ボレー

ファーストボレーのコツは、視界の中に相手を何となく入れること

ダブルスの試合で、サーブ&ボレーで前に出る。

並行陣には必須のスキル、ですよね。

でも、このサーブ&ボレー、なかなか安定しない人にはある共通点があります。

そう、レベルが上になってくれば、戦う相手は必ず2人になる。

まず、このプレッシャーに耐えられないとダブルスでサーブ&ボレー、は厳しいんですよね。

 

ファーストボレーのコツは、視界の中に相手を何となく入れること

 


 

1.まず戦うべきは、相手の前衛のプレッシャー

みなさんも、経験があるはず。

相手のリターンが厳しい、しっかり足元に打たれると、相手の前衛がポーチに出て来る。

レベルが上の試合では、ファーストボレー、まずこの相手前衛とのプレッシャーに勝たないといけないですから。

全く気にしない訳にもいかないし、かといって気にし過ぎてもダメ。

プレーが乱れますからね。

コツとしては、何となく視界に入れて自分に余裕を持つこと。

これを意識しないと、試合で勝つ並行陣は難しいんです。

 

2.相手前衛は、視界に入れるだけで大丈夫

まず、視界に入れましょう。

基本狙いはクロスへのファーストボレー、でも当然打つ方向は見ない。

手元の打点にしっかり顔を残しながら、その周辺視野で相手前衛を見る、ことを意識して欲しいんです。

「そんな余裕ないよ!」と思うかも知れませんが、無理やりにでも余裕は作らないとダメ。

相手前衛に、「自分は警戒されている」と思わせないと、どんどん出られてしまいますからね。

いつでもストレートに流せる、ようなイメージを自分で持っておく、相手に匂わせておく。

これが勝てるサーブ&ボレーの基本です。

 

3.実際には、早く止まって、ファーストボレーで良い

余裕が無い人のファーストボレーは、いつも止まるのがギリギリ。

出来るだけ前に出たい気持ちは分かりますが、余裕がなくなってはボレーの精度が落ちる。

それに、相手前衛からもどんどん出られて、辛くなる。

ファーストボレーって、まずはしっかり相手の後衛にしっかり深く返して、良いポジションを取ることが目的ですから。

追い込むくらい、精度の高いボレーが打てなくても良い。

深く打てるし、前衛が動いてきたらストレートにも流せる。

このイメージの方が実戦的です。

 

4.ストレートに流す、というボレーもどんどん使おう

例え相手の前衛が動いて来なくても、ストレートには配球する。

どんどん、自分から仕掛けていくことが大事です。

クロスへのボレーだけだと、相手の後衛も慣れてしまいますからね。

慣れて来ると、どんどん打ち込まれて来る。

自分から前衛を見る余裕を持って、ストレートにも展開していくことで主導権が握れるはずです。

出来る出来ない、じゃなくてやるかやらないか、ですよ。

 

打点を見ながら、相手を見る。

周辺視って、結構広い部分を見れますから。

見ておけば、何もプレッシャーに感じる必要は無い。

動いて来るのが分かるし、相手を掌握出来ますからね。

サーブ&ボレー、の時に相手の前衛はしっかり足止めしましょう!

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    「せっかく作ったチャンスを・・・」テニスのハイボレーをふかしてしまう人へ贈る5つのコツ

    相手の強烈なサーブも何とかリターンで返し、ストロークのラリーで徐々に追…

  2. ボレー

    スライスやフラットの重たいストロークは、バウンドさせないのが一番

    強い相手になってくると、ストロークも本当に重く、深い。バウンド…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ネットに詰めてブロックボレー、試合でもっと使っていこう

    テニスの試合、特にダブルスで使えると大きな武器になるショット。…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスのダブルスの試合で必要な「ポーチでポイントに繋げる為に必要な意識」5つ

    強いダブルスペアはポーチに積極的で、しっかりポイントに繋げていく。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、打ち終わった後の「左手」の形が大事

    ボレーの打ち方が綺麗な人って、特にバックボレーが乱れない。安定…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    毎回毎回、「前に踏み込むボレー」なんて、試合では無理です

    より、実戦的に考えるなら、ボレーはどうあるのが望ましいでしょうか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 試合

    練習メニュー

    大人になっても平気で練習に遅刻する人は、最高にダサい
  2. ストローク

    「あなたは好きな打点を選べますか?」試合でとっさにコースを変えるテニスの技術、磨…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    狙った場所にサーブを打って入れる、のに必要なシンプルなコツ4つ
  4. テニス 序盤

    戦術

    格上相手のテニスの試合では、「序盤の相手の様子見」を見逃してはいけない!
  5. メンタル

    試合に強い人は、トラブルが付き物だと理解している
PAGE TOP