テニス

戦術

「0-5からでも活路を見出す」テニスの試合で大切な、諦めない戦い方

1セットマッチのテニスの試合は、あっという間に終わります。

恐ろしいのは、実力差はさほど無くてもちょっとしたきっかけで、スコアに差が開いてしまうこと。

1ポイントずつの積み重ねが大切なテニスの試合。

もし、がけっぷちの0-5まで追い詰められたらどう戦えば良いのでしょうか。

今回はメンタルよりも具体的な対応方法を、考えてみたいと思います。

 

「0-5からでも活路を見出す」テニスの試合で大切な、諦めない戦い方

 


 

1.「ポイントの取られ方」をしっかり確認する

実力差はさほど無いのにスコアが離れている場合、多いのはポイントをワンパターンで失っているケース。

ダブルフォルトが多い、またはリターンミスが多いなど、あまりラリーになっていないケースも多いかも知れません。

ラリーは繋がっても、最期のポイントの取られ方が同じパターンもあります。

冷静にチェンジコートの際に振りかえってみて、対策を練りましょう。

普段から、0-5でチェンジコートするときに自分はどんな対策が打てるのか、日頃の練習からイメージしておくようにしましょう。

 

2.意識して「ゆっくり」とゲームを進める

0-5の段階で、しっかり意識して欲しいのは一気には追い付けないということ。

だからこそ、じっくりじっくり、1ポイントずつを時間をかけてこなすように意識してみて下さい。

もし、アナタの相手が「早く試合を終わらせたい・・・」と少しでも考えているようであれば、そこに付け込む隙があります。

ただ時間を稼ぐのではなく、①のようにポイントを整理しながら、時間を有効に使う意識を持ちましょう。

 

3.2ポイント以上リードしたら「思い切った攻撃」を相手に見せておく

「手負いの熊」は、最も凶暴だと言われています。

アナタ自身も、そうあるべきです。

即ち、自分達が苦しい時に「反撃」する力は、普段にも増して大きな力になるということ。

相手もあと1ゲーム、という意識が働くことでミスを期待してるケースも多いので、攻撃する姿勢は失ってはいけません。

一番まずいのは、ミスを恐れて最後まで消極的になること。

テニスは1ポイント1ポイントがアウトオブプレーになスポーツですので、どんな結果にせよ切り替えが大事です。

 

4.厳しい局面ほど、「堂々とした姿勢」を貫く

これはメンタルの話ではなく、具体的な提案です。

どれだけスコアで負けていようが、アナタは最後まで戦う姿勢を相手に、そして周囲に魅せていかなければいけません。

これは、メンタルの強さが問題なのではなく、技術の有る無し、そして実行できる勇気の有る無し、の問題です。

もし勝負の神様がいて、0-5からチャンスをくれるとすれば、下を向いているような人に微笑んではくれないのです。

 

社会人になってテニスをしていると。「休みの日に試合に出て、何でこんな苦しい想いをしなければならないんだろう・・・」と、ふと感じることもあります。

それでも、テニスの、スポーツの試合というのはそういうモノ。

勝者がいて、敗者が生まれる。

その境目は、どんな場面なのかは分かりません。

2-2の場面か。4-4の場面か、もしかすると0-5の場面かも知れません。

苦しい、だけどそれに抗うような姿勢は、必ずアナタ自身にとってもプラスになります。

今回の内容が少しでも、試合で追い込まれたときのヒントになれば・・・と思います。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. 戦術

    コードボールも、自分リスクを冒した一つの結果

    試合の中で、自分が打ったボールがネットに当たる。そのボールが…

  2. テニス メンタル

    戦術

    小さなポジションのズレを、強い相手は見逃さない

    強い相手って、「触れない場所」に打って来る。お互いにテニスコー…

  3. テニス メンタル

    戦術

    「何をすれば、損なのか?」を、テニスの試合では考えよう

    試合に勝ちたい気持ち、みなさん強いですよね。でも、これが強すぎ…

  4. 戦術

    ボールをコントロール、の次は相手をコントロール

    これが楽しいと思えるようになれば、試合も強くなる。みなさんも…

  5. テニス メンタル

    戦術

    「ミスしようがナイスショットだろうが、次、次」と無表情が基本

    試合中に、出来るだけ意識したいこと。それは、相手に自分を悟られ…

  6. テニス 部活

    戦術

    テニスで県内No.1になりたければ、「思い切った勝負」に

    今日から4月。新学期、新入生・・・色々と新しいこと、始まる時期…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    良い意味で「対戦相手を認める」ことが出来れば、試合はもっと楽に戦える
  2. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスに試合で「ポーチに出る良いタイミング」は、相手の打点が低いときに限る
  3. テニス 序盤

    日々の雑記

    刺激無くして、進歩無し
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの打点が定まらない人は、「ラケットを振り出すタイミング」を少し早くして…
  5. テニス サーブ

    戦術

    主力選手、そして特徴のある代打選手を用意しておこう
PAGE TOP