テニス メンタル

その他

「初めてのテニスの大会で慌てない」為に、確認しておきたい5つの常識

どんな上級者も、初めてテニスの大会にエントリーして出場するときは緊張したもの。

テニスの大会に出場する・・・ということは、試合で実力を発揮できるかどうか以上に、大会自体の進行にストレスや不安を感じることなく、過ごせることが大切です。

そこで今回は、改めてテニスの大会にエントリー・出場する際に知っておきたい常識的なことをまとめてみました。

これから大会に出てみたい!という方に、参考になればと思います。

 

「初めてのテニスの大会で慌てない」為に、確認しておきたい5つの常識

 


 

1.試合会場に到着したらまず「エントリー受付」を

会場に到着したら、まずは大会本部に顔を出しましょう。

エントリー=受付の時間になっていなくても、何時から受付可能かを聞いておけば安心です。

そしてほとんどの大会では、受付から試合開始の前までに大会に関する説明がレフェリーの方から参加者に対して行われます。

細かいルール、ノーアドバンテージ制度か、アップはサーブのみか・・・など、聞き漏らさないように注意しておきましょう。

 

2.ボールとスコアカードの受け取りは「対戦相手と分担」が基本

ほとんどの大会では、自分たちの試合が控え(今進行している試合が終わったら入る試合)に配置されると、本部に呼ばれて試合で使うボールとスコアを記入するスコアカードを受け取ります。

そして双方でどちらかを持って試合が入る予定のコート脇で待機する訳ですが、コートが移動になる場合もありますので、本部のアナウンスには常に耳を立てて聞き漏らさないようにしましょう。

また、リーグ戦形式で行われる大会などは、スコアをそのリーグ内の幹事チームが記録してボールもまとめて管理する大会もあります。(山中湖、白子の大きなイベントはコレです)

その際には、幹事チームになったらマメに同じリーグの参加者の方とコミュニケーションを取りつつ、幹事チームにはスコアを早く報告する等協力的に接するようにしましょう。

 

3.「試合に勝った」ならすぐに本部に報告

試合が終了して見事勝利!となった場合、余韻に浸る暇はありません。

本部にスコアとボールを持ってすぐに報告に行きましょう。

つい、初めて出た大会だと舞い上がってしまいがちですが、この報告が遅れると全体の大会進行も遅くなってしまいます。

その際に念の為、スコアは相手選手にも確認してもらうと間違いがありません。

 

4.会場から離れる際には、「必ず状況確認と本部に一声」かけること

昼食やドリンクは事前に充分に買い込んでおくのがベストですが、どうしても買い出しに行かなければならないケースもあります。

その際には、試合進行の状況を確認して本部に一声かけて、最短時間で行くようにしましょう。

ダブルスの大会であればペアの片方の選手が残っておくと安心です。

 

5.何より参加者、運営者と「たくさんコミュニケーション」を取る

テニスの大会に参加したことが無い方は、自分の試合でいっぱいいっぱいになりがちです。

試合での緊張をほぐす意味でも、ある程度時間に余裕があればたくさんの方と積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。

対戦相手にアドバイスをもらうも良し、運営者から次回の大会案内を聞くも良し。

人は会話をすることで気持ちも前向きになります。

これも大事なマナー、ポイントですので、意識してみて下さい。

 

テニスというスポーツは大会で、試合で成長していきます。

真剣勝負の場面では悔しいこと、納得できないこともたくさんあります。

それでも今回挙げた基本的な進め方を認識しているだけで、きっとアナタ自身の実力はより発揮されるでしょう。

そして新しい試合初心者の方と大会会場で出会った際には、優しく受け入れて育ててあげる。

そんな懐の深さで、迎えてあげて下さい。

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス 客観視

    その他

    30歳からのテニスは、「衰えを受け入れてこそ」試合に勝てる技術が身に付いていく

    私自身、最近感じることがあります。テニスを始めた頃は、速いボー…

  2. その他

    「結果の出せるコーチであれ」試合で勝てるテニス選手を育成する為に

    テニスコーチを最初に始めたのは高校2年生の時なんだけど、当然それまでは…

  3. その他

    「攣りやすいあなたへ」テニスの試合に出る選手は、対処と準備を覚えておくことが大切

    暑いこの時期、練習、試合と皆頑張って動きまくっていると、大量の汗をかい…

  4. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての「肩書き」を外したときに、アナタには何が残るだろうか?

    今回は少し、重たいお話を。いつも重たいと感じている方は、すみま…

  5. その他

    同じコースに打ち続ければ、相手も眼が慣れるのは当たり前

    普段の練習、試合と何が違うのか。それって、大前提としては「慣れ…

  6. その他

    テニス部内で士気を下げる、「テニス評論家かぶれ」は必要ありません

    皆さんの周りに、こんな人はいませんか?テニスついてやたらと詳し…

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブは安全に、が通用するのは3回戦まで
  2. テニス 緊張

    練習メニュー

    試合直後の練習こそ最高、だけど難しいなら・・・どうしましょう?
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    守備力の高いダブルスペアが実践している「ピンチでロブを上げてしっかり守る」為に必…
  4. ロブ

    ミックスダブルスで女性の上にロブ、を打つことは勝つための大前提です
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでダウンザラインに展開するときには、「今いる自分のポジション」をしっか…
PAGE TOP