テニス サーブ

サーブ

テニスの試合で相手の意表を付く「クイックサーブ」を練習して身に付けると、意外なメリットが・・・

クイックサーブ、と聞いて、アナタはどんなイメージを持ちますか?

「相手のタイミングをずらす、オプションのような手段・・・」というイメージが最も多いかも知れませんが、実際に身に付けていると試合で思わぬ活躍を見せてくれたりして、重宝します。

今回はその使えるポイントと、ちょっとしたコツについてまとめてみました。

 

テニスの試合で相手の意表を付く「クイックサーブ」を練習して身に付けると、意外なメリットが・・・

 


 

■クイックサーブは、今流行りのSABR対策に

SABRが公開されてから、フェデラー選手のようにリターンを前で取る選手が急増。

これは一般のテニス大会にも言えることで、非常に面白い傾向だと思います。

元々リターンが得意な選手は、ガンガン前に踏み込んで来るので甘いサーブは禁物ですね。

かと言って、スピードで勝負すると確率が悪くなる・・・ときに必要なのが、タイミングのみ速くするクイックサーブなのです。

 

■トスアップしたボールが頂点に達する直前にヒット!

イメージとしては、ライジングショット。

ボールをトスアップすると同時にもうラケットの動作も早めに開始して、ボールと同時にラケットも上に上がっていくようなイメージ。

そして少しだけ早く、ラケットが上に到達してボールを打つような流れができると、成功しやすいです。

トスは低め、多少打点は通常のサーブよりも低くなってもOKです。

下半身はしっかり使って、コートをキックして勢いを付けていきましょう

 

■風が強い日にもアナタを助けてくれます

風が強い日のサーブは、困難を極めます。

その中でクイックサーブがあるだけで、きっとアナタは助けられるでしょう。

トスアップからヒットまでの間隔が短いので、風の影響を受け辛くなってとても便利なサーブになります。

上手い選手、試合で勝ち抜く選手はこういった対応策の幅が広い。

アナタも練習から意識して、試合で使えるようにしておきましょう!

 

■自分のサーブにリズムが合う選手は、一定確率で存在する

どんなに良いサーブ、クイックサーブでなくとも通常のサーブで打てたとしても、一定確率で「相性が良い」相手はいます。

相性が良い=タイミングを合わせやすいということですので、そういう相手と試合をする際には工夫が必要。

クイックサーブが一つあるだけで、一度見せておくと相手は「また速いタイミングのサーブが来るかも・・・」と、気持ちが受け身に回る可能性もあります。

そうなれば、しめたもの。

アナタが主導権を握ってサービスゲームを展開する為にも、一味違うサーブは必要になってきます。

 

サーブは皆さん、こだわりが強い。

だからこそ、変えられない、新しい要素を取り入れるのが難しいショットでもあります。

ですがサーブは自分のリズムで、一からトスアップして主体的に打てるテニスで唯一のショット。

そこから変えていくことで、テニスが飛躍的に上達する可能性は大きい。

ぜひ、クイックサーブの習得、トライしてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「前を向かない」だけで、サーブの精度は格段に上がる

    サーブをコントロール出来る自信が無い、というみなさんへ。私が過…

  2. テニス サーブ
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「ワイドへのサーブで、もっとテニスの試合は楽になる!」相手から主導権を奪える理由5つ

    テニスの技術の中で、試合に勝てる人が実はしっかり練習しているモノ・・…

  4. テニス ダブルス
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「ウォーミングアップはサーブ4本のみ」さて、テニスの試合前に何を確認する?

    一般の草トーナメントや学生の大会で、試合前のウォーミングアップで一番多…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスにおける本当に良いサーブとは、「前衛を活かすことが出来る」サーブです!

    サーブについての考え方は、人それぞれ。一発で決めたいと思う人、…

特集記事

  1. テニス チェア

    その他

    テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットより低い位置からのボレーでは、「絶対にボールにスピードを出してはいけない」…
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    強くなりたければ、自分自身のイージーミスのレベルを上げよう
  4. テニス ポジショニング

    日々の雑記

    久々に試合に出ると感じてしまう、「配球で何とかする」が通じるレベルは限られる
  5. テニス トレーニング

    その他

    テニスが強くなりたければ、「まずは今いるチームの中で、一番になる」全ては、それか…
PAGE TOP