ボレー

ボレーの感覚が、どうしても掴めない方へ

目次

攻撃的なボレーを打ちたい、だけど…。

どうしても感覚が掴めない、結果的に振るようなボレーになってしまって上手くいかない、という方は多いですよね。

私自身も、そうでした。

ちょっとしたコツ、きっかけでボレーは変わりますが、きっとみなさんに必要なのは大胆さ、でしょう。

「こんなことで!」と思うことで、ボレーの感覚は身に付いていく。

今回はグリップに焦点を当てて、考えてみましょう。

 
 

小指を余らせる、フォアボレー

これで変わりました、私

高校時代に、これをアドバイスされて変わりました。

フォアボレー、私は右利きの片手打ちですが、小指をグリップにかけない。

余らせるようにして、下で支えるだけ、に変更しました。

これで、本当にボレーが変わりました。

打てるかどうか不安でしたが、リラックスも出来るしリーチも長くなる、疲れない、良いことずくめでしたね。

小指が余っていると、遊びがある

実際に、遊びが出来るんですよね。

遊びとは、調整出来る幅みたいなもの。

相手のボールが速い時はそれを吸収出来るし、遅い時には弾くことも出来る。

小指が余っていることで、グラグラ不安定に見えますが、だからこそ調整が効くんです。

軽く握るだけでも、良い感じで伸びのあるボレーが打てるはずですよ。

見た目以上に安定感がある

女性やシニアの方でも、ぜひ試して欲しいんです。

最初は、不安です。

ちゃんと握っていないようで、気になりますが…打ってみて下さい。

本当に、楽にボールが飛ばせるようになりますから。

ギュッとグリップを握っている人は、逆に飛ばないですよ、ボレーって。

小指を余らせておくこと、でみなさんのボレーは劇的に変わるでしょう。



人差し指と中指は、離す

人差し指で全体を支える

ストロークでもそうですが、私はこの意識で人差し指を使っています。

グリップ全体を支えたいので、中指とは離す。

指1本分くらい離して、人差し指だけ上を向くような感じですね。

ラケット面を、人差し指で指さすみたいな感じ。

これで、安定感もすごくアップします。

ラケット面は左手で感じる

構えている時には、左手をラケットに沿える。

スロート部分を支えつつ、左手の人差し指でラケット面を触る。

これで、ラケット面の感覚を感じておくんです。

この構え、絶対に覚えて下さい。

両手で構える、手の位置でボレーは決まります。

右利きの方は、ラケット面を左手で感じる力、が大事なんです。

脱力して待つ、打つ瞬間まで

この構え、グリップが出来ていれば、あとは大丈夫。

もう、上半身は脱力して待つだけです。

意識は下半身を動かしたり、頭では相手のボールがどこに来そうかを考えておく。

上半身の仕事は、本当に少ないですからね。

良いグリップ、構えが出来ていればボレーはほぼ、打てる。

是非、試してみて下さい!

   

攻撃しよう、しようと思わない

ボレー=攻撃、決める?

余裕が無いと、こういう発想になります。

自信が無いと、決めないといけないと思ってしまう。

それがもう、みなさんのボレーの感覚をおかしくしていく一番の要因でしょう。

ボレーは、強く打つ必要も無ければ決める必要も無い。

焦らずに、良いショットを打つこと、相手コートに返すこと、だけに集中すれば良いんです。

返せば相手の脅威になる、のがボレー

相手コートに、ボレーを返す。

これだけで、充分ですよ。

相手からすると、それだけで脅威になる。

立派な攻撃です。

シンプルに、伸びのあるボールを返すだけで、充分に相手は苦しいはず。

もちろん、相手のレベルにもよりますが、最初からボレーを強く打たないといけない、と思い込んでしまうこと自体、一番問題です。

壁になり返す、その為にシンプルにする

私は基本、これだけ考えています。

グリップも構えも、自分が壁になる為のもの。

まず壁になって、余裕が出て来たら前に落とす、コースを狙う。

いきなり狙うようなことはしない、自滅するだけですから。

グリップの握り方に遊びがあるから、壁になれるんですよね。

ギュッとグーパンチのように握っている人は、厳しいでしょう。

ちょっとズレただけ、でもう致命的な当たり損ないになりますからね。



お勧めの練習法として、ネットから遠い位置でのボレー対ストローク、ボレーボレーをぜひやってみて下さい。

ネットから遠い位置からのボレーは、伸びが欲しい。

でも、腕先だけで打ってしまうのは避けたい、中で身に付いていくはずです。

グリップ改革、構え改革、そこからボレーは意識改革。

試合に向けて、仕込んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス 戦術

    ボレー

    試合で効果的な、「サービスラインより深いボレー」を安定させる5つのコツ

    ボレーを深く、安定させること。もしかしたら、今のアナタにとって…

  2. ボレー

    フラットボレーは、肘を伸ばして打ち終わろう

    相手コートに押し込むボレー、フラットボレー。しっかりとネットに…

  3. ボレー

    試合で使える、両手バックハンドボレーの切れ味をアップさせるコツ5つ

    女性の方で、バックハンドボレーを両手で打っているみなさん。その…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーが上手そうな相手でも、「球速が遅いスライス」が打てれば泳がせてミスを誘える

    遅いボールは打ちやすい?きっとテニスをやっている人は、この答え…

  5. テニス ロブ

    ボレー

    ネットにいる相手に向かって、沈めて前に出る勇気を持てる選手は強い

    「あ、この人は試合慣れしているな」と、感じるプレー。みなさんは…

  6. テニス スライス

    ボレー

    速い展開では、意外と相手のフォアハンドボレーは狙い目

    ボレー戦になったときの、相手の狙い目。意外と、フォアハンドボレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スポーツ

    練習メニュー

    自分のテニスを成長させたければ、「今日のナイスショット」を「来月は普通のショット…
  2. テニス 並行陣

    ストローク

    ストローク力の低下に悩むシニアプレイヤーの皆さんは、ベースライン上でのポジショニ…
  3. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の…
  4. テニス 格上相手

    戦術

    テニスの試合では、「引き出しが多い選手は作戦が立てやすい」から強いし結果を出せる…
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2人で同時にボールを追ってしまう」形になったときには・・・・…
PAGE TOP