テニス サーブ

サーブ

試合でこそ効果を発揮する、「女子ダブルスに必要なサーブ」の特徴5つ

サーブが得意!と、自信を持って言える方。

女性のみなさんには特に少ないんじゃないでしょうか。

出来るだけ、試合ではサーブを打ちたくない、リターンゲームの方が気楽で良いという方が多いと思います。

だからこそ、ここにチャンスがある。

今回は、特に女子ダブルスの試合で使えるサーブ、についてまとめてみました。

弱点から武器に、試合を動かしていけるサーブに、アナタ自身変えていきましょう。

 

試合でこそ効果を発揮する、「女子ダブルスに必要なサーブ」の特徴5つ

 

1.山なりで深いサーブ

女子ダブルスのサーブ、その特徴は「浅い」ということ。

だからリターンゲームでも、相手リターンが前に入って攻撃され、サービスゲームなのに劣勢な状況からラリーになるポイントも多いですよね。

みんな、浅いサーブに慣れてるんです、女子ダブルスは。

だからこそ、出来ればセカンドサーブでも深さが欲しい。

アナタ自身、深いサーブはフォルトが怖くてなかなか打てないんじゃないですか?

でも、これはちょっとした誤解です。

私自身、何千試合と女子ダブルスを観て来ましたが、ネットを越えてのオーバーフォルトは、実は女性は少ない。

男性は多いですけどね。

圧倒的に多いのは、ネットフォルトなんです。

少し長めに打つ、くらいの意識でちょうど良いでしょう。

安易に相手リターナーに、前に入られてはダメ。

しっかりサーブが深い、ということをアピールしながら試合を進めていきましょう。

 

2.しっかりと回転をかけたサーブ

これも、必要です。

スライスサーブ、をまずはみなさんにはしっかり練習して欲しい。

コントロールは多少ずれても、回転量は毎回同じくらいしっかりかかる、振り切ったサーブ。

ボールの横を弾く感じで打って、軌道は山なりでOK。

意識したいのは、バウンド後にどの程度滑っているのか、を確認する癖を付けること。

スライスサーブの魅力は、相手の打点を下げることが出来る点。

そして、バウンド後に滑るので、ライジング系のリターンもやりにくくなるんですよね。

しっかりした回転は、練習すれば必ず女性でも打てるようになります。

ぜひ、取り組んでみて下さい。

 

3.味方の前衛を活かすサーブ

これは、要はコントロール、です。

センター、またはワイド、どちらか狙った方にしっかり打てる。

スピードは要りません。

味方の前衛と打ち合わせしておけば、きっと前衛はそのコースの方向に詰めてくれる、すごくポーチがやりやすくなるんです。

センターだけじゃなく、ワイドに打ってロブを警戒する後ろポーチ、も良いですね。

アナタが前衛でも、きっと感じることがあるはず。

「ここに打つから」と言って、本当にそこにサーブを打ってくれたら、テニスってすごくプレーしやすくなる。

まずはしっかり、アナタ自身狙うということころからスタートです。

怯えて恐れて、サーブを狙うことすらしない・・・のは、もったいない。

だって、サーブから始まらない試合は無いんですよ、テニスでは。

 

4.サーブ&ボレー用の、シンプルなサーブ

女子ダブルスであれば、必ず並行陣は使っていきたいところ。

サーブ&ボレー用に、シンプルに打って前で勝負、のようなダブルスが出来ると試合でも強くなります。

私はいつも、サーブ&ボレー用のサーブはファーストサーブとセカンドサーブの間、くらいの威力で打ちます。

だって、フォルトになったらまた元の位置に戻るの、疲れるじゃないですか。

サーブ&ボレーは、毎回フォルトでも前に走りますからね。

ファーストサーブをしっかり入れる、でも余力を残してファーストボレーに入ることが出来る。

そんなサーブ、すごくダブルス向きで使えます。

 

5.40-0からのフラットサーブ

これは、あえて書いてみました。

40-0、でリードしているサービスゲーム。

ここで一気に流れを呼び込みたい、と思ったら、リラックスした状態からフラット系のサーブも打ってみましょう。

大事なのは、必ず「ネットしない」こと。

このサーブ、最悪入らなくても良いですけど、しっかりネットは越えたい。

なぜなら、相手にプレッシャーを与える為です。

早いサーブが飛んで来ると、相手はすごく警戒する。

「あ、こんなサーブも打つんだ・・・」という印象付けは、オーバーフォルトなら出来る。

同じ失敗でも、活かせる失敗にしておきましょう。

でも、実際はオーバーフォルトするくらいの意識で大き目に打つと、結構サーブって入りますよ。

 

ダブルスの試合、大事なのはリズム。

ファーストサーブを入れていくことはもちろん、細かい部分を前衛との「打ち合わせ通り」に進めることが出来ると、試合はもう勝ったようなもの。

良いサービスゲームは、良いリターンゲームにつながりますからね。

サーブ自体のレベルアップも大事、でも全体感として、「女子ダブルスに必要なサーブ」の視点はもっと大事でしょう。

しっかり試合で使える、勝てるサーブに仕上げていきましょうね。

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    リターン強打が得意な相手には、スライスサーブが有効な理由

    相手のリターンが強力で、サービスゲームがキープ出来ないとき。つ…

  2. サーブ

    どんなに速い強烈なサーブでも、「軌道は山なりだから安定して入る」ことを再確認しておこう

    速いサーブを安定して入れることが出来る人、はどんなことを意識しているの…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    ダブって「ペアに申し訳ない」だけは、無しで

    ほとんどの人が、経験している感情だと思います。ダブルスの試合…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる!

    サーブから崩れること、試合の中で多いはず。「今日は試合、思った…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「両手両足を動かさないサーブ」のメリットを考えてみると、アナタのサーブは改善できる!

    ジョコビッチ選手のサーブ、正直地味ですけど抜群の安定感がありますよね。…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブ練習を工夫したい!」なら、より実践的に且つ自信に変えていく練習にしていきませんか?

    「サーブ練習だけ、どうやって良いのか分からないんです・・・」というご質…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ダブルス

    「ダブルスで格上ペアを倒したい!」と思うなら、テニスでクロスの勝負はあえて捨てま…
  2. ダブルス

    ダブルスの試合での、ボールを打っていない人の考え方
  3. テニス メンタル

    戦術

    「頭の良いテニス選手」に共通する5つの特徴
  4. テニス ロブ

    ロブ

    ロブで粘り強く戦う相手を、どこかで舐めてはいないか?
  5. テニス フットワーク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「乗り越えなければいけない」5つの試練
PAGE TOP