テニス 練習メニュー

練習メニュー

リターンダッシュの駆け引きを身に付ける、実戦的な練習メニュー

 

シングルスの試合の突破口になる、リターンダッシュ。

飛び道具として、ぜひ皆さんにも身に付けておいて欲しい技です。

難しく考えず、今回はこんな練習メニュー、形式でみんなでワイワイやりながらやってみてはどうでしょうか?

失敗、大歓迎!です。

 


 

■人数:4~8人

■レベル:初中級~上級

■目的:リターンダッシュを実践すること、その相手に慣れること

 

テニス 練習メニュー

 

【練習方法】

練習形式は、すごく簡単です。

まず、シングルスのポイント形式で、サーバー側とリターン側に分かれる。

1ポイント交代で、勝ったらリターン側に移動、リターン側がサイドを選択してサーブ側はそれに従ってポイント開始。

その際に、リターン側は「次にリターンに入る人」とジャンケンをして、勝ったらリターンダッシュをする、負けたら後ろでステイしていつも通り、の作戦を必ず実行する。

そのジャンケンは、もちろんサーブ側に見えないように隠れて実施。

出来るだけ、サーブ側にバレないようにやってみましょう。

 

【発展練習】

慣れてきたら、今度は同じ形式でサーブ側も「サーブ&ボレー」を入れる。

ジャンケンに勝ったら、必ずネットダッシュ!

そして負けたらステイ、の形式で行うことで、リターン側と合わせると合計4パターンのスタート時のポジション、が生まれます。

サーバーもリターンも、両方でネットダッシュ、なんてこともあると思います。

どういう配球にするのか、前に出るなら、リターンやサーブの速度は?というところを考えて配球してみましょう。

 

【ポイント】

何より、楽しみながらやること。

実際の試合では、ジャンケンではなく自分の好きに選択出来るし、選んで良い。

また相手が前に来るプレッシャーにも慣れるし、普段のマンネリ化した練習から脱却する良いアイデアになるはずです。

そう、メニューというよりはアイデア、ですね。

 

きっと、難しく考えてしまいがちですよね。

ネットに出るなんて、ボレーが上手くないと・・・と思ってしまう。

でも、後ろで打ち合うだけで、アナタはこれから先試合に勝っていけると思いますか?

実際には戦える技、戦術を増やして、その駆け引きで戦うことの方が現実的。

ぜひ、部活やサークルで試してみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス サーブ

    練習メニュー

    試合に必要な「サーブリターンの練習」、こそ工夫しよう

    サーブリターンの練習、みなさんもよくやるメニューだと思います。…

  2. テニス 客観視

    練習メニュー

    部活やサークルで、「指示待ち集団」になっているみなさんへ

    テニスを練習するチーム、みなさんも所属している方が多いと思います。…

  3. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法とは?

    部活やサークルでの練習で、出来るだけ「試合に近い環境」で練習したいと思…

  4. 練習メニュー

    週1ペースの練習で、テニスを上達させる7つの心得

    テニスの練習、みなさんはどれくらいのペースで続けてますか?波は…

  5. 練習メニュー

    「実力不足だけど、試合に出たい!」チームに必要な練習5つ

    試合に出たいけど、実力不足で何とかしたい。とにかく、試合を作れ…

  6. テニス 気付き

    練習メニュー

    良い練習をしていても、すぐに結果が出るとは限らないのがテニス

    なかなか、練習の成果が出ない。結果につながらない・・・と、悩ん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるよ…
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    「背伸びセンス」もテニスの試合で成長する為には必要なこと
  3. テニス ストローク

    シングルス

    「シングルス、難しいっ!!」テニスの試合で苦手意識が浮き彫りになる理由とは?
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で後衛にいるとき、クロスのボールに前衛は「触れないかも」と思ってお…
  5. リターン

    センターに厳しいサーブ、リターンでどうする?
PAGE TOP