テニス ストローク

メンタル

試合の終盤「ここぞ!」という場面では、失点を恐れてはいけない

勝負強い人って、みなさんの周りでもいませんか?

私自身、そうありたいと思って頑張っている中で、最近改めて感じていること。

試合の終盤、ここぞという場面、あるじゃないですか。

ここでの姿勢、こそアナタ自身の強さ。

ぜひ、ご自身で考えてみて下さい。

 

試合の終盤「ここぞ!」という場面では、失点を恐れてはいけない

 


 

1.4-4 30-30 のポイントをイメージしてみましょう

試合の終盤、緊迫した場面での選択。

みなさんは、どんなプレーの選択、を普段してるでしょうか?

つい、相手のミス待ち・・・になってしまうような形、多いんじゃないでしょうか。

私だってそうです。

4-4 30-30 なら、次のポイントは絶対に欲しい。

そのポイントでゲームポイントに乗せれば、相手にはかなりプレッシャーがかかりますからね。

こういう場面で、まずいのは「失敗したらどうしよう」と思うこと。

ここでどういう選択が出来るのか、がアナタ自身の強さ、です。

 

2.失点を恐れる、のが一番怖いこと

試合では、これが言えます。

失点が怖い、誰でもそうかも知れません。

でもその恐怖心に支配されると、もっと恐ろしいことが起きてしまう。

それは、自分自身を信じられなくなってしまう、ということです。

失点が怖いから、無難な選択になってしまって結果的に失点する。

特に、勝負どころのような場面で、この「失点を恐れる」というのが一番怖い。

なぜなら、強い相手ほどそういうアナタ自身の弱さ、恐怖心を、見逃してはくれないからです。

 

3.「ここぞ!」という場面、だからこそ結果を気にしない

私は、こう心に決めています。

「ここぞ!」という場面では、強気にいくと試合前に決めている。

だから、結果は気にしないんですよ。

ダブルスなら、間違いなく前衛が最初に動く。

これが出来ていれば、結果は気にしない、付いてくるものですから。

大事なポイント、もちろん落とすのは痛いですよ。

でも、恐怖心に支配される方が、その何倍も怖い。

アナタ自身、試合で経験してきているはずです。

結果は気にしない、プロセスや過程にだけ、しっかりと意識を置く。

これが準備の段階から大事、です。

 

4.失点を恐れない相手、ほど怖いものは無い

攻撃は最大の防御、じゃないですが、テニスってこれがあります。

失点を恐れない相手って、怖いじゃないですか。

どんどん動いて来るから、プレッシャーも凄い。

それも、大事な場面でこそ動けるペアが、本当に試合で強いペアなんですよね。

失点を恐れないって、簡単なことじゃないですよ。

でも、結果的にそういうプレー、割り切ったプレーが出来ている選手が勝ち上がっていく。

結果的に勝負強い、と言われる選手は、こういう発想がベースにあるんだと思います。

 

失点を恐れない、それも大事なポイントほど、大胆に。

このキーワードは、T-PRESS全体の指針でもあります。

普通に考えて怖い、と思うなら、アナタの破るべき殻でしょう。

次の試合、大胆に動いてみませんか?

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス 陸上

    メンタル

    「テニスは上手いのに試合で勝てない人」の共通点5つ

    部活の練習だといつも良いボールを打っているのに、試合になると急にフォー…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    試合中に「いきなり自信を失う」経験は、誰にでもあるはず

    試合中に、自分に自信を失ってしまうこと。みなさんも経験、ありま…

  4. メンタル

    競争があるから人は努力し、頑張った人が最期は勝つ

    テニスの試合がどうも苦手、踏み切れないという方。その理由の大き…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    闘志を見せない相手には、必ず奥底に隠している強さがある

    皆さんは、試合で戦い辛い相手って、いますか?私はこんな選手。…

  6. メンタル

    「なぜ、試合で勝つ選手になる為に、テニスノートが必要なのか」それは自分の変化を確認できるから

    テニスでは、直接自分と対戦することはできません。アナタは、1年前の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 客観視

    リターン

    「相手がクロスにしかリターン出来ない場面」を考えよう
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの上達に最も必要なのは、「自分で感じて、盗む力」です
  3. メンタル

    良くない自分を、試合中に認めることで勝機を見出す
  4. テニス ガット

    その他

    テニスの試合で一番使う「利き腕の握力」は、大事に使おう
  5. シングルス

    シングルスの試合で、体力温存したければ?
PAGE TOP