テニス トレーニング

戦術

テニスで狙いを絞って、チーム内で1番になろう

上手くなりたいのに、具体的に目標が見えて来ない方に。

どんなチーム、環境でも、まずその中で1番を目指してみる。

試合をやれば勝った、負けたの結果が出ますが、「これなら自分が一番」という自信を持てる何かを探して欲しい。

それが見つかるのは、意識して探している人だけ。

そして、見つけた人が試合でも勝てるようになっていくんです。

 

テニスで狙いを絞って、チーム内で1番になろう

 


 

1.何でも良い、強引にで良い

実際に、何でも良いと思います。

サーブでもリターンでも、前衛の動きでも良い。

相手に対する観察眼、でも良いでしょう。

大事なのは、自分で一番になるという意志と根拠。

「なぜ、一番になれると思うのか」

「なぜ、一番になったと確信出来るのか」

この意識があれば、間違いなくアナタ自身は強くなる。

そして、自分から主体的にテニスに取り組めるようになります。

 

2.みんながみんな、良いモノを持っている

私は、こう考えています。

これは、高校時代に教えてもらっていた一般のテニスプレイヤーの方から頂いた言葉。

当時強くもなかった私たちにテニスを教えてくれて、こんな言葉をかけてもらいました。

「みんな、良いモノを持ってるんだから」

この言葉は、忘れられないメッセージとして残っています。

だからこそ、それを磨いていく意識が大事なんです。

 

3.勝敗だけに、目を奪われてはダメ

試合に勝った、負けた、はもちろん大事。

ですが、その結果だけを見ていても何も進歩しない。

身内の試合でも、勝敗の中に何があるのか。

自分が勝っていて、劣っている部分。

これを客観視出来るかどうか、が大事です。

何となく考えていても、悶々とするだけじゃないですか。

「是が非でも、自分はチームの中で一番のジャンルを作る」と考えておけば、視点も変わります。

それは、大事なアナタ自身の一歩になるはずです。

 

4.チーム内で一番になれば、外でも通用する

どんなに弱いチーム、初心者のみなさんのチームでも、大丈夫。

チームの中で一番になれば、それだけ自分にも自信が生まれます。

そして、外の世界でも戦えるようになる。

自分に一本、軸が出来るんですよね。

自分はこれで、テニスの試合を戦っていくんだと。

強引にでも、自分の中で作って育てていく、外の試合で使っていく。

そうすれば、確実に成長出来るはずです。

 

狙いを絞る、まずはそこからですね。

自分のテニスについて、意外と自分で知らない、分からないこと多くないですか?

これを機会に、ぜひ見直して欲しい。

そうすれば、もっともっとテニスは面白くなるし研究意欲が湧いてくる。

チーム内で一番になること、難しいことでは無いですよ。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスが上手くなるのに、センスは要らない

    テニスには、センスが必要。その思い込みは、損するだけと何度も書…

  2. テニス ポジショニング

    戦術

    「緩急打ち分けしたいなら・・・」テニスの試合に出れば分かる、その必要性

    「もっと緩急をつけて!!」テニスのレッスンの中でそう注意するこ…

  3. テニス 練習

    戦術

    「あの人に、これは通じない」って、何で勝手に決めつけるの?

    試合に勝てない、なかなか上のステージにいけない人の思考の典型例。…

  4. テニス チャンス

    戦術

    試合中の自分のリードは、守るんじゃなくて投資に使う

    試合のリードが、後半になると守れない。こういう負け癖…

  5. 戦術

    気持ちが入ったボールって、何かが起きる

    試合の中で、ついアウトボールを触ってしまう。大したボールじゃな…

  6. テニス メンタル

    戦術

    プレッシャーをかけ続けてこそ、相手は疲労を溜めていく

    長い試合に、決着を着けるとき。その時に、「疲労の度合い」が大き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールの体験レッスンで、チェックすべき10のポイント
  2. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合で、「攻撃的にプレーゾーンを前」にしたければ改善しないといけない5つ…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    チェンジアップサーブは、試合でリードした場面で使っておこう
  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう
  5. テニス メンタル

    その他

    横幅が狭いテニスコートでの試合では、「極端にワイドやアングルをケアする戦術」が必…
PAGE TOP