ダブルス

ポーチに動ける前衛は、この発想でプレー出来ている

ダブルスの試合でポーチに出たい、だけどミスが怖い・・・というみなさん。

何度も書いて来ましたが、この発想は試合ではもったいない。

ミスは相手にしてもらう、のが前衛の基本的な考え方ですから。

その根拠、を改めて確認しておきましょう。

 

ポーチに動ける前衛は、この発想でプレー出来ている

 


 

1.まず、ダブルスの大前提から

ダブルスの試合、雁行陣ならこんな感じ。

前衛がネット近くにいる、これって相手のストローク側の選手からすると、それだけでまずプレッシャー、なんです。

特に、前に詰めて来るような相手ですよね。

ネットに近いとそれだけで圧迫感があるし、当たり損ないもネットを越えてドロップショットになる。

だからこそ、細かく前に出る動き、が試合では大事になるんです。

この結果、相手が打つコースを狭めること、が出来ますから。

イメージとしては、ボールと一緒に、自分も前に出ていくような↓のような感じ。

相手の後衛からすると、ボールも相手の前衛も一気に迫ってくるから、圧迫感が凄い。

「相手前衛が触ったら、どうするの?」という怖さもありますが、それも相手前衛を見ながら駆け引きしましょう。

普通に打とうと思っても、なかなかコントロール出来ないはずです。

 

2.相手後衛のポジションに応じて、前衛も細かくポジションを変えよう

これが、勝てるダブルス、参加出来る前衛の考え方です。

相手後衛が、どこから打って来るのか。

それに応じて、自分のポジションも微妙に変える。

ニュートラル、普通のポジション、はこんな感じ↓でしょうか。

相手の後衛も、自分も、これが基本の形。

そこから、例えば相手の後衛がセンターに寄っている感じ↓になると・・・どうでしょう。

赤側の前衛も、しっかりとセンターに寄る。

相手のボールがセンターなら、そこからセンター付近にボールが来る可能性が高いですからね。

このプレッシャーのかけ方、が出来るかどうかがポーチの肝になります。

良いんです、自分の外側、この場合ですと向かって左側に打たせる↓感じで。

このコースは、ネットも高いし速いボールは入り辛い。

そして何より、軌道を見て触れそうに見えませんか?

センターから端、に打つことはテニスでは難しいんです。

ネットかアウト、を上手く誘うことが出来る、のがこのセンター寄りの前衛のポジションでしょう。

 

3.浅いボールでも、プレッシャーをかけることが大事

私は、意図的に相手の浅いボール、にもプレッシャーをかけます。

↓の図のように、青側の後衛が少し前に来るようなボール、でも打点が低い・・・ときには、センターへ前衛がプレッシャーをかける。

そうすることで、無理に角度を付けようとして、これまたアウトやネットミス、を誘えます。

相手は打点が低いので、あまり無理出来ないんですよね。

でも、つなごうとしてたら視界に相手の前衛が入って来た・・・から、焦って↑の図のように無理してしまう。

こういう仕掛け、をどんどん前衛から仕掛けていくのが良いダブルス、使える前衛です。

とにかく、相手の後衛とはバチバチ、駆け引きをしかけていきましょう!

 

ボールが来るのを待っていても、前衛は試合に参加出来ません。

細かいポジショニングで、相手を揺さぶる。

これは、強い相手ほど効果があります。

シングルスの試合でも一緒です。

ダブルスの試合、前衛はネットミス、アウトミスを相手の後衛から引き出すこと。

そしたら静かに、心の中でガッツポーズ、ですね!

ピックアップ記事

  1. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. ダブルス

    相手の前衛にぶつけても、ポーチは決まらない

    ダブルスの試合、コートにいる人数は多い?少ない?当然シングルス…

  2. テニス

    ダブルス

    攻撃力の高い前衛は、「1球で決まらなくても、相手を逃がさない」そのしつこさがある

    今朝行われた、リオオリンピックの女子ダブルス決勝、すごい試合でしたね・…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    「ペアに任せる勇気」は、試合でなかなか持てない

    試合で自分のペアを、しっかりと信じ切る。これ、出来ているようで…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    みんな、前衛の「ストレートケア」について誤解してない?

    今日は、ちょっとした誤解を解いていきたいと思います。ダブルスの…

  5. ダブルス

    ダブルスペアに自信を持たせること、がアナタには何より重要です

    何だか、この人と組むと試合がしやすい。勝てない相手でも勝ってし…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ドロップボレーが上手い並行陣プレイヤーは、強引に4アップの陣形に持ち込めば良い

    サーブ&ボレー、の相手に足元に沈めても・・・「ポトッ」と前に落とされて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    「テニスの試合における守備意識」で、大切なポイント6つ
  2. テニス メンタル

    戦術

    守備をしながら攻撃、攻撃をしながら守備
  3. 戦術

    教科書テニスでは、この先もずっと3回戦止まり
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスにおいて「ポーチからのアングルボレー」が打てない前衛は怖くない
  5. シングルス

    シングルスの試合で、全くネットに出てこない相手ほど楽な相手はいない
PAGE TOP