのが基本です。

まず、相手の打ち方を見てスライスと判断しないといけない。

その後に、そのスライスに合わせたバウンド、に対する準備を変えていかないといけない。

何となく、ではいつまで経ってもダメです。

 

スライス回転、やられる人はずっと、鴨にされる。

慣れていない相手って、すぐにバレてしまいますからね、試合では。

練習から、お互いにスライスを混ぜて打ち合うこと。

これをしっかり、仲間の中で意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス メンタル

    フットワーク

    スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る

    素早く動いて、前に詰める。この動きが速い選手が、それだけですご…

  2. テニス サーブ

    フットワーク

    打った後素早く戻るには、頭の位置をキープするのが一番

    打った後に、どうやって早く戻るのか。この問題、について考えてい…

  3. テニス ポーチ

    フットワーク

    相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう

    テニスでは、自分が打ったら次は相手。つまり、自分が2回連続でボール…

  4. テニス シングルス

    フットワーク

    サイドステップよりも早い!「クロスオーバーステップ」を!

    シングルスの試合、左右前後に走り回ってコートをカバーする。でも…

  5. フットワーク

    テニスの試合では、「攻めのスプリットステップ」を使って、自分が打ったコースへ詰めること!

    自分がボールを打った後、相手がそのボールを打つまでに、テニスは時間があ…

  6. フットワーク

    良いショット、の後に良い〇〇

    良いショットを打つ、自分でもナイスショットだと思う。でも、そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    「早い準備とはこういうこと」しっかり貯めの効いたストロークを試合で打つには・・・…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元
  3. メンタル

    勝った負けたより、真実が明らかになるということ
  4. リターン

    テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる…
  5. テニス 格上相手

    スマッシュ

    「スマッシュ上手より、ロブ対処上手」テニスの試合で必要なシンプルな考え方
PAGE TOP