テニス サーブ

サーブ

味方ペアのダブルフォルトが2回続いたときに、かけてあげたい言葉3つ

ダブルフォルトが続いてしまう。

このとき、ダブルスだったらアナタはペアにどんな声をかけますか?

「言って逆効果になってしまうこともあるし・・・」と思った方、今回はオススメのアドバイス集を考えてみました。

何も言わない、よりも味方としてしっかり声をかけていく。

この意識、大事です。

 

味方ペアのダブルフォルトが2回続いたときに、かけてあげたい言葉3つ

 


 

1.「ゆっくり間をあけよう」

ダブルフォルトが2回、続いたということは4回サーブが入らなかったということ。

このとき、大事なのはしっかり「間を空ける」ということ。

サーブを打っている選手の心理、考えてみて下さい。

「恥ずかしい・・・やばい・・・早く次打って、入れないと・・・」と思ってる部分を、落ち着かせてあげる。

あえてしっかりポイント間に時間を取って、落ち着こうと促してみて下さい。

きっと、サーブを打つ選手も冷静になるでしょう。

 

2.「入れたら絶対、ポーチに出るから」

ダブルスは、前衛がサーブをキープさせてあげる意識が大事。

ダブルフォルトが続いている選手は、「サーブを入れるのも大変なのに、その後のラリーまで考えられない・・・」というのが本音でしょう。

だったら、その「ラリーの不安」は、ペアであるアナタ自身が取りさってあげる。

「大丈夫、サーブが入ったらあとは任せて!」と言ってあげるだけで、だいぶ楽になるでしょう。

 

3.「ラケット振り切っていこう」

振り切れないでフォルト、になるケースが、試合ではほとんどです。

振り切ったフォルトであれば、何も気にする必要は無い。

何かを自分で制限しようとし過ぎてフォルトしている、ネットフォルトが続いていると思ったら、アナタ自身からこの声をかけてあげて下さい。

「振り切ってフォルトしても、全然気にしないで!」と。

学生の皆さんも、プレッシャーがかかる場面ではラケットを振っていく、ことだけ意識してみて下さい。

 

ダブルフォルトは、2回続くと一気に負のオーラが漂い出す。

ここから抜け出していく、にはペアの力が必要です。

きっと前衛のアナタのも、申し訳ないと思っているはず。

そんなことは無いよ、というメッセージを送るだけでも、きっと楽に打てるようになるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ミス

    サーブ

    ダブルスの試合で、アドバンテージサイドからのサーブは、「前衛が協力してワイドのコースを空ける」ことを…

    ダブルスの試合、特に男性の試合ではサーバーが「どのコースにも打てる」と…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブは高い軌道じゃないと、高く弾まないのは当たり前

    スピンサーブをしっかり高く、弾ませて相手を追い込みたい。そう考…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに意識したいのは、「トスアップをした腕」

    サーブが安定しない人は、試合の中で怯えているようにも見える。自…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    「相手のリターンが自分のサーブより速い・・・」くらいで、心が折れては試合で勝てない!

    「これは、ヤバイかも知れない・・・」と、試合中に感じてしまう。…

  5. テニス ダブルス

    サーブ

    センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する

    サーブはセンターに。テニスの試合に出ていると、いかにこれが有効…

  6. サーブ

    試合でサービスエースを狙うなら、まずはこのコースが基本

    サービスゲームである程度リードして、セカンドサーブも安定している。…

特集記事

  1. テニス チャンス

    練習メニュー

    「良いフォームは自分で開発出来なきゃなきゃダメ!」テニスの試合で苦しいときに実力…
  2. テニス 準備

    戦術

    テニスにおいても、「目に見えないもの」は軽んじられやすい
  3. その他

    「第90回全日本テニス選手権」本戦出場選手リストが発表!今年は面白いです
  4. テニス スマッシュ

    フットワーク

    「足元に沈められるストローク」を返球する、現代テニスには必須のボレーに必要なフッ…
  5. ダブルス

    リターンするパートナーに、「前衛は気にしないで良いよ」の安心感を与えよう
PAGE TOP