テニス トレーニング

戦術

テニスで狙いを絞って、チーム内で1番になろう

目次

上手くなりたいのに、具体的に目標が見えて来ない方に。

どんなチーム、環境でも、まずその中で1番を目指してみる。

試合をやれば勝った、負けたの結果が出ますが、「これなら自分が一番」という自信を持てる何かを探して欲しい。

それが見つかるのは、意識して探している人だけ。

そして、見つけた人が試合でも勝てるようになっていくんです。

 

テニスで狙いを絞って、チーム内で1番になろう

 


 

1.何でも良い、強引にで良い

実際に、何でも良いと思います。

サーブでもリターンでも、前衛の動きでも良い。

相手に対する観察眼、でも良いでしょう。

大事なのは、自分で一番になるという意志と根拠。

「なぜ、一番になれると思うのか」

「なぜ、一番になったと確信出来るのか」

この意識があれば、間違いなくアナタ自身は強くなる。

そして、自分から主体的にテニスに取り組めるようになります。

 

2.みんながみんな、良いモノを持っている

私は、こう考えています。

これは、高校時代に教えてもらっていた一般のテニスプレイヤーの方から頂いた言葉。

当時強くもなかった私たちにテニスを教えてくれて、こんな言葉をかけてもらいました。

「みんな、良いモノを持ってるんだから」

この言葉は、忘れられないメッセージとして残っています。

だからこそ、それを磨いていく意識が大事なんです。

 

3.勝敗だけに、目を奪われてはダメ

試合に勝った、負けた、はもちろん大事。

ですが、その結果だけを見ていても何も進歩しない。

身内の試合でも、勝敗の中に何があるのか。

自分が勝っていて、劣っている部分。

これを客観視出来るかどうか、が大事です。

何となく考えていても、悶々とするだけじゃないですか。

「是が非でも、自分はチームの中で一番のジャンルを作る」と考えておけば、視点も変わります。

それは、大事なアナタ自身の一歩になるはずです。

 

4.チーム内で一番になれば、外でも通用する

どんなに弱いチーム、初心者のみなさんのチームでも、大丈夫。

チームの中で一番になれば、それだけ自分にも自信が生まれます。

そして、外の世界でも戦えるようになる。

自分に一本、軸が出来るんですよね。

自分はこれで、テニスの試合を戦っていくんだと。

強引にでも、自分の中で作って育てていく、外の試合で使っていく。

そうすれば、確実に成長出来るはずです。

 

狙いを絞る、まずはそこからですね。

自分のテニスについて、意外と自分で知らない、分からないこと多くないですか?

これを機会に、ぜひ見直して欲しい。

そうすれば、もっともっとテニスは面白くなるし研究意欲が湧いてくる。

チーム内で一番になること、難しいことでは無いですよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス リターン

    戦術

    フォアハンドで一押し、相手を押し込むコツとは?

    ストロークで、あと一押ししていきたいという場面。フォアハンドで…

  2. テニス 陸上

    戦術

    楽して勝つのが許せない、という人は生涯トーナメントを勝ち抜けない

    先日、こんなご意見を頂きました。「サイトをいつも拝見しています…

  3. 戦術

    テニスにおける、状況判断のコツ

    テニスは、状況判断のスポーツ。これが理解出来ると、試合は一気…

  4. 戦術

    窮地の中に、未来はある

    昨日の錦織選手の試合、ご覧になった方も多いと思います。前日ま…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    強い相手は、試合の中で同じやられ方を繰り返さない

    強い相手は、試合の中でも修正が早い。「でもそれって、経験豊富で…

  6. 戦術

    試合中に、ボーッとしてしまう…

    みなさんは、こういう経験無いでしょうか?こういうブログを書い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「失敗が怖い」ということは、メンタルが弱いことには結びつかない
  2. リターン

    スライスサーブを強打でリターン、もう崩壊寸前です
  3. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスに強い選手が、ネットプレーで考えていること
  4. ストローク

    「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために
  5. テニス ダブルス

    フットワーク

    ピンチの場面では、相手が打つ前に動いちゃおう
PAGE TOP