テニス メンタル

日々の雑記

自分のテニスが上達していくと、「現実的にはこんな感じかな?」はイメージ出来ますか?

10月に入り、すっかり秋・・・という感じですね。

4月から9月までを2017年度の上期、と考えると、今日は下期最初の週。

まぁ、こういう考え方も古いかも知れませんが・・・会社勤めの皆さんは、結構バタバタとされてたんじゃないでしょうか?

 

4月から約半年が過ぎて、皆さんのテニスはどうですか?

私は、何かに取り組んだりして振り返る、そのタームは「半年」くらいがちょうど良いと思っています。

6ヶ月間しっかり取り組んでみて、また考える。

それ以上続けていくのか、方向転換するのか・・・。

そして、更に次の半年後、は自分がどうなっていたいのか。

この部分、私はしっかり皆さんにイメージしておいて欲しいんですよね。

 

半年後、自分は「どいうテニスが出来る選手」になっていたいのか。

現実的に、どのあたりを目指していくのか・・・皆さん、自分で最近しっかり考えたことはありますか?

6か月間ですが、真剣に自分と向き合えば変えることが出来ること、たくさんあると思います。

大事なのは、アナタ自身がイメージ出来るかどうか、です。

バンバンとサーブでエースを奪っていくスタイル、現実的ですか?

自分の日々の練習が、その半年後につながっているかどうか、しっかり考えて欲しい。

10月の初めの段階でそれが出来る人は、きっと来年の3月には大きく飛躍出来ていると思います。

 

当たり前ですけど、テニスの試合って負けてもペナルティがある訳じゃない。

階級が下がる訳ではない。

それに、テニスを職業にしている人ではないので、生活に困る訳ではない・・・ですよね。

だからこそ、みんな試合に勝つ、自分を成長させていくことに少しだけ隙が生まれる。

本気で現実的に、半年後について考えることも無いでしょう。

だからこそ、チャンスなんです。

 

多くの人が、自分を半年ごとに現実的に、成長させていこうとは考えない。

何となく毎週土日で練習して、勝てないけど自分を維持出来ていれば・・・まぁ良いか、という感じでテニスコートを行ったり来たり。

皆さんには、その先に向かって壁を越えてもらいたいんです。

 

「自分って、上手くなるとこんな感じかな?」というイメージ、持っておきましょう。

身近に目標とする人がいるなら、一緒に長く練習してコミュニケーションを取る。

テニスノートに、ストローク、ボレー、サーブ、戦術・・・なんでも良いので、「こうなっているはず!」と宣言してみる。

きっと、イメージ出来ることは現実になるはずです。

来年3月、今から楽しみになってはきませんか?

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. 日々の雑記

    関西遠征、最高でした

    更新が大変遅くなりましたが、9月1日~2日にて関西(大阪)に遠征させ…

  2. 日々の雑記

    サンタの恰好をするテニスコーチ、に一言

    私は昔、苦手でした。この時期になると、みんなでサンタの恰好を…

  3. テニス 雪

    日々の雑記

    私はこれからも、「決断する人」をテニスを通じて応援していきます

    何かを決めるのって、難しい・・・と、最近つくづく思います。私自…

  4. テニス 雨

    日々の雑記

    最近の雨って、10年20年前と全然違うんじゃないか説

    最近の雨って・・・なんだかすごいですよね。これから梅雨の時期。…

  5. 日々の雑記

    人の悪口は、100倍増し

    テニスを続けていると、色々な人間関係が生まれます。実は、T-…

  6. テニス 環境

    日々の雑記

    テニスはこれから、「情報格差」の時代へ

    数年前までは、情報格差なんてほとんど無かった。みんなが同じよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    威力はあるけど安定感が無いストロークは、「ラケットダウン」が出来てない
  2. 練習メニュー

    「皆で一緒にトレーニング」テニスの試合に向けて継続できる環境を創り出す!
  3. テニス 上達

    戦術

    アナタにとっての強み、弱みは、対戦相手によって変わってくる
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    「後ろ足体重で引き付けるストローク」からの展開力を身に付けよう
  5. テニス メンタル

    メンタル

    先頭を走る人は、自分でしっかりルールを作って試合に臨んでいる
PAGE TOP