テニス 構え

サーブ

「サーブを打つコースが決まらない・・・」ときに参考になる、相手のリターンポジションの大原則4つ

サーブは苦手じゃないんだけど、特にコースは意識していない・・・という方、意外と多いと思います。

「コースを狙えるほどの実力じゃないし・・・」と、自分を卑下する前に、まずは相手を見ましょう。

リターンのポジションを確認するだけで、実はそこに大きなヒントがあるかも知れません。

 

「サーブを打つコースが決まらない・・・」ときに参考になる、相手のリターンポジションの大原則4つ

 


 

1.「基本位置=リターナーの外側の足の位置」をしっかりと確認する

まずリターンのポジションの基本位置を覚えましょう。

もちろん、フォアが得意、バックが得意などありますが、左右のバランスとして最も基本となる位置はどこか。

それは、「外側の足がシングルスサイドラインに乗る位置」です。

このポジションを左右バランスが最も良いポジションとなります。

「自分はもっとフォアを空けているな・・・」と言う方もいると思います。

あくまでこれを基準として、空いているコースを狙う、または塞いでいる側(バック側)を狙う、などの狙いを付けていきましょう。

2.足は「前後」になっているか、「肩と並行」に左右になっているか

伊達選手のリターンが特徴的ですが、ライジングでのリターンを得意とする選手は足を前後に構える傾向にあります。

なぜなら、そのまま前に入るスプリットステップをしたいから。

このリターナーは、脅威になりかねません。

ダブルスの試合では、そのままリターンダッシュからネットプレーに繋げてくる可能性も高いです。

これを防ぐ手段で有効なのは、サーバー側から最も近いセンターへのサーブ。

このコースにある程度のスピードで打てれば、相手も少しポジションを下げざるを得ません。

更にスライス回転で打点を下げさせることができれば、ベスト!

特に上級者のダブルスプレーヤーでは、このセンターへのサーブでリターンダッシュを足止めする技術は必須になります。

3.後ろで構えるストロークプレーヤーに対しては「浅いサーブ」が有効

アンダーサーブを「セカンドサーブが入らないときの最終手段」と、後ろ向きに捉えていませんか?

シングルスの試合では、実はかなり使える場面があります。

特にベースラインから粘りのプレーを身上とする相手には、サーブから前後の揺さぶりを入れていきたいのです。

アンダーサーブでなくとも、少し緩いスライスサーブも有効です。

あなたのサーブが特別早くもないのに、ベースラインよりも後ろにポジションを取っているリターナーには浅いサーブを見せておきましょう。

それに慣れてポジションを少し前にしたときには、深い通常のサーブを混ぜる。

横のコースだけではなく、縦のコースの打ち分けも、試合では有効です。

4.サーバーが最もチェックすべきは、リターナーのグリップだった!

あまり知られていませんが、プロ選手はリターナーのグリップと熱い駆け引きをしています。

フェデラー選手がクルクルラケットを回すのも、それをけん制している意味もあるかも知れません。

一般の草トーナメントの試合でも、「フォアに絞って強打で待つ」選手や、逆に女子選手であれば安定感のある両手バック側で回り込む、という準備で待つ選手も多いです。

その特徴を理解し、しっかり観察してコースを決めましょう。

相手が待っているコースに、何も考えずに打つことほど勿体無いことはありません。

ダブルスであれば、前衛が観察してサーバーと共有。

この細かいテニスの観察眼は、鍛えれば必ず身に付きます!

 

今やビッグサーバーは少なく、リターンの技術が先行しているプロテニス界。

一般のプレーヤーでも、リターンを得意とする選手も多いでしょう。

だからこそ今、サーブのコースや駆け引きで勝負することに醍醐味があるのです。

どんなスポーツにも、「遅さ+正確さ」で速さに勝る威力を得ることができます。

今のあなた自身のサーブに、少しの観察眼を加えるだけで、試合は勝てるようになります!

まずはコース、前後の打ち分けで打てる球種を少しずつ増やしていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    「前足主役でサーブを強化!」テニスの試合で必要な身体の開きを抑えるコツ

    サーブの打点って分かってる?それが分かってないと、どこにトスを…

  2. テニス シングルス

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、サービス側へのメリ…

    ATPファイナルが終わり、プロテニス界もこれからはオフシーズンへ。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが安定しない人は、トス低めで調整してみると上手くいく

    最近、私のマイブーム。それは、セカンドサーブのトスの高さを低く…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    安定感の無い選手のほとんどが、サーブに力を使い過ぎている

    サーブに皆さん、どの程度力を使っているでしょうか?「大事なショ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということです

    「サーブのトスは、しっかり前に!」というアドバイス、コーチからもらって…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    試合に備えて積んでおきたい、サーブ&ボレーの基本練習5つ

    試合の中でサーブ&ボレーを入れていきたい、と考えているみなさんへ。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    身近に上手い人がいるなら、テニスは教わるよりも感じれるようになろう
  2. テニス ボレー

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークを強力にしたいなら、「相手に背中を早く見せる意識…
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスの試合に前衛で武器になる、「ポーチからのドロップボレー」は絶対に身に付け…
  4. テニス 客観視

    メンタル

    苦しんだ人じゃないと、テニスは楽しめない
  5. テニス ダブルス

    サーブ

    ファーストサーブが入るのが当たり前、にしていこう
PAGE TOP