ダブルス

ポーチに動ける前衛は、この発想でプレー出来ている

ダブルスの試合でポーチに出たい、だけどミスが怖い・・・というみなさん。

何度も書いて来ましたが、この発想は試合ではもったいない。

ミスは相手にしてもらう、のが前衛の基本的な考え方ですから。

その根拠、を改めて確認しておきましょう。

 

ポーチに動ける前衛は、この発想でプレー出来ている

 

1.まず、ダブルスの大前提から

ダブルスの試合、雁行陣ならこんな感じ。

前衛がネット近くにいる、これって相手のストローク側の選手からすると、それだけでまずプレッシャー、なんです。

特に、前に詰めて来るような相手ですよね。

ネットに近いとそれだけで圧迫感があるし、当たり損ないもネットを越えてドロップショットになる。

だからこそ、細かく前に出る動き、が試合では大事になるんです。

この結果、相手が打つコースを狭めること、が出来ますから。

イメージとしては、ボールと一緒に、自分も前に出ていくような↓のような感じ。

相手の後衛からすると、ボールも相手の前衛も一気に迫ってくるから、圧迫感が凄い。

「相手前衛が触ったら、どうするの?」という怖さもありますが、それも相手前衛を見ながら駆け引きしましょう。

普通に打とうと思っても、なかなかコントロール出来ないはずです。

 

2.相手後衛のポジションに応じて、前衛も細かくポジションを変えよう

これが、勝てるダブルス、参加出来る前衛の考え方です。

相手後衛が、どこから打って来るのか。

それに応じて、自分のポジションも微妙に変える。

ニュートラル、普通のポジション、はこんな感じ↓でしょうか。

相手の後衛も、自分も、これが基本の形。

そこから、例えば相手の後衛がセンターに寄っている感じ↓になると・・・どうでしょう。

赤側の前衛も、しっかりとセンターに寄る。

相手のボールがセンターなら、そこからセンター付近にボールが来る可能性が高いですからね。

このプレッシャーのかけ方、が出来るかどうかがポーチの肝になります。

良いんです、自分の外側、この場合ですと向かって左側に打たせる↓感じで。

このコースは、ネットも高いし速いボールは入り辛い。

そして何より、軌道を見て触れそうに見えませんか?

センターから端、に打つことはテニスでは難しいんです。

ネットかアウト、を上手く誘うことが出来る、のがこのセンター寄りの前衛のポジションでしょう。

 

3.浅いボールでも、プレッシャーをかけることが大事

私は、意図的に相手の浅いボール、にもプレッシャーをかけます。

↓の図のように、青側の後衛が少し前に来るようなボール、でも打点が低い・・・ときには、センターへ前衛がプレッシャーをかける。

そうすることで、無理に角度を付けようとして、これまたアウトやネットミス、を誘えます。

相手は打点が低いので、あまり無理出来ないんですよね。

でも、つなごうとしてたら視界に相手の前衛が入って来た・・・から、焦って↑の図のように無理してしまう。

こういう仕掛け、をどんどん前衛から仕掛けていくのが良いダブルス、使える前衛です。

とにかく、相手の後衛とはバチバチ、駆け引きをしかけていきましょう!

 

ボールが来るのを待っていても、前衛は試合に参加出来ません。

細かいポジショニングで、相手を揺さぶる。

これは、強い相手ほど効果があります。

シングルスの試合でも一緒です。

ダブルスの試合、前衛はネットミス、アウトミスを相手の後衛から引き出すこと。

そしたら静かに、心の中でガッツポーズ、ですね!

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    試合前に自分のダブルスペアと、どんな会話してる?

    皆さん、実際の試合前、どうでしょう?初めて組むペア、というより…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    「ダブルスの試合で求められるストローク」は、シングルスと何が違うのか?を考えてみる

    学生の皆さんは特に、シングルスもダブルスも両方をプレーする、選手の方が…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスで、前衛が「ポーチに動いたけど、触れなかった」ときに、後衛はまず時間を稼ごう

    これは、実は基本中の基本、ですね。ダブルスの試合で、前衛が動い…

  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須

    ダブルスの試合、どうしても厳しいボールはロブを使うことも良い選択。…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本、センター狙いは、「本当に真ん中」を突くだけで・・・良いの?

    ダブルスの基本はセンター狙い。特に並行陣相手だと、結構意識して…

  6. テニス ダブルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    その他

    苦しいとき、調子が悪いときに6-4で勝つ為に必要なこと
  2. テニス 客観視

    その他

    テニスが強くなりたければ、「ライバルを味方にする」という考え方が必要です
  3. テニス リターン

    ボレー

    ボレーは「グリップの握り込むタイミング」で伸びが変わる!意識したいポイントは?
  4. テニス サーブ

    その他

    テニスの試合で序盤のゲームでは、「セオリーの逆」を早めに相手に見せておくと精神的…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    苦し紛れのドロップショットは、結構相手にバレバレです
PAGE TOP