テニス サーブ

サーブ

自分のサーブの調子が悪い時に、キープに結びつける方法について

試合が始まって、気付くこと。

「今日はサーブ、入らない・・・ぞ」と。

さぁ、ここからが腕の見せ所です。

どうやってキープにつなげていけば良いのか、まずは考えておきましょう。

基本的な部分を抑えておくだけで、勝てる試合を増やすことは出来るはずです。

 

自分のサーブの調子が悪い時に、キープに結びつける方法について

 


 

1.長期戦を視野に入れて、ブレイク頼みにならない

サーブの調子が悪いと気付いて、ありがちなのが・・・

「まぁ、相手のサーブをブレイクしていけば良いか」と思うこと。

これは危険。

相手のサーブが調子良いかもしれないし、アナタのリターンだって調子悪いかも知れない。

どんなにサーブの調子が悪い時でも、「キープを安易に諦める」ことは絶対にNG、です。

長期戦、試合もそうですが自分のサービスゲームもデュースを繰り返すような長いゲーム、になることを覚悟して受け入れること。

ここからスタートです。

 

2.ファーストサーブは捨てて、セカンドサーブでコース勝負

調子が悪いときに、まず球速を捨てましょう。

速いサーブは打たない、その代わりセカンドサーブを2回打つつもりで、コースだけは狙う。

自信が無ければボディ、で相手の攻撃をかわす、かわせれば合格点。

その分、ラリーの中でどう組み立てていくかに神経を使って、作戦立てをする。

サーブが返って来てから、が勝負。

サーブの調子が悪いなら、よりラリー戦をどう制するのかを考えていきましょう。

 

3.「調子は戻らない」と覚悟すること

サーブの調子、その日は戻らないと思って腹をくくりましょう。

シングルスの試合で長い試合、であれば戻って来ることもあるでしょうが、ダブルスの1セットマッチではせいぜい2~3回しかサービスゲームは回って来ない。

悪いなりに、どうするのか。

これはペアとしっかり考えて、前衛のポーチと上手く絡めて試合を作っていきましょう。

そう、調子が悪いときほど試合を作る、ことに専念することが大事です。

 

調子が悪いと分かっているのに、良いときと同じようなテニスをして2-6のようなスコアで負けてしまう。

これだと、進歩が無いですよね。

4-6、5-7の試合にして負ける、方がよっぽど良い。

大事なのは、何をどう変えたか、です。

サーブの調子が悪いとき、の試合の作り方はしっかり準備しておきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    上級者の方ほど変えるのが難しい技術、それこそがサーブ

    試合で恐らく、上のレベルになるにつれて重要度を増すショット。そ…

  2. テニス ストローク

    サーブ

    試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる!

    サーブから崩れること、試合の中で多いはず。「今日は試合、思った…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?

    サーブを打つ前に、不安になってそのままフォルトしてしまう。毎回…

  4. サーブ

    苦労してキープしている方が、意外と勝っちゃうのが試合

    これもまた、一つのテニスの試合の中でのあるある、でしょう。サー…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「トスアップとラケットを上げる動きが同時なサーブのフォーム」について、メリットデメリットを考えてみる…

    サーブには色々なフォームがありますが、今回はラケットとトスアップの腕を…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、サービス側へのメリッ…

    ATPファイナルが終わり、プロテニス界もこれからはオフシーズンへ。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    何かを信じ切っている人に、アイデアは生まれない
  2. ロブ

    「上げた!」を言わないロブは、つまりは・・・?
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ラケットヘッドを立てれば「高い打点のストロークも回転をかけやすい」から女性にもお…
  4. テニス シングルス

    ダブルス

    ダブルスで味方ペアのミスに腹を立ててばかりの人は、「ミスについての考え方を変える…
  5. フットワーク

    サーブを打った後、0.5秒の動作でテニスは変わる
PAGE TOP