テニス

ダブルス

攻撃力の高い前衛は、「1球で決まらなくても、相手を逃がさない」そのしつこさがある

今朝行われた、リオオリンピックの女子ダブルス決勝、すごい試合でしたね・・・!

私は松友選手の前衛の動き、集中力に、本当に感銘を受けました。

これって、テニスにも使える動きや感性、きっとたくさんある。

競技が違うとはいえ、皆さんもぜひ参考にして欲しいと思います!

 

攻撃力の高い前衛は、「1球で決まらなくても、相手を逃がさない」そのしつこさがある

 


 

■バドミントン選手の前衛を観ると、前衛の「しつこさ」よく分かる

バドミントンのダブルスでも、テニス同様に前衛と後衛が出来る陣形がある。

攻撃的なプレーをしているとき、は自然に前後で役割分担が生まれるみたいですね、テニスに似ています。

中でもテニスと違うのは、前衛の攻撃の迫力と継続性。

バドミントンは前衛が一度チャンスをつかんだら、逃さず波状攻撃をしていく迫力がある。

もちろんテニスでもありますが、バドミントンの連続性よりはまだ甘い気がします。

ぜひ、ダブルスの前衛では、アナタ自身意識してみて下さい。

 

■「ボールを打っていないときの動き」が、波状攻撃の精度を決める

松友選手の動き、それはシャトルを打っていないときの方が凄い。

自分が打った後に、スススと前に詰めて、相手の逃げを許さない。

バドミントンはテニスよりもネットが高いので、少しでも時間を空けるとそれはネットより低い位置になり、攻撃が難しいボールになってしまう。

この点、テニスはネットが低いので「甘え」があるのかも知れませんね。

テニスもバドミントン同様に、ネットは高い、時間の余裕は無い、という危機感を持って臨むことが大事です。

 

■一度弱った相手を、絶対に逃さない!

テニスでは、どうも狙っている相手を絞り切れない人が多い。

攻撃して、よし決めれる・・・とこまで追い込んでいるのに、なぜか手を緩める、ダブルスであればもう片方の選手に配球する選手がいる。

すごく詰めが甘い、ダブルスの前衛としては勇気が足りない。

しっかり攻撃し切る、というポイントを作るとダブルスペアとしても乗っていける。

前衛の仕事は、ただポイントを獲るだけでなく、ペアとして「良い勢いを付ける」ことも実力のうち、です。

 

前衛に「しつこさ」がもっと欲しい。

特に攻撃の場面では、少し攻撃しただけで満足している選手が多い。

相手の反撃を許さない詰め、そして迫力、アナタは自分自身でどう客観視出来ていますか?

どうも決まらない、後衛のチャンスを活かせていない・・・という人。

オリンピックのバドミントン競技、要チェックです!

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    勝てないダブルスペアほど、大事な部分をお互いに任せられない

    ダブルスの試合を見ていて、感じること。ダブルスのパートナー、し…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    決めたことはやる、がダブルスの信頼関係を作っていく

    ダブルスペアで、いまいち信頼関係が築けていないと感じている方へ。…

  3. ダブルス

    ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが向いている?」という…

    テニスにはシングルスでもダブルスでも、サイドはデュースサイドかアドバン…

  4. ダブルス

    「技術だけじゃダメってことか」とダブルスで感じれば、テニスの試合はまだまだ勝てるようになる!

    現役時代、試合の殆どがシングルスだった。ダブルスもたまには出て…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「この1本なんだ!」という息を合わせていけるペアが、本当に強いダブルスペア

    試合で強いダブルスペア、それって技術的な部分だけじゃない。本当…

  6. テニス 戦術

    ダブルス

    並行陣の基本は深いボレー、という落とし穴に気付かないと

    ダブルスの試合、並行陣で前に出ても・・・なかなかポイントが取れない。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 動画

    戦術

    「誰が見ても上手い」という選手ほど、本人はなかなか勝てないのがテニスというスポー…
  2. テニス 打点

    リターン

    ダブルスで無理矢理なストレートリターンより、「スライスのチップ&チャージ…
  3. テニス 練習メニュー

    練習メニュー

    リターンダッシュの駆け引きを身に付ける、実戦的な練習メニュー
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    フットワークが良く足に自信がある選手は、「コンパクトなフォーム」を身に付けると、…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    最近自分のテニスが、「キレイになり過ぎ」てはいないか?
PAGE TOP