テニス サーブ

サーブ

テニスの試合で相手の意表を付く「クイックサーブ」を練習して身に付けると、意外なメリットが・・・

クイックサーブ、と聞いて、アナタはどんなイメージを持ちますか?

「相手のタイミングをずらす、オプションのような手段・・・」というイメージが最も多いかも知れませんが、実際に身に付けていると試合で思わぬ活躍を見せてくれたりして、重宝します。

今回はその使えるポイントと、ちょっとしたコツについてまとめてみました。

 

テニスの試合で相手の意表を付く「クイックサーブ」を練習して身に付けると、意外なメリットが・・・

 


 

■クイックサーブは、今流行りのSABR対策に

SABRが公開されてから、フェデラー選手のようにリターンを前で取る選手が急増。

これは一般のテニス大会にも言えることで、非常に面白い傾向だと思います。

元々リターンが得意な選手は、ガンガン前に踏み込んで来るので甘いサーブは禁物ですね。

かと言って、スピードで勝負すると確率が悪くなる・・・ときに必要なのが、タイミングのみ速くするクイックサーブなのです。

 

■トスアップしたボールが頂点に達する直前にヒット!

イメージとしては、ライジングショット。

ボールをトスアップすると同時にもうラケットの動作も早めに開始して、ボールと同時にラケットも上に上がっていくようなイメージ。

そして少しだけ早く、ラケットが上に到達してボールを打つような流れができると、成功しやすいです。

トスは低め、多少打点は通常のサーブよりも低くなってもOKです。

下半身はしっかり使って、コートをキックして勢いを付けていきましょう

 

■風が強い日にもアナタを助けてくれます

風が強い日のサーブは、困難を極めます。

その中でクイックサーブがあるだけで、きっとアナタは助けられるでしょう。

トスアップからヒットまでの間隔が短いので、風の影響を受け辛くなってとても便利なサーブになります。

上手い選手、試合で勝ち抜く選手はこういった対応策の幅が広い。

アナタも練習から意識して、試合で使えるようにしておきましょう!

 

■自分のサーブにリズムが合う選手は、一定確率で存在する

どんなに良いサーブ、クイックサーブでなくとも通常のサーブで打てたとしても、一定確率で「相性が良い」相手はいます。

相性が良い=タイミングを合わせやすいということですので、そういう相手と試合をする際には工夫が必要。

クイックサーブが一つあるだけで、一度見せておくと相手は「また速いタイミングのサーブが来るかも・・・」と、気持ちが受け身に回る可能性もあります。

そうなれば、しめたもの。

アナタが主導権を握ってサービスゲームを展開する為にも、一味違うサーブは必要になってきます。

 

サーブは皆さん、こだわりが強い。

だからこそ、変えられない、新しい要素を取り入れるのが難しいショットでもあります。

ですがサーブは自分のリズムで、一からトスアップして主体的に打てるテニスで唯一のショット。

そこから変えていくことで、テニスが飛躍的に上達する可能性は大きい。

ぜひ、クイックサーブの習得、トライしてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. サーブ

    ダブルスでサーブを打つ順番って、意外と大事

    ダブルスの試合で、どっちの選手からサーブを打つのか。みなさんは…

  2. テニス 前衛

    サーブ

    ダブルスの試合で「セカンドサーブの方が実はポーチに出やすい」4つの理由

    ダブルスの試合、シングルスの試合とココが違う。私は、そう思いま…

  3. サーブ

    相手がリターンで何を待っているのか、をサーブ側で感じ取ろう

    サーブを打つ前に、しっかり相手を見る。私は、これが大事なことだ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「脱ダブルフォルト!」テニスの試合で悩んでいる全ての人へ

    ダブルフォルトほど悔しいミスはない。相手に何かされたのならまだ…

  5. テニス サーブ
  6. テニス サーブ

    サーブ

    「ウォーミングアップはサーブ4本のみ」さて、テニスの試合前に何を確認する?

    一般の草トーナメントや学生の大会で、試合前のウォーミングアップで一番多…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    フォアハンド側を6割空けて待つことで、バランスの良いポジションに
  2. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスでのネットプレーは、「ドロップボレーで終わる」で良い
  3. メンタル

    良い時ではなく、悪い時にどうプレーするのか?
  4. テニス トレーニング

    メンタル

    テニス界でも、「実力が無いのに知ったかぶりな人」は自分を苦しめるだけ
  5. テニス ストローク

    サーブ

    自分のサーブがフォルトした時も、相手リターンの反応はしっかり見ておくこと
PAGE TOP