テニス フットワーク

その他

テニスで結果を出して「大きな目標を成し遂げたい」なら、まず今いるチーム内でNo.1を目指そう

テニスの試合で結果を出している人、最初から大きな目標を立てて取り組んで成功した人・・・何人いるでしょうか?

私も何人かプロテニス選手と会って話したことがありますが、決して目標が最初から高かった訳では無い。

むしろ、目の前のこと、近くのことに常に集中していただけ。

であればアナタも、まずは今いるチームの中でまず一番になること。

これをしっかり目指してみて、損は無いと思います。

 

テニスで結果を出して「大きな目標を成し遂げたい」なら、まず今いるチーム内でNo.1を目指そう

 


 

■部内No.1になることから、逃げてはいないか?

テニス部、テニスサークル、社会人チーム、スクールのクラス。

その中で一番手になること、アナタはイメージ付いてますか?

一番手になれている人は、さらに周りを突き放していくイメージ、ありますか?

ここを避けている人は、試合からも自然に逃げていく可能性が高い。

勝ち上がっていく、ということは周りを倒していくこと。

テニスの上達においては、まずしっかり周囲の人に勝っていくことを受け入れる、覚悟を決めることが大事です。

 

■良く知る仲間を倒す、ことが出来なければ外の試合では絶対に勝てない

よく「負け癖が付いている人」という言葉がありますが、どういうことか?

私はシンプルに、「身近な人に勝てない人、癖が付いている人」なんだと思います。

情報がたくさんある、よく知っている人なのに勝てない、というのはハッキリ言って工夫が足りない。

実力で劣っても、試合では工夫次第で絶対に勝ちを拾うことは出来る、可能性があるのがテニス。

相手の弱点を探す、長所の対策を練る、その観察を怠って工夫しない、のであれば怠慢と言われても言い訳は出来ない。

チーム内でNo.1になる、ためには普段からしっかり周りを観察して普段から試合の意識を持つ、ことが大事なのです。

 

■毎日の練習に緊張感が生まれる

チーム内でのNo.1を強く意識すると、まず練習が変わる。

普段の練習から、絶対に負けない、よく観察しようという意識が高くなる。

これこそ正に、狙うところなのです。

漠然と練習を頑張ろうと思っても、なかなか難しい。

だからこそ思い切って、「部内でNo.1を目指す、勝ち取る」ということを強く、自分の中で約束したい。

テニスノートに書いて、可視化しておくことをオススメします。

 

部内戦は、厳しい戦い。

レギュラーを決める、先輩後輩も無くなる戦いに勝つためには、普段の意識が何より大事。

外の試合に勝ちたい、であれば内の試合ではそれ以上の内容が求められると思っておきましょう。

周りの仲間が良いライバル、と思えるかどうかはアナタ次第。

自分を強くしてくれるライバル、を全員倒して外に出ていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. その他

    「コーチとの出会いに感謝」本当にテニスを強くなるのに必要なアドバイスとは?

    俺の今までのテニス人生は、色んな人からコーチしてもらって成り立っている…

  2. テニス メンタル

    その他

    「技術の前に体力作り」テニス以外のスポーツでも身に付けることができる体力の重要性

    何歳までが子供というのか分からないが、高校生はまだまだカテゴリーとして…

  3. テニス ラケット

    その他

    「自分よりテニスが上手い人たちとの練習」で、意識して欲しい5つのこと

    テニスをやっていれば、たくさんの人との出会いがあります。もちろ…

  4. テニス メンタル

    その他

    「テニスの世界において、多数派で無いことは武器になる」アナタの個性を磨いていきましょう!

    今回は、少し趣向を変えて漠然としたテーマで。勉強でも仕事でも何…

  5. テニス 指導

    その他

    「規律と平等」が無いテニスチームには、強い選手は育たない

    「部活の上下関係で、悩んでいます・・・」といった声、よく伺います。…

  6. その他

    テニスの試合で必要な、「ボールを動かし、相手を動かす」感覚を養う練習メニュー

    今回、ご紹介するメニューは、今までのメニューとは一味違います。…

特集記事

  1. テニス スライス

    戦術

    準備とは守りではなく、武装である
  2. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブこそ、ダイナミックさが必要
  3. テニス コート

    スマッシュ

    「スマッシュ、チャンスか否か・・・。」テニスの試合ではコースを隠すことでチャンス…
  4. 戦術

    出来ていないこと、を受け入れていくことから
  5. テニス 錦織圭

    ストローク

    シングルスの試合で有効な「相手を深く、えぐるストローク」を身に付けるためには…?…
PAGE TOP