テニス スライス

ボレー

自分のボレーを「下半身から重たいボール」にする、4つの秘訣

自分のボレーに、「重たさ」はあるのか・・・。

簡単にパッシングで抜かれる場面が増えると、つい考えてしまいますよね。

ボレーの重さ、はなかなか伝わり辛いし身に付きにくい。

でも、皆さんが上で戦うには絶対に必要な要素になります。

 

自分のボレーを「下半身から重たいボール」にする、4つの秘訣

 


 

1.適度なスライス回転

ボレーにおける「重さ」とは、バウンドしてから「滑る」こと。

低く滑ってバウンドしてくるボレーは、皆さんでもストロークで返球し辛いですよね。

自分のボレーに、適度なスライス回転がかかっているのかは、常に確認しましょう。

手首でこねるのではなく、下半身を使って前に踏み込みながらボールの少し下を触ってスライス回転、意識していきましょう。

 

2.下半身=骨盤から横向きを作る

ボレーのときに、まず反応させるのは骨盤。

骨盤を少しひねることで、自然に上半身と下半身がつられて横向きを作ることが出来る。

横向きを作ると相手に「コースを隠す」ことが出来るので、良い「重さ」が生まれるんです。

重さって、ボールの勢いだけじゃない。

「どこに打って来るか、分からない・・・」というのも、精神的に良い「重さ」になりますよ。

 

3.踏み込みながら、ボールを捕らえる

少し自分に余裕があるときには、前に踏み込む。

ボレーでは、前足が浮いているまさに踏み込んでいる最中にボールを触れると良い重さが生まれます。

その為には、早くボールに触りたい気持ちをコントロールして、ボールを引き付けること。

引き付ける意識が生まれると、ボレーは各段に上達します。

 

4.ボールの打点に対して、上から入る

明日からでも、直ぐに出来ることはこれです。

ボレーが軽い人のほとんどは、打点に対して上から入れていない。

ラケットの準備の高さが足りない、からボレーが軽くなったりアウトしたりするんです。

上から入っても、スライス回転をかけるように少しラケット面が上を向けば、自然にボールは抑えられる。

準備のときのラケットの高さ、意識してみて下さい。

 

実際に相手にストロークに入ってもらい、感じてもらう。

そして、自分の目で見て「重たいボールなのか・・・?」を、相手の反応を観ながらチェックしてみましょう。

後ろにのけぞるようにして、苦しそうにしているのかどうか。

試合の中でも観察出来るポイントは、練習から確認出来ますからね。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ボレー

    「伸びてくるスライス」のハイボレー、本当に難しい!

    簡単そうに見えて、難しいボール。テニスの試合では、たくさんあり…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスで低い位置からの速いボレー、を打っているうちはまだまだ未熟

    ダブルスの並行陣、または少しロブで下げられた場面。テニスでは、…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでのボールとの距離感、どっちの足基準?

    ネットプレーでバシッと良いボレーを打つ。これ、上手い人のボレ…

  4. ボレー

    ファーストボレーのコツは、視界の中に相手を何となく入れること

    ダブルスの試合で、サーブ&ボレーで前に出る。並行陣には必須のス…

  5. ボレー

    ボレーが安定している人は、ラケットと身体の距離がいつも一定に保てている

    ボレーを安定させて、試合で使っていきたい。そう考えている人は、…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレー強化!」一番力は入らないショットの対策とは?

    「困った時にはバックのハイボレーを打たせよう!」そう考えたこと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「深いストロークを合わせるだけの返球」になる人は、考え方から変えま…
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    フラット気味な速いストロークに対抗するには、「低い態勢でラケットヘッドをしっかり…
  3. リターン

    リターンミスが多い人は、「伸び上がり」を抑えて安定感を高めよう
  4. サーブ

    サーブ&ボレー相手にパッシング、難しいって
  5. 練習メニュー

    日々の練習を、大切に出来る人はこういう人
PAGE TOP