ボレー

ハーフバウンドの低いボールを、すくい上げようとしても上手くいかない

足元のボレーが、弱い人。

そういう人は、まずもってハーフボレーが苦手と見て良いでしょう。

この問題、解決しないことには次のステップに進めない。

みなさんも、中級から上級へのステップには、欠かせないポイントです。

ぜひ、危機感を持って取り組んで欲しいと私は思います。

 

ハーフバウンドの低いボールを、すくい上げようとしても上手くいかない

 

1.足元に苦手意識がある人は、すぐに上体が高くなる

みなさんも、きっと試合で経験があるはずです。

足元をえぐられて、アゴが上がったようになる、ちょっとオーバーなリアクションになる。

ハーフボレーを打とうとしているけど、どこか雑な感じになっている気がしませんか?

上体が高い人は、目線も高いしラケットと顔の位置が遠い。

返球出来るような雰囲気、が無いんですよね。

こういう相手には、ストローク側も攻撃しやすい。

逆に、上体が低いだけで、相手はミスが増えると思いますよ。

 

2.すくい上げるのではなく、抑え込む

ボールをすくい上げる、のではなく、抑え込む。

この意識があれば、きっと試合でも上体を低く出来るはずなんです。

ラケットと顔が離れていると、フレームショットも自然に増えますから、自信も無くなって来る。

すくい上げるようなショットって、「入るかどうか、一か八か」のショットですから。

ハーフボレーは、特別なショットではなく試合で必要なショット。

是非、普段の練習から、目線を低くして「返球するのが、当たり前」のショットに仕上げてみて下さい。

 

3.ラケット自体を、動かし過ぎないこと

ラケット面をしっかり下に向けて、動かし過ぎない。

すくい上げようとするのではなく、バウンド後の軌道の上にラケットで壁を作って上げる。

ごちゃごちゃして、難しくしているのは自分、という自覚を持つこと。

上体を低くすれば、動きもシンプルになりますからね。

相手からミスを誘う、ことが出来る態勢、が作れているかどうか。

ぜひ、動画で自分のネットプレーの態勢を見直して欲しいと思います。

 

4.低いネットプレーの態勢は、相手からミスを誘える!

みなさんも、相手の立場に立ってみて下さい。

相手が前に出てきていて、態勢が低い。

無理やり沈めたり、したくなりませんか?

ハーフボレーを警戒しているとき、人は自然と低い態勢になれるから守備力があがる。

目線が低いとアウトボールも触らないし、本当に守備力が高くなる。

身長が高い男性の方ほど、ぜひ意識してみて下さい。

相手の印象、が全く変わりますから。

 

ハーフボレーを強化しようとすると、全てが変わっていきます。

無理に突っ込む必要はないですし、とにかく低い態勢でシンプルにしていきましょう。

ネットに近付き過ぎない、ボレー対ストロークの練習からしっかりやっていくこと。

ハーフボレーを打つ機会、しっかり増やしていきましょうね!

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. ボレー

    自分のテニスを変えて、強くなるには?

    今日は、改めてこういうテーマで考えてみたいと思います。思えば…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでいつも「アウトボールを触ってしまう」のは、自分の膝が伸び切っているから

    自分が前に出て、ネットプレーでよしチャンス・・・!と思っても、…

  3. テニス 守備

    ボレー

    「クレーコートでのネットプレーのコツ」新時代のテニスに不可欠な戦術を身に付けよう

    一昔前まで、シングルスの試合のネットプレーと言えば画に描いたようなアプ…

  4. ボレー

    テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに

    試合の中で、相手がいない場所にアングルボレー!カッコイイですよ…

  5. テニス 攻撃

    ボレー

    フワッと浮いたボールを詰めてボレー、足から合わせていけばミスが減る

    ネット近くに、フワッと浮いたようなボレー。これをしっかり決める…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「パッシングで抜かれない選手」になる為に、意識したい5つのポイント

    パッシングショットですぐに抜かれてしまう・・・。シングルスでも…

特集記事

  1. サーブ

    セカンドサーブの基本を再発見
  2. ボレー

    ポーチに出るタイミング、勘ではダメ
  3. 戦術

    出来ていないこと、を受け入れていくことから
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに頼る者、サーブに泣いて負けていく
  5. テニス メンタル

    メンタル

    試合中の絶体絶命の場面で、笑うこと
PAGE TOP