テニス 練習

練習メニュー

テニスの練習では、「何を身に付けていつ使うのか?」を常にイメージしよう

テニスの練習、皆さんどんなことを「意識」出来ているでしょうか?

「上手いショットを打ちたい!」

「相手を振り回せるようなショット、磨いて使いたい!」

色々な目標はあると思いますが、試合を想定すると考えを整理しておかないと。

ただ漠然と練習するだけだと、成長を実感できないですよ。

 

テニスの練習では、「何を身に付けていつ使うのか?」を常にイメージしよう

 


 

1.ショットを「打てる力」と、「選択出来る力」は違う

テニスの試合では、「何をいつ使うのか」。

究極は、この2つの力が大事だと私は思います。

打てる力、は皆さんすごく熱心に練習する。

毎回毎日、部活やサークルで反復練習。

でも、身に付けたショットを「いつ使うのか・・・?」については、なかなか鍛錬出来ない。

これが、試合で致命的な差になること、に気付いていかないと。

ただ練習しているだけでは、試合で正しく使えないのです。

 

2.「いつ使うのか?」は、アナタが経験しないと分からない

これは、教わるよりも経験すること。

「いつ、ネットプレーを入れる?」という問題については、私は「序盤が最適」と訴えて来ました。

ですが、これは経験しないと分からない。

私が教えること、以上にアナタ自身が試合でやってみて、「いつが正しいのか、効果的なのか」を体感する。

どんどん試合で、鍛えている技術を使ってる、そのタイミングを研究する。

この探求心が、きっと試合で使えるタイミングを身に付けていくのです。

 

3.どんなナイスショットも、シチュエーション次第

試合が上手い人は、技術力よりも選択力がある。

「ここで、このプレーか・・・」と思わせる、強い、上手いと思われる選手はそんな感じですよね。

ナイスショットは、どんなに最高のショットでもシチュエーション次第。

テニスの試合は、スコアもカウントも、ラリー中にも色々な「変化」ばかり。

ショットを鍛えるのと同時に、「何をいつ使うのか?」について、考えていきましょう。

 

効果的だった作戦は、きっとアナタの良い武器になる。

成功体験、テニスノートに記しておきましょう。

その一つ一つがアナタの財産になり、勝利への試金石になっていくでしょう。

 

今回のまとめ

試合で使いながら、自分のショットは完成していくのです

 

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. + POWER CUP について
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合の現場で絶対に欲しいポイント、をイメージしながら練習しないと

    みなさん、記憶にありませんか?試合で絶対に取りたかった、あの1…

  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスの素振りは、高い打点で行うことが大事

    見落とされがちだけど、大事な個人練習。それは素振り、です。…

  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    2対2のボレーボレー、4アップの陣形から前衛が動いていく為の練習メニュー

    ダブルスの試合、レベルが上がってくると4人全員がネットに出る、4アップ…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    「雨の日に教室でも出来る」テニス選手に必要なトレーニング4つ

    雨の日は部活もサークルも休み。とは言え、体育館も使えないし、使…

  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの練習の基本、「自分のテーマと、相手のテーマ」を理解出来てる?

    テニススクールでも部活でも、「テーマ」って大事。個人テーマ、ク…

  6. 練習メニュー

    ダブルスの動きを鍛える、2対2のボレー対ストローク練習

    ダブルスの試合、前衛と後衛がめまぐるしく入れ替わる。これが硬式…

特集記事

  1. ボレー

    ローボレーは、ボールを飛ばす角度を覚えればすごく楽
  2. フットワーク

    相手が打つ時スプリットステップ、それでポーチ間に合いますか?
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの並行陣に必要な「ローボレーを安定して深く返球する」為のポイント5つ
  4. テニス ダブルス

    戦術

    強い相手は、試合の中で同じやられ方を繰り返さない
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    背が高い人がスマッシュ上手、とは限らない
PAGE TOP