テニス

戦術

「0-5からでも活路を見出す」テニスの試合で大切な、諦めない戦い方

1セットマッチのテニスの試合は、あっという間に終わります。

恐ろしいのは、実力差はさほど無くてもちょっとしたきっかけで、スコアに差が開いてしまうこと。

1ポイントずつの積み重ねが大切なテニスの試合。

もし、がけっぷちの0-5まで追い詰められたらどう戦えば良いのでしょうか。

今回はメンタルよりも具体的な対応方法を、考えてみたいと思います。

 

「0-5からでも活路を見出す」テニスの試合で大切な、諦めない戦い方

 


 

1.「ポイントの取られ方」をしっかり確認する

実力差はさほど無いのにスコアが離れている場合、多いのはポイントをワンパターンで失っているケース。

ダブルフォルトが多い、またはリターンミスが多いなど、あまりラリーになっていないケースも多いかも知れません。

ラリーは繋がっても、最期のポイントの取られ方が同じパターンもあります。

冷静にチェンジコートの際に振りかえってみて、対策を練りましょう。

普段から、0-5でチェンジコートするときに自分はどんな対策が打てるのか、日頃の練習からイメージしておくようにしましょう。

 

2.意識して「ゆっくり」とゲームを進める

0-5の段階で、しっかり意識して欲しいのは一気には追い付けないということ。

だからこそ、じっくりじっくり、1ポイントずつを時間をかけてこなすように意識してみて下さい。

もし、アナタの相手が「早く試合を終わらせたい・・・」と少しでも考えているようであれば、そこに付け込む隙があります。

ただ時間を稼ぐのではなく、①のようにポイントを整理しながら、時間を有効に使う意識を持ちましょう。

 

3.2ポイント以上リードしたら「思い切った攻撃」を相手に見せておく

「手負いの熊」は、最も凶暴だと言われています。

アナタ自身も、そうあるべきです。

即ち、自分達が苦しい時に「反撃」する力は、普段にも増して大きな力になるということ。

相手もあと1ゲーム、という意識が働くことでミスを期待してるケースも多いので、攻撃する姿勢は失ってはいけません。

一番まずいのは、ミスを恐れて最後まで消極的になること。

テニスは1ポイント1ポイントがアウトオブプレーになスポーツですので、どんな結果にせよ切り替えが大事です。

 

4.厳しい局面ほど、「堂々とした姿勢」を貫く

これはメンタルの話ではなく、具体的な提案です。

どれだけスコアで負けていようが、アナタは最後まで戦う姿勢を相手に、そして周囲に魅せていかなければいけません。

これは、メンタルの強さが問題なのではなく、技術の有る無し、そして実行できる勇気の有る無し、の問題です。

もし勝負の神様がいて、0-5からチャンスをくれるとすれば、下を向いているような人に微笑んではくれないのです。

 

社会人になってテニスをしていると。「休みの日に試合に出て、何でこんな苦しい想いをしなければならないんだろう・・・」と、ふと感じることもあります。

それでも、テニスの、スポーツの試合というのはそういうモノ。

勝者がいて、敗者が生まれる。

その境目は、どんな場面なのかは分かりません。

2-2の場面か。4-4の場面か、もしかすると0-5の場面かも知れません。

苦しい、だけどそれに抗うような姿勢は、必ずアナタ自身にとってもプラスになります。

今回の内容が少しでも、試合で追い込まれたときのヒントになれば・・・と思います。

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. 戦術

    自分より強い相手と戦うなら、真っ向勝負は避けて当然

    対戦相手と、真っ向勝負。これは、非常に危険だと私は思っています…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「リードしたら、それをメンタル的に活かす」ことで楽に試合を運べる

    テニスの試合、それは「ゲームを獲る」ことの積み重ね。漠然とプレ…

  3. テニス マナー

    戦術

    「初心者」という意識を捨てた人から、テニス選手として巣立っていく

    無意識にでも、自分の心の中に潜んでいるもの。それは間違いなく行…

  4. テニス 並行陣

    戦術

    試合の現場では、「頑張ったけど落としたポイント」という発想は捨てること

    試合の中で、ガクッと来るような場面。それって、例えば長いラリー…

  5. テニス メンタル

    戦術

    試合の流れが悪いときに、実践したい5つのこと

    1セットマッチの試合でも、試合の中で良いとき、悪いとき、は必ずあります…

特集記事

  1. テニス ミス

    メンタル

    「負け癖」を拭い去っていく為に必要なのは、〇〇を変えること
  2. テニス リターン

    ストローク

    「フォアハンドストロークの高い打点」をテニスの試合でしっかり打ち切るためのポイン…
  3. テニス 確率

    サーブ

    テニスの試合、アナタのサーブに足りないのは、ズバリ「成功体験」です
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップ、ボールは斜めに持つのが基本
  5. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    身近に上手い人がいるなら、テニスは教わるよりも感じれるようになろう
PAGE TOP