テニス ダブルス

ダブルス

サーブに力が無くてもキープに導く、前衛の心得5つ

パートナーのサーブがイマイチ・・・でも、ダブルスの試合、いかに前衛として働けるか。

私からすると、こういう時こそ前衛の腕の見せ所。

「お前のサービスゲームは、俺がキープさせてやる!」くらいの気持ち、アナタにはありますか?

今回は、私なりに多少サーブの力が劣る選手でもキープに導く、そんな前衛の心得を考えてみました

 

サーブに力が無くてもキープに導く、前衛の心得5つ

 

1.サーブに自信を与える言葉がある

「スピードはともかく、良いコース!あそこなら大丈夫だよ」

と、良いところを褒めてあげる。

これは、特に試合中にこそ有効です。

ファーストサーブが入ったら、それだけでまずは褒める。

相手のナイスリターンがあっても、気にしないでサーブの良い所を探して伝える。

言葉にして、伝えることで自信を持ってサーブを打ってくれる。

こういう小さいコミュニケーション、前衛としては試合で大事です。

 

2.リターン側の情報を正確につかむ

相手がフォアハンド、バックハンド、どちらで待っているのか。

ポジション、前への踏み込みは・・・?を、しっかり前衛のアナタが把握して、サーバーのパートナーに共有する。

注意したいのは、無理難題を押し付けないこと。

「バックハンド側に入れれば、大丈夫だよ」くらい、の難易度なら大丈夫。

多少コントロールが悪い選手でも、しっかり「狙いを伝える」ことは大事です。

 

3.試合の序盤にはガンガンポーチに出る

相手のリターン、を乗せない為に大事なのは序盤です。

試合の序盤、にしっかりポーチに出る、ストレートを抜かれても良い。

大事なのは、リターンの選手にプレッシャーをかけて動ける前衛をアピールすること。

サービスゲームは、いつも2人で戦っていることを、しっかり背中で伝えましょう。

そんなアナタを観れば、きっと「絶対にファーストを入れる!」と気合いを入れ直してくれるはずです。

 

4.ロブを自分で打ち切る

リターンや雁行陣のラリーから、ストレートにロブが来ることもあるでしょう。

これを、絶対に後衛に任せない。

しっかり前衛であるアナタが打ち切る、ことが大事です。

どうしても難しいロブは別として、すぐに後衛に任せる前衛はサーブを打っている後衛も「え・・・」となる。

これは、誰しもが逃げたくなる問題、だからこそアナタには強く意識として持って欲しい。

ロブは前衛がスマッシュ、これが基本です。

 

5.「ダブルフォルト、本当に気にするな!」の一声

私は、これを最初にしっかり伝えます。

少しでも、「前衛に申し訳ない」という気持ちがあると、サーバーは気落ちしてしまう。

考えてみて下さい。

セカンドサーブを入れにいって叩かれる、方が私はよっぽど嫌です。

ダブルフォルトでも、しっかりラケットを振ってネットを越えたフォルトならOK。

この声掛け、でだいぶパートナーは楽になると思いますよ。

 

しっかりと、言葉にする、表情に出す。

サーブを打つ選手って、やっぱり大変じゃないですか、プレッシャーも凄い。

特に苦手意識がある選手は、アナタ自身で一緒のサーブを打っている、くらいのつもりでプレーしていきましょう。

キープさせてあげるんだ!と、本気で考える。

きっと練習から変わってくると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    細か過ぎるけど、絶対に試合で使えるダブルスのセットプレー7選

    ダブルスの試合で、使える「セットプレー」を準備して欲しい。これ…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「隙が無いダブルスを崩す為に」必要なセンターセオリーと連続攻撃について

    ダブルスで2人が横に並ぶような陣形、並行陣やダブルバックの陣形のダブル…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手の後衛がスライスの構えになったら、チェンジプレーで勝負に出よう

    これは、一つ私からの提案です。相手が雁行陣、後衛の選手がストロ…

  5. テニス 攻撃

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「センターのボールに2人で反応は悪いこと?」では無く、とても必要なことです

    ダブルスの試合では、センターへの攻撃に耐えないといけない。並行…

  6. ダブルス

    「ダブルスペアとのポイント間の話し合い」って、実際の試合でどうやってますか?

    コンビネーションが大切なダブルスでは、当然パートナーとのコミュニケーシ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    誰かのアドバイスを耳で聞くのか、心で聴くのかでは、天と地ほどの差
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「あえて、前に踏み込まない」ボレーを鍛えておくと、粘り強いネットプレーヤーになれ…
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    怖くても、相手が打ち込んで来るときには足下ケアで反撃の芽を作ろう
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合前日にやっておくべきこと5つ
  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    どんなスマッシュでも、回転をかけるから安定するという事実
PAGE TOP