テニス 練習

メンタル

練習でも試合でも、テニスコートに立てば人格を変えられる人になろう

「一般とプロ選手の違いって、どこですか?」と、聞かれる機会が多いので最近考えています。

私もたくさん、生で試合を観戦したり主審席から観て来ましたが・・・コートで自分を変えることが出来る、というのは強い選手に共通している。

テニスコートに一歩足を踏み入れると、そこは戦場そのもの。

もちろん賞金がかかっている、生活がかかっているという意味でプロ選手は熱くなって当然ですが、私たちにも何かヒントになる部分はあるはず。

人格を変える。

もしかしたら、私たち日本人が一番苦手な部分、かも知れませんね。

 

練習でも試合でも、テニスコートに立てば人格を変えられる人になろう

 


 

■コートには自分と「獲物」しかいない

アナタは試合に臨むとき、どんなことをモチベーションにしますか?

草トーであれば賞品、学生の皆さんなら県大会、全国大会への出場権でしょう。

とにかく優勝、という形で何かしらの名誉を得て認められたい、という人がほとんどだと思います。

でも、それを成し遂げるには、当たり前ですが今目の前にいる相手を倒して、自分が上にいかないといけない。

目の前にいるのは、自分にとって「獲物」でしかない。

平穏な日常から、コートに立ったら全てが変わる。

テニスの試合に、引き分けはありませんからね。

この切り替えが出来る人は、やっぱり試合でも強い。

自分が勝つか、負けるしかないのです。

 

■人格を変えることは、試合における「常套手段」である

よく周りから、「試合になると別人だよね・・・」と言われること、ありませんか?

もしかしたら、マイナスな意味合いのケースが多いかも知れませんね・・・実力を出し切れていない、練習の方が調子良いじゃん!って。

プラスの意味、つまり試合になると練習よりも強い、集中力が高まる人、実は少ないんじゃないでしょうか?

これは、性格的な部分もあると思いますが、私はテニスに関しては変えていけると思っています。

保守的な人が、積極的になる。

逆に攻撃的な人が、粘りで勝ちに徹するテニスが出来る。

問題は、アナタ自身が「コート上で、どんな選手でありたいか」なのです。

その意識があれば、どんどん人格は変えていける。

テニスコートの上では、です。

 

■「良い人だけど、勝てない」を卒業しよう

テニスの試合では、ルールを守って試合を進めれば何でもあり。

もちろん、マナーも大切。

ですが、そこを意識し過ぎて相手に対しても「お行儀良く」終わっては、なかなか試合で勝てないでしょう。

決して、汚い試合をしろと言っているのではありません、むしろ逆。

良い人を卒業して、勝つために何が出来るのかを考えられる「人格」を意識して欲しい。

それはテニスのプレースタイルにしてもそう。

人格と言うと、つい発言する言葉や態度、雰囲気をイメージするかも知れませんが、何よりプレースタイルこそがテニスにおける人格、なのです。

アナタのテニス、ただの「良い人のプレースタイル」、になってはいませんか?

 

抽象的な話ですみません。

コートの上では、とにかく「良い人」を卒業しましょう。

コートから離れたところでの自分と、分けて考える。

練習にしてもそう。

相手を本気で想えば、きっと厳しい攻撃や言葉だって出て来るはず。

それで良いんです。

信念を持って行動していれば、そこに異論が出て来ても徹底的に向き合えば良い。

新しいテニスのプレーが、そこから生まれていくはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. テニス センス
  2. メンタル

    ハッキリとした負け、でしか見えてこないものがある

    みなさんにとって、必要なもの。厳しく苦しいですが、意外とテニス…

  3. テニス ミーティング

    メンタル

    みんなが望む結果は、テニスの試合では得られない

    大坂なおみ選手の優勝、その表彰式が物議を醸しています。私自身、…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「満足する日」があっても良いけど、翌日まで引きずってはダメ

    テニス選手として、最高に嬉しいこと。それはやっぱり、試合に勝つ…

  5. テニス センス

    メンタル

    テニス業界に根強い「実績至上主義」が、私は大嫌いです

    私自身、テニスは好きですが、嫌いなところもあります。それは、選…

  6. テニス サーブ

    メンタル

    ほとんどの試合は、マッチポイントの前にとっくに終わってる

    テニスの試合での、大逆転。みなさん、どれくらい経験して来たでし…

特集記事

  1. テニス メモ

    その他

    テニスノートの基本的な書き方について、ポイントは「客観性と具体性を盛り込むこと」…
  2. サーブ

    自分のナイスサーブを得点につなげる5つの法則
  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合でしっかり「ポイントが奪える」スマッシュに必要なのは、2種類スマッシュを打ち…
  4. その他

    「あなたの労力数値、どれくらい?」テニスの試合を勝ち進むには、労力管理能力が問わ…
  5. テニス メンタル

    その他

    言葉は強く、残り続ける
PAGE TOP