テニス ロブ

ボレー

「深いボレーとドロップボレーを簡単に打ち分ける」テニスのネットプレーで役立つグリップワークとは?

ネットプレーが上手いプレイヤーは、前後の駆け引きと打ち分ける技術がしっかりしています。

最近のプロ選手の試合を見ても分かる通り、ストロークやフットワークの技術の進歩が著しく、ネットプレイヤーはただ深く返球してチャンスを待つ余裕はありません。

常に前を意識させる為にドロップボレー、ハーフボレーを混ぜる必要があります。

今回は、打ち方のフォームがどうこうでは無く、グリップの握り方や握るタイミングをずらすことでボールの飛ぶ距離を調整する。

これに焦点を当ててみます!

 

「深いボレーとドロップボレーを簡単に打ち分ける」テニスのネットプレーで役立つグリップワークとは?

 


 

◼️グリップの握るタイミングとボールの飛距離の関係

普段、何気無くボレーをしている中で無意識にできている方もいますが、基本的にはラケットにボールが当たるタイミングでグリップをぎゅっと握ります。

この握る力が強いとラケットが早く下に動きますので、ボールの飛距離も出ます。

リラックスした状態から、利き腕の手の小指から握り込むようにすると、より力が伝わりやすいです。

初中級までのレベルであれば、これをマスターすればテニスの試合である程度戦えます。

 

◼️グリップの握り込みを早くすれば、自然にドロップボレーになる!

ネットにいて、早いストロークのボールがくるとつい慌ててしまいますよね。

そんなときに、当たり損ないで意図せずドロップボレーになったことはありませんか?

こんな場合、実は今回のコツが作用している場合があります。

グリップを強く握った状態でボールに当てると、ボールは飛びません。

ラケットがしなって戻る、ラケット全体の動きを止めているので、衝撃を吸収してしまいます。

 

◼️緩い、遅いボールはラケットを握り込まないくらいでドロップになる!

例えばネット際に落ちて余裕がある、そんなチャンスボールなら、グリップを握らないままに優しく触れば自然にドロップになります。

簡単なように見えますが、ラケットの真ん中にあてることが大切。

力を抜いているので、ラケットの端に当たるとヘナっとなってコントロールできません。

またこのパターンでは少し演技が必要で、あからさまに力を抜いている雰囲気が出てしまうと、相手もドロップを警戒して走ってきますよね。

打ち込むそぶり、はテニスの試合で必要な技術です。

恥ずかしがらずに、家の鏡の前で練習しましょう!

 

細かい技術を紐解いていくと、ドロップ系のショットのコツはたくさんあります。

回転量を増やす、スライスをかけるのも良し、ですが、初心者の方から始めやすいのがこの握り方の調整だと思います。

まずはとにかく一度実践してみて、違うかなと感じたら別な方法を模索してけば良いんです。

是非一度、コート上で試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. ボレー

    ロブのカット、コースに一工夫を

    相手のロブを、ハイボレーでカットする。このカットしてつなげる…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの連続性は、「バックボレーの後の構え直し」のスピードにかかってくる

    ネットプレーでのスピード感。何度も、打った後の「構え直し」が大…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのプレーで、「ネットプレーでラケットが視界から消える人」は、テイクバックが大き過ぎるので試合で…

    「ボレーはラケットを引かない!振らない!」という感じのアドバイス、よく…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    試合で意外とよく使う「ハーフボレーの感覚が分からない・・・」人は試して欲しい4つのアイデア

    ハーフボレー、しっかり返球できるとネットプレーに隙が無くなります。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーの準備は、「利き腕では無い方の手のひら」を使えば抜群に安定します!

    バックハンドボレーのミス、大半は「準備が遅いのと、大きい」のが原因にな…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュに決定力が無い」と感じている人が、意識したい5つのポイント
  2. ボレー

    ネットプレー上達のコツは、「ボールキープの感覚」を持つこと
  3. テニス 攻撃

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で有効な、「サーブ後のポジション入れ替え」大作戦とは?
  4. ストローク

    シングルスの試合で、バックハンドを集中攻撃されて負ける人は、「ストロークのコース…
  5. テニス ラグビー

    その他

    帝京大学ラグビー部に学ぶ、「体育会の負の部分を取り去る勇気」はテニス部にもとても…
PAGE TOP