テニス

ダブルス

攻撃力の高い前衛は、「1球で決まらなくても、相手を逃がさない」そのしつこさがある

今朝行われた、リオオリンピックの女子ダブルス決勝、すごい試合でしたね・・・!

私は松友選手の前衛の動き、集中力に、本当に感銘を受けました。

これって、テニスにも使える動きや感性、きっとたくさんある。

競技が違うとはいえ、皆さんもぜひ参考にして欲しいと思います!

 

攻撃力の高い前衛は、「1球で決まらなくても、相手を逃がさない」そのしつこさがある

 

■バドミントン選手の前衛を観ると、前衛の「しつこさ」よく分かる

バドミントンのダブルスでも、テニス同様に前衛と後衛が出来る陣形がある。

攻撃的なプレーをしているとき、は自然に前後で役割分担が生まれるみたいですね、テニスに似ています。

中でもテニスと違うのは、前衛の攻撃の迫力と継続性。

バドミントンは前衛が一度チャンスをつかんだら、逃さず波状攻撃をしていく迫力がある。

もちろんテニスでもありますが、バドミントンの連続性よりはまだ甘い気がします。

ぜひ、ダブルスの前衛では、アナタ自身意識してみて下さい。

 

■「ボールを打っていないときの動き」が、波状攻撃の精度を決める

松友選手の動き、それはシャトルを打っていないときの方が凄い。

自分が打った後に、スススと前に詰めて、相手の逃げを許さない。

バドミントンはテニスよりもネットが高いので、少しでも時間を空けるとそれはネットより低い位置になり、攻撃が難しいボールになってしまう。

この点、テニスはネットが低いので「甘え」があるのかも知れませんね。

テニスもバドミントン同様に、ネットは高い、時間の余裕は無い、という危機感を持って臨むことが大事です。

 

■一度弱った相手を、絶対に逃さない!

テニスでは、どうも狙っている相手を絞り切れない人が多い。

攻撃して、よし決めれる・・・とこまで追い込んでいるのに、なぜか手を緩める、ダブルスであればもう片方の選手に配球する選手がいる。

すごく詰めが甘い、ダブルスの前衛としては勇気が足りない。

しっかり攻撃し切る、というポイントを作るとダブルスペアとしても乗っていける。

前衛の仕事は、ただポイントを獲るだけでなく、ペアとして「良い勢いを付ける」ことも実力のうち、です。

 

前衛に「しつこさ」がもっと欲しい。

特に攻撃の場面では、少し攻撃しただけで満足している選手が多い。

相手の反撃を許さない詰め、そして迫力、アナタは自分自身でどう客観視出来ていますか?

どうも決まらない、後衛のチャンスを活かせていない・・・という人。

オリンピックのバドミントン競技、要チェックです!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. ダブルス

    ダブルスの雁行陣で、相手後衛をワイドに追い出したらハッキリとストレートケアが基本です

    ダブルスの試合、前衛の基本は「ポーチに出ること」と何度も書いてきました…

  3. テニス ボレー
  4. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスで、前衛が「ポーチに動いたけど、触れなかった」ときに、後衛はまず時間を稼ごう

    これは、実は基本中の基本、ですね。ダブルスの試合で、前衛が動い…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで効果的な攻撃が出来る選手は、「常に2/4で空いているコートスペース」を意識している

    「上手い!」とうなるようなダブルスの名手、あこがれますよね。試…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブに力が無くてもキープに導く、前衛の心得5つ

    パートナーのサーブがイマイチ・・・でも、ダブルスの試合、いかに前衛とし…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス 時間

    メンタル

    目の前で崩れていく相手に、「自分はそうならない」という強い意志を持てるかどうか
  2. テニス 準備

    リターン

    リターンで左右に振られた時に、意識したいのは身体がブレないこと
  3. テニス ストローク

    ストローク

    威力はあるけど安定感が無いストロークは、「ラケットダウン」が出来てない
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    Iフォーメーションが上手く機能しない人は、「前衛の態勢が低くなり過ぎている」かも…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    自分のストロークで深さが足りないと感じたら、「ボールの軌道の頂点」で調整するとミ…
PAGE TOP