テニス 練習

ボレー

ダブルスの前衛なら、「連続して2回触るプレー」でポイントを獲りにいこう

ダブルスの試合で、前衛のポジションにいるとき。

私はなるべく、この意識でプレーするようにしています。

出来るだけ、2回連続で自分が触る。

そうすれば、自然とポイントも取りやすくなる。

みなさんも、ぜひ具体的にイメージしてみて下さい。

 

ダブルスの前衛なら、「連続して2回触るプレー」でポイントを獲りにいこう

 

1.狙った獲物は、逃がさない

一度ボールに触る、それも前衛のポジションで。

やっぱりチャンス、じゃないですか。

ダブルスの試合、攻撃専門の前衛が触っていければ、相手にプレッシャーもかけられる。

でも、ダブルスの試合で勝ち切れないペアは、ここで触るのが1回、なんですよ。

前衛がポーチ、それを相手は当然逃げる、そこで前衛が逃がしてしまう。

1回触って満足、しているから、次の反応が遅くなる。

そもそも、次への構え、備えが甘いんですよね。

これは、前衛にとっては大問題がと思いますよ。

 

2.連続攻撃、は前衛の醍醐味

私は、こう考えています。

ボレーでまず相手の足元、触らせて次で仕留める。

これが出来るのは、前衛の醍醐味ですよね。

プレーとしても乗っていけるし、後衛は「ありがとう!」となる。

連続攻撃、の姿勢があれば、自然とフットワークも軽くなるし構え直しがスムーズになるはず。

1発打って、その後また考えて・・・だと、全然遅い。

相手に逃げる隙を与えてはいけないんです。

 

3.打った方向に詰める、のが前衛も基本

相手に対して、プレッシャーをかけること。

これは、前衛の選手としては絶対に必要です。

自分が打ったら、その打った方向に基本は詰めていく。

当然、ボールのある方向からしか飛んで来ないですから、テニスは。

自分が相手前衛の足元に打ったら、そこから2~3歩ネットに詰めていく。

この小さい動きを、入れられる人は強いですよ。

相手も、プレッシャーに感じてミスしてくれる。

ほとんどの人は、足元に打っただけで満足で、相手は楽に逃げていける。

これでは、ポイントを取り切れないんですよ。

 

4.2回連続触る!ポイントを増やそう

みなさんも、試合の中で何回あるか数えてみましょう。

前衛のときに、自分が2回連続で触る回数。

そして、そのポイントの奪取率。

きっと、奪取率は高いと思いますよ。

前衛がどんどん触る、相手を逃がさない姿勢を見せると、ダブルスはすごく良い流れになります。

前衛のときには、とにかく2回触る、そこまで絶対に集中しておくんだ、と。

自分で意識するだけでも、かなり存在感が変わるでしょう。

 

ダブルスの試合、まだまだ「しつこさ」が欲しい。

守備だけでなく、攻撃にこそ、ですね。

相手を逃がさない、絶対に前衛で決めるんだという気持ちを。

強打では無くフットワークで攻撃していくようなイメージ、ですね。

是非、自分の試合のときに頭に入れておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. ボレー

    ボレーの基本中の基本、「ラケット面を上に向けてフォロースルー」を徹底すれば、試合でミスは激減します

    ネットプレーが苦手なプレイヤーの多くの共通点は、ラケット面が安定してい…

  2. テニス ドロップショット
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーを入れようとしたけど、アプローチが甘くなった!その時は・・・?

    試合の中で、ネットに出ようと思ったけど・・・アプローチが浅い!甘くなっ…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーで身体が開く人は、ラケットを持たない手のひらを使おう!

    ボレーを打つときに、安定感に欠ける人は考えて欲しい問題。きっと…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「フォアハンドのハイボレーでコースを隠す」ことが出来れば、チャンスを確実に決められる!

    ハイボレーは簡単?そんな方は、どこか勘違いしているように思いま…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    ファーストボレーで無理してばかりでは、並行陣で戦えない

    ダブルスの試合、年齢が上がるに従って並行陣で戦う選手は増える。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス スライス

    ストローク

    スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せま…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合でリードすると、「すぐ相手のミス待ち」になってしまう選手は絶対に勝ち…
  3. ダブルス

    「ダブルスボレーの仕事」を把握すれば、テニスのダブルスの試合は勝てるようになる!…
  4. テニス 動画

    戦術

    「誰が見ても上手い」という選手ほど、本人はなかなか勝てないのがテニスというスポー…
  5. ボレー

    ボレーをふかし気味にアウトばかりしてしまう人は、「準備でラケットを上げる高さ」が…
PAGE TOP