テニス ボレー

ボレー

「チャンスのようで打ちにくいかも・・・」ネットに詰めて決め切るボレーのコツ5つ

テニスの試合では、シングルスでもダブルスでもネットに近い位置で打つボールはチャンス、と言われます。

しかしネットに触れてしまっては反則になりますし、何より「チャンスだ!」と力が入ってしまうと力んでいつものショットが打てなくなったりしますよね。

相手がコースを読んで動くような素振りを見せれば、それも気になってしまうのが常。

今回は、ネットと至近距離でボレーする際に必要なコツをまとめてみました。

 

「チャンスのようで打ちにくいかも・・・」ネットに詰めて決め切るボレーのコツ5つ

 


 

1.打つコースに「角度」をつける

ネット近くでは、アングルボレーは必須の技術です。

せっかく前にいるのですから、深く返して相手に反撃の隙を与える必要はありません。

高い打点でボレーできるようであればしっかりラケットヘッドを立てて、ボールの横を捕えるようにしましょう。

ネットの白帯に近い高さであれば、少しフワッと浮かせて安全にドロップボレーのようなイメージで。

口で言うのは簡単ですが、しっかり打球のイメージができていないと、試合で打つのは難しい技術です。

積極的に、球出し練習から取り入れていきたいですね。

 

2.思い切って「グリップを厚く」調整する

ネット近くにいるのに、グリップが薄いままでスライス回転をかけているプレイヤーをよく見ます。

これでは、決めきるボレーを打つのは難しい。

ネット近くでは、よりボールにフラットにラケット面を当ててパンチ力を出したいところ。

男性であれば、特にバックハンドの片手ボレーで実践してみてください。

見違えるように、決めるボレーに進化させていくことができるはずです!

 

3.打点をしっかりと「身体の前」に取って叩く

打点が遅れてしまっては、属に言う「ふかしてしまう」ボレーになりがち。

ネット近くでボールに近づく際には、とにかくテイクバックを小さく、身体の前にラケットをセットしておくこと。

視界からラケットが消えるようでは、テイクバックが大き過ぎです。

コツとしては、ラケットを頭の上に上げるようなイメージを持つこと。

引く、のではなく上に上げる、これだけで準備は完了です。

 

4.とにかく「相手のいない」オープンスペースに打つことが大事

足元へのボレーはNGです。

初中級で卒業しましょう。

女性のベテランプレイヤーであれば、難なく拾われて、アナタの頭の上を通過するロブで反撃されてしまいます。

相手のいないスペースを、相手のボールが飛んでくる前からしっかり把握しておくことがポイントです。

身体が勝手に打ちたい方向を判断して、反応できるように。

普段の練習から、オープンスペースへしっかり打つ練習をしておきましょう。

 

5.ネットタッチしない技術を身に付けるには?

テニスのルールでは、ネッにト身体があたっても反則になります。

そこで絶対に必要なのは、ラケットを打った瞬間から「後ろに引く」技術。

これを言葉で説明するのは非常に難しいのですが、タオルを持って急に引くと先端がスピードアップしますよね?

この理論で、ラケットスピードは保ちつつ、コンパクトなボレーができて且つ前にラケットが動かないフォームが可能になります。

ネットタッチでポイントを失うのは本当にもったいないので、普段の練習からこのラケットを引く打ち方は練習しておきましょう!

 

どんなに良いサーブ、リターン、ストロークで崩しても、ネット際のボレー一つの失敗で全てが無駄になってしまう。

テニスは残酷なスポーツです。

逆に、このネット近くのプレーが安定して出来るようになれば、ポイントを逆算して計算できるようになります。

「ネット際にボールが上がれば、ポイントが獲れる」という自信が付けば、試合の勝利はグッと近づくことでしょう。

あまり打つ機会が無いショットこそ、普段の練習でしっかり磨いていきましょうね。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう

    球際に強い選手が、ネットプレーもしぶとい。飛びつくようなボレー…

  2. テニス

    ボレー

    テニスの試合で使える実践的なボレーボレー、「ルーマニアンボレー」の練習効果はすごい

    テニスの練習の中で、効果的なのに見落とされがちなメニュー・・・それは、…

  3. テニス スライス

    ボレー

    速い展開では、意外と相手のフォアハンドボレーは狙い目

    ボレー戦になったときの、相手の狙い目。意外と、フォアハンドボレ…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由

    ダブルスの試合、サーブ側の前衛。よく考えると、この選手が一番攻…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    テニスのネットプレーで必要な、「速いストロークのボールに対しては、上半身のひねりだけでブロック」する…

    ネットプレイヤーが少ない、育たないと言われて久しいですが、その原因はど…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ドロップボレー成功の秘訣は、逆クロスのコースに有り!

    テニスの技術の中でも、トップクラスに難しい技術。それはドロップ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、利き腕の肘を落とすのが遅い
  2. テニス メンタル

    リターン

    センター寄りからサーブを打って来る選手には、アングルへのクロスリターンを
  3. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で大事な「脇役ショット」は、苦しい態勢を戻せるリカバリーショット
  4. テニス ハードコート

    戦術

    「正直、団体戦が苦手・・・」な人こそ、私はチャンスがあると思います
  5. テニス 構え

    ロブ

    アナタのロブを「試合で効果的なショット」に変えていく方法
PAGE TOP